Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.03.13

白コーデ30選【2018春】| 30代40代女性ファッション

春におすすめの白コーデをご紹介。人気の白コーデをアイテム別(パンツ・スカート・ワンピース・カーディガン・スニーカー)に大特集!流行のワイドパンツやコーデュロイ素材アイテム、コンバースのスニーカーもあります。大人かわいい全身白コーデもまとめました。

Tags:

【目次】
白パンツの着こなし
白スカートの着こなし
白ワンピースの着こなし
白カーディガンの着こなし
白スニーカーの着こなし
全身白コーデ

白パンツの着こなし

【1】パステルグリーンのブラウス×ワイドパンツ

【1】パステルグリーンのブラウス×ワイドパンツ

まろやかな優しさと甘すぎない爽やかさを導くパステル×白合わせ。パステルカラーを品よく仕上げる王道配色は、クリーンな白とのコーディネート。爽やかなミントグリーンに白を足すことで、より柔和な印象が手に入る。品のいい配色だからこそ、トレンドのパジャマ風とろみブラウスも大人っぽく。打ち合わせ前のカフェでのひとときも心地よく過ごせる。

[Domani2月号 73ページ] シャツ¥28,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉) パンツ¥8,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) ベルト¥14,000(フラッパーズ〈アロン〉) 靴¥105,000(ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉) バッグ¥49,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

【2】チェスターコート×ワイドパンツ

【2】チェスターコート×ワイドパンツ

定番のシャツ×パンツを、正統派チェスターの上質感でクラスアップ!厚手でなめらかなメルトン素材を使った、とことん男前なコートには、ロンドンストライプのシャツでさらにマニッシュさを重ねて。とろみパンツとパンプスで女らしさをKEEPする、さじ加減が重要。

[Domani12月号 76ページ] コート¥74,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) シャツ¥18,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) パンツ¥23,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈セラドアー〉) ネックレス¥24,000(ココシュニック) 時計¥42,000(デミルクス ビームス 新宿〈ラーソン&ジェニングス〉) ベルト¥13,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥42,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) 靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【3】ベージュコート×スキニーパンツ

【3】ベージュコート×スキニーパンツ

ミルキートーン配色でベージュコートのリッチ感をさらに加速!さすがカシミア100%、と感嘆させるストール付きのガウン風コートは、ヘルシーなスキニーパンツとの合わせがエレガントに転びすぎず、新鮮。膨張して見えそうな淡い色の合わせには、キャメルの小物を締め色として投入すると◎。

[Domani12月号 79ページ] コート¥280,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) ニット¥22,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) パンツ¥7,315(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) イヤリング¥4,000(アビステ) バッグ¥29,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈モダルー〉) 靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【4】ライダースジャケット×白パンツ

【4】ライダースジャケット×白パンツ

「圧倒的なかっこよさやメンズっぽさ…ライダースにしか出せない味が私は大好き。六本木の本社と青山のプレスルームを行き来する日はやっぱりスニーカー。たくさんの資料を〝L.L.ビーン〟に詰め込んで」

[Domani12月号 105ページ] ニット¥5,990(PLST) ジャケット/アッパーハイツ バッグ/L.L.ビーン ストール/マニプリ 靴/コンバース パンツ¥8,990(PLST)

【5】スエットトップス×コーデュロイパンツ

【5】スエットトップス×コーデュロイパンツ

極上ファーコートのテイストMIXが上品に見える鍵。スエットトップス×コーデュロイパンツというヴィンテージライクなカジュアル。ファーコートをラフに肩がけすることで、クラス感がUP。パールネックレスとゴールドフレームのめがねのツヤ感で女らしさもプラスして。

[Domani1月号 113ページ] プルオーバー¥11,000(アダム エ ロペ〈チャンピオン フォー アダム エ ロペ〉) パンツ¥27,000(ビームス ハウス 丸の内〈ヴィガノ〉) コート¥180,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) めがね¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ネックレス¥340,000(アーツワークス〈チェリーブラウン〉) 時計¥38,000(フォッシルジャパン〈TORY BURCH〉) バッグ¥14,000(フラッパーズ〈マルシェ〉)

