美食家も太鼓判!トリュフべーカリーの〝白トリュフの塩パン〟って知ってる? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.09.01

美食家も太鼓判!トリュフべーカリーの〝白トリュフの塩パン〟って知ってる?

十数年前、広尾にはパン屋さんがあまりなかったのですが、その後続々と参入。最近では「広尾ベーカリー戦争」とも言われているんだとか。そのなかでも、群を抜いて人気なのが2020年3月にオープンした〝トリュフベーカリー広尾店〟です。広尾駅から徒歩1分という好アクセスもあり、平日でも大行列が絶えないお店。朝早くからやっているので、モデル撮影の朝食として買っていくことも多く、「なにこれ、美味しい!」と話題になることも。そこで今回は美食業界人も太鼓判を押す、絶品パンをリポートします!

Text:
川口ゆかり

パン屋激戦区の広尾で、群を抜いて人気な〝トリュフベーカリー広尾店〟

撮影現場に持っていくだけでアガる!と評判なのが〝トリュフベーカリー〟で一番人気を誇る「白トリュフの塩パン」です。公式サイトによると、カナダ産の一等粉を使用。マーガリンなどを一切使用せず、100%フレッシュバターのみで製造しているのだそう。


パンのなかには自家製トリュフバターを巻き込み、仕上げにトリュフオイルに白トリュフと塩をふりかけたという、なんとも贅沢なお品なんです。それでいて、1個¥180というプライスは地元のパン屋さんに匹敵するような良心価格。だからこそ、ここまで来て買う価値があるものだなと思ってしまうのです。


朝から「白トリュフの塩パン」を食べれば、幸せな一日の始まり~。手土産に渡しても喜ばれるかと。ワインやチーズにも合うことは間違いないし、このクオリティーでこの値段はまずない。広尾近辺で仕事があるときは、お店に立ち寄りこのパンを購入して、冷凍庫へストックが定番になっています。美味しいパンに目がない皆様、ぜひチェックを!

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事