Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.03.09

レディース向けジャケットコーデ31選【2018春】| 30代40代ファッション

春に役立つジャケットの最新着こなし術をご紹介。春におすすめのジャケットの着こなしや、色別(カーキ・黒・白)のジャケットコーデを大特集!オフィスコーデや、レザージャケットの着こなしもまとめました。

Tags:

【目次】
春におすすめのジャケットの着こなし
カーキジャケットの着こなし
黒ジャケットの着こなし
白ジャケットの着こなし
ジャケットのオフィスコーデ
レザージャケットの着こなし

春におすすめのジャケットの着こなし

【1】グレーのジャケット×カーキのVネックニット

【1】グレーのジャケット×カーキのVネックニット

人気確実の新作はシャツ見えニット。とにかく伸びのいいリブニット。大きめの開襟ながら、カーキのストイックな発色がヘルシーさを導いて。

[Domani3月号 149ページ] ニット¥72,000(マディソンブルー) パンツ¥34,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店〈クチュール アダム〉) ジャケット¥16,000(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) 時計¥29,500(大沢商会〈カール エドモンド〉) リング¥220,000(アイワ〈カラットアー〉) バッグ¥210,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈フォンタナ ミラノ 1915〉)

【2】ユニクロの白ニット×黒のジャケット

【2】ユニクロの白ニット×黒のジャケット

立体的な3Dリブがすっきり細身ながら女性らしいラインを生む。美しいシルエットと着心地のよさを追求した〝3Dリブニット〟。一枚丸ごと立体編みで縫い目がないので、肌あたりがよく動きやすいのが特徴。程よいボートネック、ウエストのリブの切り替えなどで、女性の体をより魅力的に見せてくれる。

[Domani3月号 146ページ] ニット[一部店舗とオンラインストア限定]¥3,990(UNIQLO〈Uniqlo U〉) パンツ¥32,000(Theory) 手に持ったジャケット¥53,000(DESPRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) 帽子¥5,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) 眼鏡¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) [指先側から]バングル¥22,000(フレーク) バングル¥16,500(アルアバイル〈フィリップ オーディベール〉) バッグ¥125,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥95,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ポール アンドリュー〉)

【3】ブルーのジャケット&パンツのスーツコーデ

【3】ブルーのジャケット&パンツのスーツコーデ

白スニーカーの名品、『スタン・スミス』。インナーを抜け感のある白でリンクさせれば、セットアップスーツになじむ。

[Domani3月号 136ページ] 靴¥15,000(アディダスグループお客様窓口〈adidas Originals〉) ジャケット¥29,000・パンツ¥17,000(martinique Le Conte梅田〈martinique〉) ニット¥24,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) 手に持ったコート¥27,000(TONAL) 眼鏡¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥3,600(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 6連リング¥30,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) ベルト¥37,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) バッグ¥242,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

【4】カーキのパンツ×黒ジャケットのベーシックコーデ

【4】カーキのパンツ×黒ジャケットのベーシックコーデ

ブラック×ブラウンの大人配色を華奢なデザインで繊細に魅せて。軽やかなポインテッドトウとアンクルストラップが、「春が来た」感を盛り上げる!ベーシックに使えるブラック×ブラウン。

[Domani3月号 126ページ] LIZA 靴[5]¥46,000(ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店〈バルダン〉) ジャケット¥75,000(マスターピースショールーム〈サイベーシックス〉) ニット¥8,241(バナナ・リパブリック) パンツ¥20,000(フィルム〈ダブルスタンダードクロージング〉) ネックレス¥23,000(ココシュニック) リング¥43,000(アガット) 時計¥1,100,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥42,000(コール ハーン ジャパン〈コール ハーン〉)

【5】ボーダーのカーディガン×紺のジャケット

【5】ボーダーのカーディガン×紺のジャケット

ひとクセありインナーとして紺ジャケの中で威力を発揮!デコルテ見せデザインが爽やかさを呼び込んでくれるVカーデは、ジャケットのインにもぴったり。白ベースの定番ボーダーとは違うニュアンスカラー配色で、プレッピーにひねりを添えてくれる。

[Domani3月号 123ページ] Domani別注のカーディガン¥32,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) ジャケット¥26,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) パンツ¥21,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) バッグ¥42,000(アマン〈ペリーコ〉) 靴¥32,000(銀座ワシントン銀座本店〈ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン〉)