【6】ネイビーのブラウス×コーデュロイパンツ

【6】ネイビーのブラウス×コーデュロイパンツ

コーデュロイのウォーミーな風合いを投入。コーデュロイのもつ温かみがブラウスに映えて。今までは、きれいめなパンツに合わせていたとろみブラウスも、今季のヒットアイテム、コーデュロイパンツと着こなせば凝った印象に。フレンチカジュアルなムードがチャーミング。

[Domani1月号 118ページ] ブラウス¥14,000(アダム エ ロペ) パンツ¥16,000(Maison de Beige) イヤリング¥8,500(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ドミニク ドゥヌーヴ〉) ベルト¥13,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈メゾン ボワネ〉) バッグ¥124,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈エレナ ギゼリーニ〉) 靴¥24,815(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【7】チェックのアウター×赤パンプス×白パンツ

【7】チェックのアウター×赤パンプス×白パンツ

パーカレイヤードで攻めるカジュアルトラッドなチェック柄コートだからラフになりすぎず、大人の遊びスタイルに。パーカレイヤードで攻めるカジュアルトラッドなチェック柄コートだからラフになりすぎず、大人の遊びスタイルに

[Domani2月号 105ページ] パーカー¥14,800(INED)パンツ¥19,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)ピアス¥2,500(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥12,000(アリガインターナショナル〈ケルティ〉)靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【8】ストライプシャツ×ワイドパンツ

【8】ストライプシャツ×ワイドパンツ

サッシュベルトでメリハリをつけるひと手間感がおしゃれ度を加速!ゆるりとしたスキッパーシャツと白のワイドパンツの上下を、ベルトでキリッとウエストマーク。ありがちなブルーのストライプでは叶わない、おしゃれ感度の高いパンツコーデは鮮度の高いグリーンという選択が決め手。

[Domani3月号 119ページ] Domani別注のシャツ¥21,000(ティッカ) 〝アッシュ・スタンダード〟のパンツ¥17,000・〝MAISON BOINET〟のベルト¥18,000(アッシュ・スタンダード) ピアス¥5,000・バングル[2本セット価格]¥7,500(プラス ヴァンドーム 西武池袋本店〈プラス ヴァンドーム〉) バッグ¥16,800(ショールーム セッション〈ヤーキ〉)

白スカートの着こなし

【1】イエローのブラウス×フレアスカート

【1】イエローのブラウス×フレアスカート

「紹介したい人がいるの!」同窓会で再会した友人がメンズを紹介してくれることに。せっかくの機会だから女度高めでいってみよう!思わず期待値も上がる、久しぶりの出会いの場。明るいイエローブラウスに揺れ感が美しいフレアスカートを合わせて、フレッシュで親しみやすい女らしさを意識して。きれい色は、素敵な恋だって呼び込んでくれるはず!

[Domani11月号 80ページ] ピアス¥29,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉)時計¥82,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉)バングル¥18,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー プレシャス〉)バッグ¥110,000(ビームス ハウス 丸の内〈ザネラート〉) リング[左]¥28,000(ココシュニック) 靴¥85,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ニコラス カークウッド〉)

【2】コート×ニット×コーデュロイのタイトスカート

【2】コート×ニット×コーデュロイのタイトスカート

端正でストイックなデザインが女らしさを引き立てる!スリムなラペルが顔周りをすっきり見せて。襟元にていねいに施された美しいステッチやコンパクトなアームホールが、フェミニンな印象を導く。グレーのモヘアニット×白のコーデュロイタイトで、ベーシックに着こなせば、優しさと凜々しさが共存する、大人の余裕のある女性が完成。

[Domani11月号 126ページ] 〝ICB〟のコート¥43,000・〝BEIGE‚〟のスカート¥22,000(オンワード樫山) ニット¥46,000(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉) ピアス¥32,000(ココシュニック) スカーフ¥7,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) バッグ¥69,000(TOMORROWLAND〈OAD NEWYORK〉) 靴¥39,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ブッテロ〉)

