「ウィムガゼット」で見つけた2021年春夏トレンドアイテム【川口ゆかりの丁寧な暮らし】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONファッションニュース

2020.12.20

「ウィムガゼット」で見つけた2021年春夏トレンドアイテム【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

2児のママであり、女性誌エディター川口ゆかりさんの人気連載。今回は、ワーママにおすすめブランド【whimgazette(ウィムガゼット)】展示会で見つけたトレンドアイテムを紹介します!春のお買い物計画にぜひ。

Text:
川口ゆかり
Tags:

きちんと感がありながらおしゃれで快適!

働く場所や環境が大きく変わった今。リモートワークに対応したイージーアイテムが増える一方、通勤メインの女性からは「会社に着ていける服がない」というリアルな声をいただくことも多かったのだとか。そこで、2021年春夏はどんな場所でも快適にリラックスできるアイテムを提案。オフィスだけでなく、自宅やカフェといった場所で自分らしいスタイルを確立して働く女性に向けて、新しいワードローブを展開します。

1:【ダンボールパンツ】
ラクちんなはき心地と抜け感のあるシルエットがポイント

膨らみと弾力があり、シワになりにくいダンボールニット素材を使用したパンツは、今季のキーアイテム。しっかりとした厚手の生地ながら軽く、ストレッチが効いているので履き心地は抜群です。裾に入ったバッグスリットが後ろ姿をいっそう魅力的に♡

▲ダンボールパンツ¥21,000(税抜)

2:【リネンニット】
同素材のフレアパンツとセットアップで楽しみたいリネンニット

吸水性と速乾性に優れ、洗うほどに柔らかくなる高品質なフランダース産のリネンを使用したリネンニットも、抑えておきたいトレンドアイテム。ゆるりとしたワイドビッグシルエットに肩の力が抜けたドロップショルダーと、大人の抜け感を感じさせる一枚に。「トップスをきれいめなシャツに変えれば、オフィスでもストレスフリーに着こなせるはず」とPR高岡さん。

▲リネンビッグニットカーディガン¥32,000・リネンニットフレアパンツ¥17,000(税抜)

3:【白ブラウス】
上半身で完結!オンオフ使える着映えブラウス

顔まわりが素敵に見える〝着映え力〟が必須となった今だからこそ、抑えておきたいのが一枚でサマになるトップス。なかでも2021年春は「ニュー・ロマンティック」をテーマに、素材やディテールの異なる白ブラウスがズラリ登場。上質なシルバーアクセと合わせた着こなしを提案していました。ジャケットの下に合わせても素敵ですよね。

アクセサリーの注目は、2008年にフランス人夫妻セルジュ&ダニエル・コルベイがローンチしたジュエリー〝Nina&Jules(ニナアンドジュール)〟。フランス生まれのシルバーは上品な見た目ながら、軽く扱いやすく、良心的なプライスがうれしい。これから要チェックのブランドになりそうです!

まだまだ寒い日は続きますが、【whimgazette(ウィムガゼット)】では早くも春物の先行予約がスタート。欲しい時には売り切れなんてことがないように、いまからチェックしておくのが正解ですよ♡

あわせて読みたい
▶︎5,000円以上なのに予約殺到!常に入荷待ちの〝OPEN EDITIONS〟エコバッグ

写真・文/川口ゆかり

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事