Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.03.18

ユニクロ・GUだけじゃない!人気スタイリストたちが選ぶコスパブランドがスゴイ

「安くていいもの」にこそ目利きが必要です! おしゃれプロは、どこでどんなものを選ぶの? 選んだ理由は? 着こなしは? 気になることを根掘り葉掘り聞いてみました。

Tags:

最愛チェックはトレンドの今、賢くたくさんそろえたい

〝ロペピクニック〟のチェックジャケット 約¥8,500

スタイリスト 関口真実さん

「流行とは関係なくチェック柄が好き。だから安くていいものが豊富な今季は、ここぞとばかりに買い集めています。個人的にジャケットは着られてしまう印象が強かったのですが、メンズっぽいシルエットやパールボタンなど、旬が詰まったこの一枚は、こなれて着ることができそう、と購入。挑戦アイテムとしても納得のプライスですよね。バックパックやスニーカーで、外しを利かせてコーディネート」

JACKET : ROPÉ PICNIC BLOUSE,BAG : MUJI PANTS : CITY BRACELET: Vintage STOLE : BEGG&Co SHOES : hummel

モードな小物を投入し、安いものだけ目立たないように

〝KBF+〟のスエード調スカート 約¥7,000

スタイリスト 城長さくらさん

「スエード調のスカートは、こっくりした秋色やハイウエストといった今っぽいデザインが気に入っています。ひざ下のタイトシルエットも大人っぽい。こういった流行感が強いアイテムは、着こなしをシンプルにしすぎると悪目立ちして、お値段がバレてしまいます。ファーバッグやソックスパンプスといった、やや主張の強い小物を合わせ、各アイテムの温度差がないように工夫を」

SKIRT : KBF+ JACKET : BEAUTIFUL PEOPLE KNIT : LORENA ANTONIAZZI SUNGLASSES : MOSCOT BAG : VASIC BLACERET : HERMÈS SHOES : ZARA

鮮度のあるデニムは、マメに更新していきたい

〝ザラ〟のデニム 約¥5,000〜¥7,000

スタイリスト 望月律子さん

「シルエットやブルーの色調、ダメージの有無。デニムはシーズンごとに流行が変わるから、安いもので細かく調整していきたい派です。〝ザラ〟は、デザインが豊富なので、たとえばダメージデニムにしても、どこまで取り入れるか、そのバランスを計れるところがいいですよね。私の体にフィットする点も、つい手に取ってしまう理由。ベーシックな着こなしのスパイスとして、がんがん活躍させています」

PANTS : ZARA

微差でそろえることで、シンプルな着こなしを格上げ

ベーシックなニット 約¥2,000〜¥4,000

スタイリスト 角田かおるさん

「秋冬、登場率の高いニットは、数をそろえて着こなしを繊細に組み立てます。同じクルーネックニットでも、襟開きやサイズ感で印象は違う。そのちょっとの差が、おしゃれの決め手となるんです。ちなみに〝安い=1シーズン限り〟とは考えていません。組み合わせしだいで今っぽくなる方法はあるので、何年も大切に着用しています」

Gray : uniqlo White : H&M Navy : ZARA

Domani2018年2月号『おしゃれプロ20人に聞いた「安くていいもの」「高いけどいいもの」』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/蓮見 徹(人物)、坂根綾子(静物) 構成/湯口かおり


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事