【3】ピンクのコート×ミモレ丈のプリーツスカート

【3】ピンクのコート×ミモレ丈のプリーツスカート

軽やかなプリーツのちら見せが、今どきのフェミニンを感じさせて!発色のいいピンクに、切りっぱなし風のデザインやそでの4つボタンなどがキレよくあしらわれて。軽やかなシフォンプリーツスカートをのぞかせ、エッジの利いた最新のフェミニンスタイルに。

[Domani12月号 87ページ] コート¥54,000(styling/ 表参道ヒルズ店〈styling/〉) ニット¥14,500(アダム エ ロペ) スカート¥18,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) ネックレス¥8,000(NOJESS) バッグに付けたスカーフ¥7,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 〝ザネラート〟のバッグ¥123,000 〝ペリーコ〟の靴¥46,000(アマン)

【4】水色のブラウス×バレエシューズ×白スカート

【4】水色のブラウス×バレエシューズ×白スカート

ファーインナー付きのミニトート好感度の高いフェミニンな装いには明るめトーンのかごバッグが似合う軽快なかご素材が人気の〝ムーニュ〟から、ファー付きの冬バージョンが登場。ボリュームスカート&バレエシューズが軸のきれいめスタイルと相性◎。

[Domani12月号 139ページ] バッグ[18×29×14]¥38,000(ビームスハウス 丸の内店〈ムーニュ〉) ブラウス¥37,000(ドゥロワー 丸の内店〈サルヴァトーレ・ピッコロ〉) スカート¥46,000(ebure) ベルト¥18,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈メゾン ボワネ〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈JOHNSTONS〉) 靴¥30,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈オペラ ナショナル ドゥ パリ〉)

【5】トレンチコート×フレアのロングスカート

【5】トレンチコート×フレアのロングスカート

トレンチコートの正統派な装いをレディに寄せる白フレアスカート。ロング丈のトレンチコートと同丈にすることで、ベーシックながら印象的な着こなしに。

[Domani1月号 83ページ] スカート¥42,000(ebure) コート¥85,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ニット¥28,000(エストネーション〈エストネーション〉) ピアス¥7,800(アダム エ ロペ〈ケネス ジェイ レーン〉) バングル¥19,000(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉) リング¥15,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈シンパシー オブ ソウル〉) バッグ¥56,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥35,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【6】ベージュのトップス×白スカートのパーティーコーデ

【6】ベージュのトップス×白スカートのパーティーコーデ

艶ハンドルバッグでクラッチ一辺倒を卒業する。パーティ=クラッチ…という考えに縛られないで!小さくても収納力があり仕草もスマートに見えるハンドルバッグに注目。地金ハンドルタイプなら手元も華やぎ、しゃれ感も〝ちょうどよく〟演出してくれるまろやかなカラーリングが生み出す優しげな装いに、ベロア使いのハンドルバッグでレディなムードを高めて。きらりと光るゴールドのハンドルも、立派なアクセサリーのひとつに。

[Domani1月号 126ページ] バッグ¥18,000(メゾン イエナ〈ポップコーン〉) トップス¥27,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) スカート¥15,000(アクアガール丸の内〈アクアガール〉) イヤリング¥11,000(ビームス 二子玉川〈ライツ〉) ネックレス¥24,000(フィルム〈ザ キャットウィスカーズ〉) バングル¥12,000(アガット) インナー/スタイリスト私物

【7】ブルーのアンサンブル×白スカート

【7】ブルーのアンサンブル×白スカート

春の注目トレンドは毛足のあるシャギーニット。人気のアンサンブルニットは、ニュアンスのある素材感やきれい色で印象を更新。

[Domani3月号 148ページ] ニット¥32,000・カーディガン¥36,000・スカート¥55,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) サングラス¥45,000(ファブ〈ティエリー ラスリー〉) 時計¥29,000(大沢商会〈ラース ラーセン〉) リング¥9,500(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バッグ¥174,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

