「ノーカラーショートコート」はワーママに嬉しい”上品見え”と”脚さばき良好”が手に入る! 【今着られるライトアウター】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONアウター

2021.10.28

「ノーカラーショートコート」はワーママに嬉しい”上品見え”と”脚さばき良好”が手に入る! 【今着られるライトアウター】

展示会や店頭でいつになく目にする「ノーカラーのウールのショートコート」は肌寒い今の時季に最適。フォトTなど薄手のインナーに合わせて、ジャケット感覚ではおるのが洒落見えのポイントです!

忙しいワーママも即”上品にこなれる”、ウールの「ノーカラーショートコート」

この秋の展示会で編集部スタッフがよく見かけたのが「ウールのショートコート」。しっとりとソフトなウールに、いたってシンプルなディテールのノーカラーのものが、いつになく豊富です!

デザイン性の高いアウターは1枚でサマになるけれど、一方で似たような印象になりがちなのが難点。その点、ノーカラーのショートコートのようなシンプルなアウターは、インナーやボトム次第で表情も変幻自在です。腰までの長さは脚さばきが楽チンで、ワーママ的には、自転車での送迎の際に車輪の巻き込みの心配がないのが嬉しい!

特徴としてはクルーネックでややオーバーサイズのゆったりシルエットが主流。ドロップショルダーのなだらかな肩のラインがリラックス感を醸し、オンにもオフにもジャケット感覚でさっと羽織れるので、働く女性は1枚は持っておきたいアウターです。

しっとりとした肌触りがリッチに映える、ハウス オブ ロータス】のボクシーデザイン

驚くのがそのしっとりと柔らかい素材感。上質なウールが薄手ながら暖かく、そのきれいな落ち感がコーデを上品に仕上げてくれます。ボタンレスでディテールは両ポケットのみという潔さも高ポイント。やや黄味がかったアイボリーは顔写りも良いので、大人の女性こそ積極的に取り入れてみて。

コート¥66,000(ハウス オブ ロータス)   Tシャツ¥9,790(ティッカ)   パンツ¥30,800(トゥモローランド<バッカ>)   サングラス¥19,800(シック<エーディーエスアール>)   ネックレス¥415,800(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>)   バッグ¥137,500(アッシュ・ペー・フランス プレスルーム<ジャック・ル・コー>)   靴¥56,100(ザ・グランドインク<ロランス>)

毎日着たくなる! 大人気【アンクレイヴ】のノーカラー短丈コート

今どきのきれいめ服が揃うと評判の”アンクレイヴ”からも、気づけば毎日着てしまいそうなほど何にでも合わせやすいノーカラーのショートコートがお目見え。首が詰まったクルーネックで、好みで調整しやすいファスナー開閉。両サイドのパッチポケットが適度なカジュアル感を与えてくれます。

コート¥33,550(アンクレイヴ)   

【ギャルリー ヴィー】の上品なベージュは、特に通勤時に”映える”こと確実!

ウエストシェイプのないボクシーシルエットにワイドスリーブがそれだけで今っぽい”ギャルリー ヴィー”のショートコート。上品なベージュの色合いと顔まわりに抜け感をもたらすVラインは、大人の女性に嬉しいポイント。ラフに着流すほか、細ベルトでウエストマークをするとまた違った表情が楽しめます。

コート¥77,000(ギャルリー ヴィー 丸の内店 <ギャルリーヴィー>)

ネオクラシカルに仕上がる、ニアーニッポン】の千鳥格子柄

流行りのノーカラーのボクシーシルエットを千鳥格子柄でクラシカルに仕上げた1枚。一番上のボタンだけ留めるなど、ボタンの留め方で着こなしの幅が広がるのも魅力。

コート¥92,400(ユナイテッドアローズ 有楽町店<ニアー ニッポン>)

 

オンオフ問わずきちんとベースだけど、アウターはできるだけノーストレスで羽織りたい…という方に、ノーカラーのショートコートはうってつけ。ボクシーシルエットは中に着込んでも着ぶくれしないので、真冬でも活躍すること必至です。

●この特集で使用した商品の価格はすべて、総額(税込)価格です。

撮影/谷口 巧(Pygmy company/人物)、坂根綾子(静物)  スタイリスト/難波洋子 ヘア&メイク/RYO  モデル/菅原沙樹 構成/松崎のぞみ 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事