【6】グリーンのパンツ×金ボタンジャケット

【6】グリーンのパンツ×金ボタンジャケット

金ボタンジャケットも黒を選ぶと、ぐっとシックに。

[Domani3月号 102ページ] ジャケット¥52,000(レリタージュ マルティニーク) カットソー¥11,000(アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店〈ルミノワ×ロッソ〉) パンツ¥42,000(エストネーション〈コート〉) メガネ¥26,000(ブルース〈ヴォン〉) バッグ[小]¥160,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈フォンタナ ミラノ 1915〉) [大]¥79,000(ステディ スタディ〈リュニフォーム〉)

【7】グレーのチェック柄ジャケット&パンツ

【7】グレーのチェック柄ジャケット&パンツ

さりげなくラベンダーが入った、グレンチェックが愛らしい。白スニーカーやクリアバッグで「真面目に着ない」のが、今っぽさのポイント。

[Domani3月号 100ページ] ジャケット¥45,000・パンツ¥23,000(フレームワーク 自由が丘店〈マチュール フレームワーク〉) カットソー¥7,500(1LDK AOYAMA HOTEL〈マイ〉) ピアス¥22,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) 時計¥63,000(栄光時計〈サントノーレ〉) バッグ[ポーチ付き]¥27,000(DES PRÉS 丸の内店〈アーロン〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) 靴¥51,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

【8】ピンクのストール×ベージュのブルゾン

【8】ピンクのストール×ベージュのブルゾン

柔和な印象のベージュ×グレーに、肌を明るく元気に見せるビビッドなピンクのストールをプラス。

[Domani3月号 30ページ] ブルゾン¥80,000(エストネーション) 〝アンスクリア〟のニット¥46,000・〝アルテア〟のストール¥20,000(アマン) パンツ¥40,000(ボウルズ〈HYKE〉) イヤリング¥130,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)

【9】グレーのワイドパンツ×サックスブルーのジャケット

【9】グレーのワイドパンツ×サックスブルーのジャケット

爽やかな魅力に満ちたクール配色がシンプル服をスペシャルに押し上げて!パッと見、〝スキなし〟な男前パンツルックも、サックスブルーを使った透明感あるカラーリングで、鮮度とおしゃれ感たっぷりに。

[Domani11月号 58ページ] ジャケット¥49,000(ブルックス ブラザーズ ジャパン〈ブルックス ブラザーズ〉) ニット¥48,000(アマン〈アンスクリア〉) パンツ¥8,990(PLST) ピアス¥17,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) めがね¥34,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥100,000(ビオトープ〈ピービーゼロワンゼロ〉) 靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

カーキジャケットの着こなし

【1】コーデュロイワイドパンツ×カーキのブルゾン

【1】コーデュロイワイドパンツ×カーキのブルゾン

コーデュロイパンツはゆる太シルエットで楽ちんに今っぽく。辛口なアースカラー配色もコーデュロイでリラックス。〝おじさん化〟の危険が高いダークブラウンも、ワイドシルエットを選べば、ちゃんと今っぽくアップデートできる。

[Domani12月号 129ページ] パンツ¥30,000(BLOOM&BRANCH AOYAMA〈フランネル〉) ストール¥28,000(Theory) ブルゾン¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) スエット¥20,000(ロンハーマン〈RH ヴィンテージ〉) ピアス¥3,350(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 時計¥28,000(アガット) バッグ¥25,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥28,000(ユニバーサルランゲージラゾーナ川崎店〈ペルティニ〉)

【2】ブラウンのパンツ×カーキのテーラードジャケット

【2】ブラウンのパンツ×カーキのテーラードジャケット

ジャケットスタイルをくすみカラーでアンニュイに仕上げるのが「今」の気分!使っている色数は多いものの、トーンを黄みにそろえることで全体がまとまった雰囲気に。胸元のロゴと、白スニーカーで色も力も抜いて。

[Domani11月号 62ページ] ジャケット¥43,000・パンツ¥31,000(オンワード樫山 お客様相談室〈BEIGE〉) カットソー¥6,000(BYMITY) ネックレス¥24,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) バッグ¥242,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥22,000(ハイブリッジ ショーケース 六本木店〈Amb〉)

