プロも太鼓判!絶品トーストが楽しめるシロカの「すばやきトースター」 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEグルメ

2021.08.17

プロも太鼓判!絶品トーストが楽しめるシロカの「すばやきトースター」

プロにも好評な『すばやきトースター』をご紹介します。独自技術の「炎風テクノロジー」によって、外はカリッと、中はもちもちのトースターを実現できるんです。おうち時間に、よりおいしいパンが食べたい人必見です。

Text:
鈴木みなみ
Tags:

おうちでも“簡単に、すばやくおいしく、焼きムラのない”トーストを

自宅で食事をすることが圧倒的に増えたコロナ禍。しかも、今は空前の高級食パンブーム。よりおいしくトーストが食べたい!という熱は高まっています。

おいしいトーストが楽しめるシロカの『すばやきトースター』とは

独自技術の「炎風テクノロジー」によって、外はカリッと、中はもちもちのトースターを実現できる『すばやきトースター』。高火力ですばやく焼き上げることで、パンの持つ水分を逃がさず閉じ込めます。また、庫内温度と熱照射を均一化することで、焼きムラなく焼き上げることも可能に。

さらに、食パン1枚90秒という速さで焼き上げることができ、時間のない朝の味方になってくれるような商品です。

よりおいしく、最適な具合で楽しめる「クロワッサンモード」も

『すばやきトースター』には、自動で最適な焼き具合に仕上げてくれる9つのオートモードも搭載されています。表面が焦げやすく、中まで均一に熱を入れることが難しいクロワッサンも、このモードを使えば表面を焦がすことなく、中までじっくりと熱を入れて焼き上げることが可能に。

パンのプロが実際に『すばやきトースター』を使ってみた

「BOUL’ANGE(ブール アンジュ)」のシェフ・ブーランジェ 矢澤央さんが『すばやきトースター』を使ってみたところ、「熱の入れ方が異なる食パン、クロワッサンどちらも得意なトースターだと思います。強い熱で表面をすばやく焼くことができるのに加えて、コンベクションファンの熱風で外を焦がすことなく中まで熱が入れることができ、ムラなく均一に焼くことができるのがいいですね。

特にクロワッサンは焦げやすいですが、すばやきトースターで焼くと焦げず、表面がパリパリしているおいしいクロワッサンをちゃんと再現できていて、自宅でこれを再現できるのはすごいです。すばやきトースターは、食パンのようなすばやく焼いたほうがいいものも、クロワッサンのように中に熱をじっくり入れたほうがいいものも両方かなえられます」というコメントが。

BOUL’ANGE矢澤シェフ直伝「おいしいパン」の定義って?

「おいしいパンとは、飲み物がなくてもおいしく食べられるようなパンであること」

「おいしいパンは飲み物がなくてもおいしく食べられるようなパンだと考えています。そのためには、生地をしっかり発酵・熟成させ、小麦粉のデンプン一粒一粒に熱が入り中心までしっかり焼けている状態にする必要があります。デンプン一粒一粒に熱が入ることで、香りや甘みが広がるだけでなく、パンに含まれる水分の抜け出るスピードが遅くなるため、パンの老化スピードを遅くすることができ、おいしく食べられる時間を延ばすことができます」(矢澤シェフ)

購入したパンを自宅でおいしく食べるために気を付けることとしては「時間が経つとデンプンの粒が閉じていってしまうため、パンを購入して翌朝に食べる場合などはリベイクをして熱を入れてあげることでおいしいパンを食べることができます。そういった点では自宅で食べる際にはリベイクをするトースターも重要になってきます」(矢澤シェフ)とのこと。

リベイクしておいしく食べられる「すばやきトースター」、パン好きにとって必須ツールの予感です。

▶︎すばやきトースター

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事