〝骨格スタイル分析 〟で知る!本当に自分に似合う服って!? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONおすすめワードローブ

2021.11.24

〝骨格スタイル分析 〟で知る!本当に自分に似合う服って!?

連載「エナジーブランディング」は、ブランディングコーチ大島文子が週イチでお届けするコラム。毎日を忙しく過ごすWEB Domani読者のエナジーチャージにお薦めしたい情報や商品を紹介します。今週は「骨格スタイル分析」について。自分の骨格タイプを知ることで、より似合う服やスタイリングを選ぶことができる人気の分析サービスです。文末に体験イベントも紹介していますのでぜひトライしてみてください。

Text:
大島文子(ブランディング コーチ)
Tags:

エナジーブランディング vol.23:
「骨格スタイル分析®」ってなに?

こんにちは。ブランディングコーチの大島文子です。皆さん「骨格スタイル分析」って受けたことありますか? ファッションを生業にしてきた私は「服は自分自身の経験値で着こなしていくもの」なんて考えていたのですが、年齢と共に「着たい服」と「着れる服」が異なってきて…。プロの私でも迷うのです。日常の中で服選びにそんな時間をかけたくない方、かけれない方にとっての「似合う服選び」の大変さを実感しています。

そんな時、旧知の斉藤彰子さんが「骨格スタイルアドバイザー®」として活躍していると知り、「骨格スタイル分析って何?」と疑問を持ってリサーチ&取材伺ってきました。

身体のさまざまな特徴から〝3タイプ〟に分類

骨格スタイル分析とは?との私の問いに、「骨格スタイル分析とは身体のさまざまな特徴をとらえて、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3タイプに分類した上で、その人の特徴に合うデザインと素材の洋服を導き出すファッションの分析手法です」と斉藤さん。診断表をもとに3つのパターンを説明してもらいました。

性格と同じで体型や骨格、肌質にも人それぞれ「個性」があり、自身のタイプを知ることでより似合う素材やデザインのお洋服と出会える。そしてよりスタイル良く、おしゃれに服を着こなすことが出来る分析・アドバイスが骨格スタイル分析だそう。

診断では実際に、肩やデコルテ、背中、腰、腕、膝、といった体の骨格に触れ、骨格のフレームワーク、身体の重心バランスや立体感、肌の質感、筋肉の付き方などをチェック。その上でストレート・ウェーブ・ナチュラルの3タイプ(中には2つのタイプの要素を持つミックスタイプも)を判断していきます。

3タイプの違いとは?

3タイプで何が違うのか知りたくて、私がこの秋から参加しているブランド「THE ME神宮前」にて、プレスの二挺木さんに各代表的アイテムを着てもらいました。

左から、ストレートタイプに似合うシングルのテーラードジャケットナチュラルタイプに似合うゆったり目のダブルジャケット、そしてウェーブタイプに似合うソフトボディコンシャスで着丈の短いノーカラージャケットです。同じパンツとインナーなのに、ずいぶん印象が変わります。

二梃木さんは「ウェーブタイプ」ということでしたが、確かに、ノーカラージャケットが一番キレイにバランス良く着れていますよね。

左の写真のコーディネートは仕事用には無難にまとまってはいますが、ちょっと固い印象。中央の写真は、このジャケットが厚手なのもあり、上半身が重く、ちょっとジャケットに着られてしまっている印象です。それらに比べ右のジャケットは全身バランスが軽快になり、しかも脚長にスタイルよく見えます。

「お仕事帰りのデート服」を相談

今回、斉藤さんにスタイリングアドバイスとして「お仕事帰りのデート服」を相談した二梃木さん。

ノーカラージャケットでこんなスタイリングをお薦め頂きました

伸縮性のある素材でデコルテにギャザーの入った コットンハイネックブラウスに、動くときれいなドレープが出る淡いピンクのワンタックストレートパンツを合わせて、彼女の可愛らしい、柔らかいイメージを引き立てました。そこに甘過ぎにならないよう、薄手で柔らかく、伸縮性の強いダークネイビーのストレッチ ジャケットを合わせて、コーディネート全体を引き締めています。

アドバイスを受ける前の服装

素敵だけど、デートやお出かけには斉藤さんのスタイリングの方が華やかで柔らかい印象になり、二梃木さんのお顔のイメージにも合っていますよね。実際、骨格スタイル分析には数10分の時間がかかり、お一人お一人の身体の細かい特徴をアドバイザーが慎重に判断していました。

同じ骨格タイプでも〝それぞれ違う〟スタイリングが

さらに同じタイプでも、その方の特徴によっておすすめする服の形や素材は異なってきます。 個々の好みやオケージョンもヒヤリングし、さらに流行も取り入れながら、お一人お一人に似合う、スタイル良く魅せるスタイリングをアドバイスしていきます。

お話を伺っていて「このタイプにはこの服」ではなく、着る方の似合うを探す分析だと実感しました。Domani世代にありがちな「私が似合うのはコレ」といった思い込み。そんな長年の経験を一旦横に置いて、骨格のタイプから導き出される服に袖を通してみませんか。本当に自分に似合う服に出会えることで、気分が上がったり、動きやすかったり、周りの人たちが褒めてくれたり…。

ファッションから得られる、そんなポジティブなエネルギー。骨格スタイル分析で、ぜひチャージしてください!

■骨格スタイルアドバイザー®による「骨格スタイル分析」を受けられる「THE ME」のセミオーダー体験会を11月28日(日) THE ME神宮前にて開催します。残枠僅かとなっていますが、斉藤彰子さんのアドバイスも受けれます。

「THE ME×骨格診断イベント」

「エナジーブランディング」関連記事

自分の体形に合う服って?|豊富なサイズ展開からセミオーダーできるブランド「THE ME」
ボイトレでアンチエイジング!? 【ミニー・P】さんのレッスン動画で〝誰でも〟歌ウマに

 

画像ALT

プロフィール

斉藤彰子さん

月刊総合女性誌のファッション・ファッション小物担当編集者、大手ISPのWEBコンテンツプロデューサー、会員制サービス事業の企画営業・広報宣伝責任者を経て2011年6月に株式会社ピアチェーレを設立。ジュエリーアクセサリーの展示販売会や女性向け各種ワークショップの企画運営、オーダー婦人服の接客販売のビジネスを展開している。骨格スタイルアドバイザー®の資格を取得後は、今までの知識と経験を活かして定期的にファッションアドバイスの催事を企画開催している。

大島文

ブランディング コーチ

大島文子

ファッションや百貨店、化粧品、ライフスタイル雑貨などのブランディング支援、PRや販促を中心に活動している。6年前に(株)ブルーム&グローという会社を起業。
Oggi.jpにて連載していた「ブランディング仕事術」はこちら

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事