黒ジャケットの着こなし

【1】フリルブラウス×黒のノーカラージャケット

【1】フリルブラウス×黒のノーカラージャケット

エレガントなのにかっこいいレオパード柄フリルブラウスで週末のナイトアウトへ!気の置けない女友達と過ごすウイークエンドは、着るだけでキャッチーなレオパード柄ブラウスをチョイス。少し攻めた柄なのに、大ぶりのネックフリルと透け感のあるしなやかな素材で、エレガントかつ小粋に決まるのがうれしい。年末のパーティなど、華やかな席でも活躍間違いなし。こんなデザイン性の高いブラウスなら、シンプルな黒のセットアップに差し込むだけでミラネーゼのようなシックスタイルが完成する。今なら、パンツで辛く着こなすのが気分。

[Domani12月号 162ページ] ブラウス¥24,000・ジャケット¥25,000・パンツ¥18,000(ナラ カミーチェ青山本店〈ナラ カミーチェ〉) 帽子・イヤリング/スタイリスト私物

【2】ピンクのパンツ×黒ジャケットのビジネススタイル

【2】ピンクのパンツ×黒ジャケットのビジネススタイル

テーラードジャケット×地味色パンツが定番ですが…。ノーカラージャケット×きれい色パンツの親しみやすさで意見を引き出す!人前に立って話をするプレゼンテーションでは、スタイルアップできる細身のパンツを選択。かっちりとしたテーラードジャケットにダークカラーパンツを合わせると威圧感が強いので、今季大充実しているきれい色を投入。リラックスムード漂うノーカラージャケットときれい色パンツで、明るく質問しやすい雰囲気づくりを。ノーカラージャケットの中でも、今シーズンは特に、こなれ感漂うダブルブレストがおすすめ。ジャケットの金ボタンが上半身のアクセントになり、淡いピンクのパンツが醸し出す甘さを、ピリッと引き締めてくれる。足元はパテントのツヤが上品なローファー風パンプスでハズして、ジャケパンの生真面目さを回避。

[Domani12月号 118ページ] ジャケット¥38,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) パンツ¥29,000(Theory) ニット¥20,000(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉) ピアス¥19,000(アガット) リング¥20,000(ココシュニック) 時計¥960,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) 靴¥75,000(バリー 銀座店〈バリー〉)

【3】黒パンツ×黒ジャケットのフォーマルコーデ

【3】黒パンツ×黒ジャケットのフォーマルコーデ

「昨日と一転、ジャケパンスタイルでいざ、本番。肩に力が入りすぎない、私なりのフォーマルです。靴や時計など、体になじんだ品格小物をチョイスして、デイリーとは一線を画すきちんと感に仕上げます」

[Domani12月号 107ページ] ジャケット¥15,000(PLST)ブラウス¥8,990(PLST) パンツ¥8,990(PLST) 時計/カルティエ ブレスレット/ノーブランド バッグ¥16,000(PLST〈Pelletteria Veneta〉) 靴/プラダ

【4】レザーパンツ×黒のタキシードジャケットのパーティコーデ

【4】レザーパンツ×黒のタキシードジャケットのパーティーコーデ

黒のジャケットでDress Up!タキシードとキャミソールとブローチとレザーパンツと。目ざすのはハンサム&エレガンス!黒のタキシード風ジャケットは、パーティにおける、Domani世代の鉄板ワードローブ。今年はそれをアップデートして、細身のレザーパンツで辛口に着こなして。襟にあしらったブローチも、今年ぜひ取り入れたいアクセサリー。ハンサムな中にエレガンスが漂う、おしゃれに慣れた人のためのドレスアップ。

[Domani12月号 48ページ] ジャケット¥42,000・キャミソール¥19,000(フィルム〈ソブ〉) パンツ¥98,000(HELMUT LANG) ブローチ[右/アコヤ真珠×ホワイトゴールド]¥329,000・ [左上/アコヤ真珠×シルバー]¥44,000・[左下/アコヤ真珠×ダイヤモンド×ホワイトゴールド]¥156,000(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター〈ミキモト〉) バッグ¥157,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) 靴¥91,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

【5】白シャツ×黒パンツ×黒ジャケットのスーツコーデ

【5】白シャツ×黒パンツ×黒ジャケットのスーツコーデ

ディレクターたるもの、コンペの勝率UPのためにはプレゼンスキルも磨かなきゃ!気合いを入れて社外セミナーに!いろいろな業種の人が参加するセミナーの場。スーツのセットアップに、インナーは白シャツにしてキリッと臨みたい。ただのスーツスタイルで終わらせたくないから、赤いスエードバッグをポイントに、華やかな秋らしさを香らせて。

