日常コーデがランクアップするフラットシューズ【靴フェチワーママの偏愛談義】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION

2021.04.03

日常コーデがランクアップするフラットシューズ【靴フェチワーママの偏愛談義】

靴をこよなく愛するワーママの偏愛トーク。記念すべき(?)第1弾は、カジュアルコーデを格上げしてくれる人気ブランド〝Proenza schouler”(プロエンザ スクーラー)〟についてご紹介させてください!

Tags:

唯一無二の存在感!〝プロエンザ スクーラー〟の魅力

2002年にデザイナー2人によってスタートしたブランド〝Proenza Schouler(プロエンザ スクーラー)〟。美大出身のデザイナーならではの構築的で余計なものを削ぎ落としたシャープなデザインが印象的です。個人的に特に愛してやまないのがこちらの靴。4年ほど前に初めて出会って以来、その魅力にすっかり虜になっています。

プロエンザ スクーラー

いや〜、いつ見てもほれぼれ…♡ 決して派手なわけではないのに、静かに放たれるその存在感といったら!初めて購入したこのパンプスが大大大好きで、かなりヘビロテしてきたゆえにあちこちがボロボロに…(泣)。でも、もしどこかで同じ靴が購入できるのなら、新しいものをまた買い替えたい!というほどの惚れ込み具合です。

プロエンザ スクーラー

その存在感のおかげで、デニムベースのカジュアルな装いも一気にお出かけモードにアップデートしてくれる頼もしい一足。

最近2足目にリボンミュールを追加しました。リボンやツヤ感のあるサテン地など、一見甘くなりそうなイメージにも関わらず、端正な佇まいは健在。ペタンコなのにきれいめ見えする点もワーママにはありがたいポイントです。甘くなり過ぎるのはちょっと苦手…という方にもおすすめ。

プロエンザ スクーラー

ラッキーなことに私は偶然セールで発見し、かなりお買い得な価格でゲットできました。定価はおよそ¥70,000と決して安くはありませんが、なかなか思うように着飾って出かけられない今だからこそ、たまのお出かけにはとことん惚れ込んだ1足に投資するのも、また気分が浮き立ちますよね。

国内では取り扱いが少ない印象ですが、もしセレクトショップなどで見かける機会があったら、ぜひ一度試着してその美しさを体感していただきたい偏愛ブランドのご紹介でした!

Domanist

杉本 緑

1児の母。洋服への愛が高じてアパレル業界へ飛び込み、某アパレル会社で企画、生産に携わる。舞台や落語などの芸術鑑賞で自らの感性を刺激。娘との日常を描いたユニークなイラストもSNSで発信中。
Instagram:https://www.instagram.com/green_sgmt/

あわせて読みたい
▶︎【IT関連会社勤務のワーママがセレクト!】シンプルな服がパっと映える、華やかな靴が欲しいんです!
▶︎【100足の中から保険会社勤務のリアルワーママがセレクト!】春の足元はひとクセディテールで脱・無難を叶えたい!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事