「周りに迷惑かけないように」と言っていたら注意!その言葉、小さな子には危険かも!? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.12.07

「周りに迷惑かけないように」と言っていたら注意!その言葉、小さな子には危険かも!?

「親御さんに〝どんなお子さんになって欲しいですか?〟と問いかけると、〝人に迷惑をかけない人〟という回答がものすごく多い」と話すのはスクールカウンセラーでもあり、臨床心理士の吉田美智子さん。  しかしこの親の思い、子どもには伝わっていないらしいのです。

Tags:

子どもは迷惑をかけて育つもの

親はつい「周りに迷惑をかけないように」と口にしがちです。親の真意と、この言葉を受けた子どもはどう解釈しているのか、またこの言葉の危うさについてもみていきましょう。

「迷惑をかけないように」は都合の良い言葉!?

親がこの言葉を発するとき、「学校では先生の言うことを聞いてね」「お友達とは仲良くね」くらいの意味合いがほとんどではないでしょうか。しかし、ひとつひとつ伝えるのは大変なため、包括する言葉として『迷惑かけないようにね』は便利なんです。

子どもの解釈の仕方は?

この言葉を受けて、子どもたちは【困った時に助けてが言えない】【誰かに助けてもらう自分はダメなんだ】と感じてしまうこともあります。また、特に多いのは〝自分が親に迷惑かけてはいけない〟と心配することです。日々、自分が親にいろいろとお世話になっているのに、心配をかけてはいけないから言えない・我慢しないといけないなど自分なりの解釈をしていることが多いのです。『迷惑をかけてはいけない』と言う言葉は子どもを萎縮させてしまう危険性があります。

伝え方は具体的に

迷惑をかけない=心配なことがあるということだと思います。便利な言葉で終わらせず、その心配事を具体的に伝えてあげましょう。例えば、「今日は楽しみにしてた図工だけどテンション上がりすぎないようにね」「遠足は迷子にならないよう、いつも以上に先生のお話に耳を傾けてね」など、親が気になっていることを話してあげると、子どもも理解しやすいと思います。そして、親御さんにはぜひ、【子どもはそもそもひとりでは生きられない存在。周りの人にたくさん迷惑をかけて育ててもらう存在】と認識してもらえると、子どもたちも伸び伸びと成長できるのではないでしょうか。

画像/(C)Shutterstock.com

取材・文/福島孝代

あわせて読みたい
▶︎「私、過干渉になってるかも!?」と不安になったら読みたい親の心得
▶︎話を聞き終える前に「即行動!」な我が子。これって長所?短所?

画像ALT

臨床心理士

吉田美智子

東京・青山のカウンセリングルーム「はこにわサロン東京」主宰。自分らしく生きる、働く、子育てするを応援中。オンラインや電話でのご相談も受け付けております。
HP
Twitter: @hakoniwasalon

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事