[Domani11月号 78ページ] ストール¥55,000(エストネーション〈ファリエロ サルティ〉) リンバングル¥17,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) バッグ¥63,000(アマン〈ペリーコ〉)靴¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈katespade new york〉)

【6】デニム×黒ジャケットのカジュアルコーデ

【6】デニム×黒ジャケットのカジュアルコーデ

本屋でふと目に入った一冊は、ズバリ『チームワークの心理学』。う~ん、要勉強の分野だ…。チームをまとめる立場になって、コミュニケーション術にも興味が湧いてきた…!ブルーニットとイエローパンプス、ふたつのきれい色で休日のジャケットスタイルにハッピー感を。

[Domani11月号 76ページ] ストール¥62,000(ビームス ハウス 丸の内〈ジョンストンズ〉)リング[右]¥63,000(TOMORROWLAND〈CHARLOTTE CHESNAIS〉)バッグ¥49,000(TOMORROWLAND〈OWENBARRY〉)靴¥42,000(ビームスハウス 丸の内〈ネブローニ〉)

【7】グリーンのワイドパンツ×黒のテーラードジャケット

【7】グリーンのワイドパンツ×黒のテーラードジャケット

こっくりグリーンで心をほぐして!ジャケットをはおってきちんと見せつつも、ボトムはきれい色のワイドパンツに。緊張感の中にも、どこか余裕を漂わせたい。

[Domani11月号 75ページ] スカーフ¥11,000(アルアバイル〈マニプリ〉) バッグ¥142,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥42,000(ビームスハウス 丸の内〈ネブローニ〉) リング[左]¥28,000(ココシュニック)

白ジャケットの着こなし

【1】ベージュのスカート×白ジャケットのデートコーデ

【1】ベージュのスカート×白ジャケットのデートコーデ

週末の記念日デートで、そでコンジャケットのトレンド感とフェミニンさを実感。華やかディテールのジャケットで物腰のやわらかさを印象づけて。ジャケットというと堅めなイメージが先行してしまうけれど、ノーカラーで白、しかもベルスリーブの甘めデザインなら女らしさも十分。着丈が短いタイプは、ボリュームスカートと相性がよく、フェミニン系の着こなしに最適。ニュアンスカラーのなじませ配色で、いやみのない大人の好感度をアピールして。

[Domani11月号 96ページ] ジャケット¥58,000(YOKO CHAN) スカート¥19,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) バッグ¥163,000(JIMMYCHOO) 靴¥92,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

【2】ボーダーのトップス×白ジャケット

【2】ボーダーのトップス×白ジャケット

メタルスタッズのクラッチならさりげないおしゃれ感が狙える。メタルスタッズで小葵の文様をあしらった、ユニセックスなクラッチ。中央の間仕切りも収納に便利。

[Domani12月号 159ページ] バッグ『ユリッセ』[H17×W25×D3]¥45,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) ジャケット¥32,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) カットソー¥10,000(ゲストリスト/ハウント代官山〈ハウント〉) パンツ¥42,000(ユナイテッドアローズ 心斎橋店〈リダン〉)帽子/私物

ジャケットのオフィスコーデ

【1】チェックのパンツ×グレーのジャケット

【1】チェックのパンツ×グレーのジャケット

今年らしいジャケットを着るなら、ダブルのゆるジャケットよりもXカットのコンパクトジャケットを選ぶのが正解!手首を出すときはジャケットを着る前にインナーのそでを折り返しておく。ジャストサイズで着られるコンパクトな身ごろ。フロントのダーツが前身ごろのもたつきをなくし、シャープな印象に導く。

[Domani1月号 180ページ] ジャケット¥39,000(INÉD) ニット¥5,000(アダストリア〈アパートバイローリーズ〉) パンツ¥27,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈ハウント〉) 時計¥22,000(ピークス〈Rosemont〉) バッグ¥21,000・靴¥16,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【2】グレーのチェック柄ジャケット&パンツのスーツコーデ

【2】グレーのチェック柄ジャケット&パンツのスーツコーデ

プレゼン発表のある会議ではパンツセットアップでデキる女モードに。新しいシステムの開発を社内で共有するための大切な会議の日。こんな日はセットアップスーツで気合いを。少し早く着きすぎちゃったから、頭の中で今日の流れを復習。インナーはカットソーくらいがヌケ感があってちょうどいい。

