Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.12.12

ユニクロ4作目となる〝エアリズム3Dマスク〟を1月1日に発売。さらなる進化がすごい!

ユニクロで人気のエアリズムマスクから、2022年1月1日(土)に性能と立体美を併せ持った「エアリズム3Dマスク」が発売されます。デザインを手がけたのはデザイナーの吉岡徳仁さん。そうです、東京オリンピックで聖火リレートーチのデザインを担当されたあの方なんです!そこで今回は気になる新マスクの全貌をひと足早くレポートします。

Text:
川口ゆかり
Tags:

飛沫の拡散もしっかりガードしてくれる高性能マスク

すっきりとしたシャープなフェイスラインが魅力の「エアリズム3Dマスク」ですが、優秀なのはデザインだけじゃないんです。表面と裏面に肌触りがなめらかなエアリズム生地、その内側に細菌や花粉などの粒子を99%カットする不織布フィルターが入った3層構造。ユニクロのマスクは第一弾の発売からすべて愛用していますが、肌あたりがなめらかに、より呼吸がしやすく進化した感じといいましょうか。

▲サイズはSからXLまで、カラーは白・ネイビー・ピンクの3色展開。(1パック2枚入り¥990)

ユニクロ エアリズム3Dマスク

これだけでも十分なのに、紫外線も90%カットしてくれる高性能過ぎる素材でできているんです。これでこのお値段はさすが。

ひと足早く試してみると……

ユニクロ エアリズム3Dマスク

特筆すべきは、マスクに初めてイヤーアジャスターがついたこと。ひもの長さを調節することでより顔にフィットして、ストレスフリーなつけ心地に。イヤーアジャスターのおかげで、長時間着用しても耳が痛くなりずらく、快適。これは感動レベル!

さらに筆者が共感したのは、サステナブルなマスクであること!

ユニクロ エアリズム3Dマスク

「エアリズム3Dマスク」は約20回の洗濯後も美しいフォルムと不織布フィルターの性能は持続するんだとか。マスク生活が日常となった昨今、サステナブルで快適って最強ですよね。2022年1月1日に子ども用と主人用も買い足す予定です!

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラム(yucarikawaguchi)も話題!

あわせて読みたい
▶︎マスク生活で凝り固まった表情筋をほぐしてくれる、ヤーマンのすごワザボール
▶︎快適で高機能な〝エリエール〟のおしゃれ不織布マスク

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事