白ワンピースの着こなし

【1】インパクトピアス×ワンピース

【1】インパクトピアス×ワンピース

パールではなくあえてインパクトピアスで女らしさに抜け感を。シンプルできれいめな白ワンピースだからこそ、アクセの選びひとつで今っぽさが大きく変わる。定番パールもいいけれど、センスで差をつけるなら、大ぶりでインパクトのあるものを。

[Domani1月号 110ページ] ワンピース¥39,000(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉) ピアス¥10,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ドミニク・ドゥヌーヴ〉) 時計¥43,000(アガット) バッグに付けたスカーフ¥7,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) バッグ¥35,000(ショールーム セッション〈ポティオール〉)

【2】ダウンジャケット×スニーカー×ニットワンピース

【2】ダウンジャケット×スニーカー×ニットワンピース

スポーティな白カジュアルは小物でリッチに。ダウンジャケット×ニットワンピ。楽ちんでスポーティな組み合わせも、白ならきれいめで大人っぽい!足元は、程よく上品なレザースニーカーで。

[Domani1月号 113ページ] ダウンジャケット¥54,000(Theory) ワンピース¥23,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) サングラス¥49,000(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉) ストール¥26,000(アダム エ ロペ〈ベグ〉) バッグ¥40,000(ドレステリア 銀座店〈OAD NEW YORK〉) 靴¥31,000(ティースクエア プレスルーム〈ナショナル スタンダード〉)

白カーディガンの着こなし

【1】ピンクのコーデュロイパンツ×白カーディガン

【1】ピンクのコーデュロイパンツ×白カーディガン

冬マリンを暖かく盛り上げる大人ピンクのコーデュロイ。カットオフディテールが、淡いピンクの甘さをさりげなく緩和。

[Domani12月号 128ページ] 左のコーデ/パンツ¥13,000(ゲストリスト〈ヘルシー〉) ストール¥38,500(ビューティ&ユースユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ジョンストンズ×ビューティ&ユース〉) カーディガン¥69,000(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉) カットソー¥11,000(ビショップ〈ORCIVAL〉) ピアス¥3,200・レザーブレスレット¥6,150(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) バングル¥17,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥18,000(ユナイテッドアローズ有楽町店〈テンベア〉)靴¥17,000(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)

【2】タイトスカート×Vネックカーディガンのオフィスコーデ

【2】タイトスカート×Vネックカーディガンのオフィスコーデ

タイトスカートは〝長め丈〟が正解。女っぽさを強調したい日の定番・タイトスカートは、ふくらはぎをすっぽり覆うぐらいの長め丈に進化中。シンプルに着るだけでちょっとモードな表情に仕上がって、通勤スタイルを次のステップへと導いてくれます。そう、よく聞く「通勤服はマンネリしがち」というフレーズって実はただの思い込み!こんなふうにささやかな変化を見逃さなければ、フレッシュな着こなしはいつだって可能なんです。存在感のある長めタイトはコンパクトなトップスが好相性。スエード&くすみパープルの長め丈タイトが、冬の通勤スタイルをリフレッシュしながら色っぽく。コンパクトなカーディガンで重心を引き上げると、バランス良好。潔いデコルテ見せで、抜け感をつくって。

[Domani1月号 56ページ] スカート¥35,000(スティーブン アラン トーキョー〈スティーブン アラン〉) カーディガン¥22,000(martinique Le Conteルミネ横浜店〈マルティニーク〉) タイツ¥1,800(福助〈フェモツィオーネ〉) 靴¥73,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

【3】白カーディガン&白スカートのセットアップスタイル

【3】白カーディガン&白スカートのセットアップスタイル

同色のニットと合わせてセットアップ風に。ノーカラージャケットでお仕事スイッチをON。タイトすぎないストレートシルエットが今季らしいラップ風ニットスカート。カチッとしたジャケットスタイルにもしなやかな色気が宿る。