[Domani1月号 137ページ] ジャケット¥48,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) パンツ¥28,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) カットソー¥7,500(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) ピアス¥7,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ソコ〉) ネックレス¥36,000(アーツワークス〈チェリーブラウン〉) 時計¥78,000(栄光時計〈サントノーレ〉) 〝シャーロット ウーニング〟のリング¥8,000 〝マニプリ〟のバッグに付けたスカーフ¥7,000(フラッパーズ) バッグ¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥25,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【3】デニムパンツ×ネイビージャケットのカジュアルコーデ

【3】デニムパンツ×ネイビージャケットのカジュアルコーデ

デスクワークのみの内勤dayはきれいめに仕上げたデニムで通勤!今日は一日デスクワーク。なんてことない雑談中に同じチームの後輩から次のプレゼンのいいアイディアが。「それいいね! 採用しよう!」服装は自由な会社だから、お客様と会う予定のない日は、デニムだって問題なし。とはいえそこは大人の判断で、ジャケット合わせで職場に必要な〝きちんと感〟を醸して。

[Domani1月号 135ページ] カーディガン¥33,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) ジャケット¥26,800(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) ニット¥29,000(ビームス ハウス 丸の内〈エイトン〉) ピアス¥15,000(ナチュラリ ジュエリ 西武渋谷店〈ナチュラリジュエリ〉) ネックレス¥22,000(ココシュニック) 時計¥31,000(DKSHジャパン〈リップ〉) リング¥3,300(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) バッグ¥46,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)

【4】グリーンのパンツ×ネイビーのジャケット

【4】グリーンのパンツ×ネイビーのジャケット

寒い場合はヌーディなナチュストを!かっちりしたジャケパンこそ肌見せで差をつけて堅く、地味になりがちなジャケットとパンツのコーディネートこそ、手首や足首をちらりとのぞかせて着こなしたい。メンズには決してできない軽やかな空気感が生まれ、オフィスでの好感度も高まりそう。肌見せの分量はこれで十分。襟元はあえてクルーネックで隠し、トータルのバランスを取るのを忘れずに。

[Domani1月号 116ページ] ジャケット¥36,000(ティッカ〈ティッカ〉) ニット¥12,800(I.T.’S.international) パンツ¥18,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) ピアス¥1,350(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) バッグ¥56,000(ビームス ハウス 丸の内〈エスター エクミ〉) 靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

【5】デニムのワイドパンツ×ベージュのブルゾン

【5】デニムのワイドパンツ×ベージュのブルゾン

そでコンブラウス&バギーデニムで全身バランスも今どきに。ボリュームのあるバギーデニムだって通勤に有効。ほっこりした印象にならないよう、ベルスリーブのブラウスで、モードに仕上げて。

[Domani1月号 78ページ] デニム¥41,000(マディソンブルー) ブラウス¥17,000(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉) ブルゾン¥59,000(ノーブル コレド日本橋〈ノーブル〉) サングラス¥35,000(ミス シープ アイヴァン〈ギャレット レイト〉) イヤリング¥6,500(デミルクス ビームス 新宿〈ジュール クチュール×デミルクス ビームス〉) リング¥3,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥33,000(Theory luxe〈GIANNI CHIARINI〉) 靴¥78,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ルパート サンダーソン〉)

【6】黒のパンツ×チェックのジャケット

【6】黒のパンツ×チェックのジャケット

モノトーンの組み合わせで黒スキニーを品よくこなして。デニムの中でも女らしさのあるブラックスキニーには、チェック柄のダブルジャケットでハンサムな表情をプラスして。この冬は、インナーにタートルニットを合わせる組み合わせも旬。襟元をきちんと折り返して着ると、知的に見えつつモードな印象も加わり、洗練度が高まる。

[Domani1月号 76ページ] デニム¥24,000(ディーゼル ジャパン〈ディーゼル〉) ジャケット¥40,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) ニット¥9,200(レリアン〈ランバン オン ブルー〉) メガネ¥37,000(ミラリ ジャパン〈プラダ〉) 時計¥345,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) リング¥30,000(ココシュニック) バッグ¥128,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥74,000(JIMMY CHOO)

