1月1日【ユニクロ】新エアリズムマスク発売!新旧徹底比較 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.12.31

1月1日【ユニクロ】新エアリズムマスク発売!新旧徹底比較

新しいデザインになって、2022年1月1日より全国で販売される「エアリズムマスク3Dマスク」を試すチャンスがあったので、今まで愛用していたエアリズムマスクと比べてみました!

Tags:

大人気のユニクロのエアリズムマスク

不織布フィルターによるマスクの性能と、美しいフェイスラインを演出するシームレス仕様になった「エアリズムマスク3Dマスク」

デザインは、東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレーのトーチをデザインした吉岡徳仁氏。

まず違いを実感したのが、肌触り。不織布フィルターが内蔵されているので、ややカチッとした質感。これが3Dのような立体感を保つポイントでもあるのかな~でも、肌触りは全く問題なくソフトで、ごわごわして痛い…なんでことは全くなかったです!!

エアリズムマスク3Dマスクは3枚仕立て、エアリズム素材はインナーとアウターそれぞれに、中に不織布を包み込んでいる構造。

見た目はこれまでのエアリズムマスクと大きく変わらないかな~といったところ。今までのエアリズムマスクはちょっと小さめ、という表記がありましたが、今回のエアリズム3Dマスクにはその表記は見当たりません。

サイズ感はやや新しいエアリズムマスク3Dマスクのほうが大きめ、といったところでしょうか?私は両方Mサイズを着用しています。

一番変わったのなと感じたのが、イヤーアジャスター!
今まではアジャスターがないタイプでしたが、今回はフィット具合を好みで調整できるようになっていて、これはうれしい~

洗って繰り返し使用することができ、20回の洗濯後も「美しいフォルム」だけでなく「不織布フィルターの性能」が持続するのだとか。

今までは1パック3枚組だったのが、今回は2枚組で990円。カラーはホワイト・ネイビー・ピンク、サイズはS・M・L・XLで展開されています。

より美しい「立体美」と、不織布マスクの性能を両立したエアリズムマスク3Dマスク、ぜひチェックしてみてくださいね!

Domanist

福吉彩子

2児(男児・女児)の母。外資系企業で15年働き、独立。現職はフリーのマーケティングコンサルタント。メークセラピストの一面ももち、自宅でレッスンを行っている。「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2016」受賞者。
IG:https://www.instagram.com/fuku44aya

あわせて読みたい
▶︎ユニクロ4作目となる〝エアリズム3Dマスク〟を1月1日に発売。さらなる進化がすごい!
▶︎快適で高機能な〝エリエール〟のおしゃれ不織布マスク

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事