[Domani1月号 80ページ] スカート¥12,000(ロペ) ジャケット¥32,000(ロペ マドモアゼル) ニット¥29,000(ebure) ピアス各¥30,000・バングル¥175,000(カラットアー) リング¥38,000(ココシュニック) バッグ¥23,000(TOMORROWLAND〈CAROL J〉) 靴¥38,000(ゲストリスト〈ルチェンティ〉)

【4】ロングカーディガンのアウター風着こなし

【4】ロングカーディガンのアウター風着こなし

セットアップ風に着るホワイトデニムが新鮮!ロングカーデで奥行きをプラス。濡れたような光沢のエナメルパンプスと贅沢なラムファークラッチ。存在感のある小物使いで、のっペり見えず、メリハリをつけるポイントに。

[Domani1月号 112ページ] カーディガン¥69,000(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉) ジャケット¥42,000・パンツ¥38,000(マディソンブルー) カットソー¥8,800(Maison de Beige〈ELODIE NELSON〉) ハット¥17,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) イヤリング¥590(GU) グローブ¥9,000(ebure) バッグ¥39,000(アングローバルショップ 表参道〈オウエン バリー〉) 靴¥78,000(ピエール アルディ 東京ピエール アルディ〉)

白スニーカーの着こなし

【1】チェックジャケット&パンツ×白スニーカー

【1】チェックジャケット&パンツ×白スニーカー

さりげなくラベンダーが入った、グレンチェックが愛らしい。白スニーカーやクリアバッグで「真面目に着ない」のが、今っぽさのポイント。

[Domani3月号 100ページ] ジャケット¥45,000・パンツ¥23,000(フレームワーク 自由が丘店〈マチュール フレームワーク〉) カットソー¥7,500(1LDK AOYAMA HOTEL〈マイ〉) ピアス¥22,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) 時計¥63,000(栄光時計〈サントノーレ〉) バッグ[ポーチ付き]¥27,000(DES PRÉS 丸の内店〈アーロン〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) 靴¥51,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

【2】ブルーのジャケット&パンツ×白スニーカー

【2】ブルーのジャケット&パンツ×白スニーカー

白スニーカーの名品、『スタン・スミス』。インナーを抜け感のある白でリンクさせれば、セットアップスーツになじむ。

[Domani3月号 136ページ] 靴¥15,000(アディダスグループお客様窓口〈adidas Originals〉) ジャケット¥29,000・パンツ¥17,000(martinique Le Conte梅田〈martinique〉) ニット¥24,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) 手に持ったコート¥27,000(TONAL) 眼鏡¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥3,600(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 6連リング¥30,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) ベルト¥37,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) バッグ¥242,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

【3】ベージュのコート×ネイビーのパンツ×白スニーカー

【3】ベージュのコート×ネイビーのパンツ×白スニーカー

3本のストラップデザインが、シンプルなスタイリングにリズムとアクセントを生む。上品なコートやとろみパンツが、白レザーの硬い光沢感でシャープに。

[Domani3月号 136ページ] 靴¥12,000(プロスペール〈スペルガ〉) コート¥59,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) ブラウス[パンツとセット価格]¥23,000(TONAL) パンツ¥20,000(エストネーション) スカーフ¥11,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈マニプリ〉) 時計¥29,000(大沢商会〈ラース ラーセン〉) 5連リング¥32,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥84,000(アマン〈ザネラート〉)

全身白コーデ

【1】ロングコート×スエット×スカート

【1】ロングコート×スエット×スカート

スポーティなブルゾンを長くしたようなコートは、光沢のある素材も相まって程よいエレガントさが。おしゃれプロの間でも話題のレギンスを重ねて、引き締め感とモードっぽさをプラス。

[Domani3月号 107ページ] コート¥63,000・レギンス¥16,000(ebure) スエット¥12,778(ワークノットワーク アーバンリサーチ キッテ丸の内店〈ワークノットワーク〉) スカート¥8,500(ココ ディール) ネックレス¥6,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) バッグ¥49,000(ANAYI〈メゾンボアネ〉) 靴¥14,800(シシ)