【7】テーパードデニムパンツ×紺のジャケット

【7】テーパードデニムパンツ×紺のジャケット

紺ブレ、ボーダー、デニム。Domani世代の好きなものだけ。〝ユニクロ〟のテーパードデニムに合わせたのは、正統派の紺ブレ。インはボーダーカットソーという、これまた鉄板のコーディネートは、時代を超えた好感度の高いスタイルに。今季はそこにブローチをオン。顔まわりが華やぐだけでなく、今っぽさも加わる。

[Domani1月号 76ページ] デニム¥3,990(UNIQLO) ジャケット¥34,000(フィルム〈ソブ〉) カットソー¥14,000(ゲストリスト〈ルミノア〉) ネックレス¥557,000・リング¥225,000(TASAKI) ブローチ¥11,000(アルアバイル〈レイン・ロザリ〉) バッグ¥39,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈リエンピーレ〉) ストール¥33,000(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉) 靴¥95,000(ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

【8】シャツ×カーディガン×パンツ×ネイビーのジャケット

【8】シャツ×カーディガン×パンツ×ネイビーのジャケット

「きちんと&クリーンに」朝イチで大事なミーティングにはやっぱりジャケパン!旬ジャケットがベーシックを予定調和で終わらせない!ジャケット+シャツ+カーディガン+九分丈パンツという超スタンダードな組み合わせも、ネイビーの金ボタンジャケットならたちまち鮮度がアップ。通勤に必要なきちんと感はキープしつつ、洒脱なコーディネートが完成する。

[Domani12月号 65ページ] ジャケット¥47,000(アルアバイル)シャツ¥18,000(ボウルズ〈ハイク〉) カーディガン¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) パンツ¥29,500(アンタイトル エッセンシャルクルー) 時計¥245,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〈タグ・ホイヤー〉) バッグ¥283,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥73,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

【9】グレーのパンツ×ベージュのジャケット

【9】グレーのパンツ×ベージュのジャケット

フラット靴とも相性のいいストレートはアンクル丈&ライトグレーで軽やかに!ひざからすそにかけての細身ラインや、タックによって生まれる。ヒップから太ももにかけてのすっきりとしたバックスタイルが美しい、ストレートシルエットの『ライアン』。アンクル丈なので足元に抜け感が生まれ、フラット靴とも好相性。縦に長く見せるセンターシームも美脚効果を後押ししてくれる。

[Domani12月号 44ページ] パンツ¥12,038・ジャケット¥16,667・ニット¥7,315・靴¥13,889(バナナ・リパブリック) 時計・バッグ/私物

【10】デニムパンツ×ユニクロのジャケット

【10】デニムパンツ×ユニクロのジャケット

アポイントのないデスクワークの一日もネイビーブレザーでプレッピーとは一線を画すしゃれっけあふれるスタイリングを謳歌。ベロア&コーデュロイの旬素材で紺ジャケットのモード見えを意識!コーデュロイをオフィス対応に仕上げてくれるコンパクトなネイビーブレザー。そで口を折り返してみたり、まろやかなピンク小物をちりばめたりして、若者にはできない洗練ムードを漂わせるのにこだわって。

[Domani11月号 99ページ] ジャケット[一部店舗のみで販売]¥9,990(UNIQLO〈イネス・ド・ラ・フレサンジュ〉) プルオーバー¥6,389(バナナ・リパブリック) パンツ¥17,500(RHC ロンハーマン〈LEE フォーRHC〉) ピアス¥22,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) 時計¥22,000(ダニエル・ウェリントン原宿〈ダニエル・ウェリントン〉) バッグ¥157,000・バッグチャーム¥65,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) 靴¥89,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

レザージャケットの着こなし

ブラウス×フレアスカート×レザージャケット

ブラウス×フレアスカート×レザージャケット

なじませワントーンの魔法で定番「甘め」スタイルもぐんと洗練顔に。パフスリーブブラウスにフレアスカート。甘×甘のスタイリングに、オリーブがかったブラウンのレザージャケットでスパイシーさを入れることで、Domani世代も取り入れやすく。レオパード柄はブラウンとの相性がよく、着こなしにリズムを生んでくれる名脇役パターン。

[Domani11月号 61ページ] ジャケット¥98,000(ADORE) ブラウス¥23,000(アルアバイル) スカート¥17,000(LOUNIE) ピアス¥36,000(ココシュニック) バッグ¥52,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥34,000(ショールーム セッション〈エクストローディナリー ジェーン〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事