【2】ロングシャツ×ワイドパンツの上品コーデ

【2】ロングシャツ×ワイドパンツの上品コーデ

王道シャツ×パンツはシルエットで最旬のバランスに。シャツは極端な後ろ下がり、パンツはスーパーワイド。エッジの利いたシルエットも、〝ほぼ白〟なら上品。

[Domani1月号 109ページ] シャツ¥36,000(レリタージュ マルティニーク〈l’heritage martinique〉) パンツ¥42,000(ebure) コート¥120,000(SANYO SHOKAI〈エポカ〉) ストール¥49,000(ティースクエア プレスルーム〈コンピレーション〉) 時計¥19,000(フォッシルジャパン〈DKNY〉) バッグ¥34,000(ル タロン 有楽町店〈ブラーナ〉) 靴¥46,000(ビームス ハウス 丸の内〈ペリーコ〉

【3】ジャケット×ブラウス×パンツ

【3】ジャケット×ブラウス×パンツ

青みを帯びた白×グレー。アイシーなグラデーションで今っぽさがUP。淡いグレーのロングコートをラフにはおって。それだけで、クリーンな白のセットアップに今っぽいゆるさが加わってこなれた印象に。足元もレースアップシューズで力を抜いて、コンサバ感をセーブ。

[Domani1月号 109ページ] コート¥68,000(アングローバルショップ 表参道〈デッサン ド モード〉) ジャケット¥15,000・パンツ¥8,990(PLST) ブラウス¥8,241(バナナ・リパブリック)グローブ¥19,000(ビームスハウス 丸の内〈アルポ〉) バッグ¥63,000(アマン〈ペリーコ〉) 靴¥79,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン×トリッカーズ〉)

【4】レザーライダースジャケット×ニット×パンツ

【4】レザーライダースジャケット×ニット×パンツ

〝定番アイテムだけ〟なのに目を引く素材MIXの白ベーシック!レザーライダース、ミドルゲージのニット、とろみパンツ。全部が白、かつベーシックアイテムでありながら、素材のメリハリ感で単調にならずに印象的な仕上がりに。

[Domani1月号 108ページ] ジャケット¥98,000(アルアバイル) ニット¥29,000(スローン) シャツ¥26,000(エンフォルド) パンツ¥28,000(ボウルズ〈ハイク〉) 時計¥170,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〈タグ・ホイヤー〉) バッグ¥148,000(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉) 靴¥79,000(セルジオ ロッシ)

【5】帽子×ストール×ニット×パンツ

【5】帽子×ストール×ニット×パンツ

温もりを感じる素材の違う白で、自然と立体感をつくる。少しずつ色味のニュアンスが違う白をちりばめ、奥行きをつくるのがワントーン配色の成功のカギ。黄みの強いまろやかな白を全身に配したら、青みのあるアイシーな白の小物で引き締めて。

[Domani1月号 100ページ] ニット¥19,000(バロックジャパンリミテッド〈BLACK BY MOUSSY〉) パンツ¥19,000(パオデロ) 帽子¥6,000(クオリネスト〈ロレール〉) イヤリング¥78,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バングル[ゴールド]¥46,000(ココシュニック) [パール調]¥5,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) リング¥100,000(アイワ〈カラットアー〉) ストール¥29,000(ANAYI) バッグ¥138,900(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 靴¥35,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

【6】ニット×ミモレ丈のフレアスカート

【6】ニット×ミモレ丈のフレアスカート

きれい色を取り入れている日が多いけど、華やかさをカラーレスに表現できる白ワントーンが今日の気分。太めの黒ベルトや赤いスエードバッグなど、インパクトのある小物使いで甘さを賢く抑えて。

[Domani11月号 78ページ] ベルト¥28,000(ロンハーマン〈マリアム ナシアザディ〉) バングル¥17,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) バッグ¥63,000(アマン〈ペリーコ〉)靴¥69,000(アマン〈ペリーコ〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事