Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

WOMENバツイチわらしべ長者

2021.12.12

元夫とのLINEを浮気と勘違いした現夫が、出会い系サイトで浮気!〜まなかさんの場合Vol.5

「バツイチ」という離婚経験者たちは、ある意味、喪失を乗り越えてなお強く生きるサバイバー。幸せだった再婚生活に隙間風が吹いて来たとき、元夫と連絡を取ったら現夫に浮気だと勘違いされ…。まなかさんの物語、第5回。

Tags:

別れた夫とのLINEを見て嫉妬に狂った現夫の逸脱した行為とは

前回のお話▶︎再婚後幸せな家庭を築いたのに、義母が毎日家にやって来て…

再婚して幸せな日々を送っていたまなかさんですが、姑&小姑が家に通って来るようになり、ストレスが蓄積。ある日メニエール病で倒れて救急車で病院に運ばれることに。

まなかさん:それでも取り合ってくれない夫に嫌気が差してきたタイミングで、SNS経由で元夫のAから連絡が来たんです。実は、彼からは必ずいつか連絡が来るだろうと思って、再婚してからは携帯の番号やメアドをすべて変えていました。それくらい、今の家庭を壊したくないと思っていた。

それは、まなかさんが某SNSのアカウントを開設して約1ヶ月後のことでした。見知らぬ名前の男性からメッセージが届き、それがAさんだったのです。

まなかさん:彼は私を探すためにSNSに偽名で登録したと言っていました。そして「旦那さんとは上手くいってるの? 実は俺も結婚したんだよ」と。私の勝手で離婚したので、ずっと彼には申し訳ないことをしたと心配していたんです。だけど、Aも今の奥さんと上手くいっていなかった。

まなかさんの不倫が原因で離婚した元夫は、その後結婚する気にはなれず仕事ひと筋で生きていたそうですが、取引先の社長の娘さんに気に入られて猛アプローチを受けて再婚したといいます。お子さんも授かったけれど、奥さんの気が強く束縛もキツいことで、Aさんは疲れてしまったのだとか。

そんなこんなで、嫌いになって別れたわけではない元夫婦が、お互いのパートナーに不満を抱えた状態でSNSで再会したら、盛り上がるのは必然!? お互い昔の感情が蘇ってきてしまい、ついつい、LINEで頻繁にやりとりする仲に。まなかさんにとっては単なる息抜きのための関係で不倫するつもりなどなかったのですが、運悪くそのやりとりを夫に見られてしまったのです。

まなかさん:やましいことは何も起きていなかったのですが、それを見た夫は「浮気している!」と思い込んだみたいで、私に確認もしないままに、腹いせに出会い系サイトに登録して浮気してしまったんです。

さかい:え、浮気したことをまなかさんに伝えてきたんですか?

まなかさん:女性とラブホの写真をLINEで送りつけてきたんですよ。やってること、単なる構ってちゃんですよねえ(苦笑)。

嫉妬に狂った夫の逸脱した行為。それは浮気だけでは止まらず、さらにはまなかさんと友人とのLINEの会話をすべてスクショしたり、家での会話を盗聴したりするようになったのです。

結婚生活がこの後一体どうなるのか怖くてドキドキしてきましたが、長くなったのでその後の修羅場のお話は次回に続きます!

インタビュー・文

さかい もゆる

出版社勤務を経て独立。と思った矢先、離婚してアラフォーでバツイチに。女性誌を中心に、海外セレブ情報からファッションまで幅広いジャンルを手掛けるフリーランスエディター。著書に「やせたければお尻を鍛えなさい」(講談社刊)。講談社mi-mollet「セレブ胸キュン通信」で連載中。withオンラインの恋愛コラム「教えて!バツイチ先生」ではアラサーの婚活女子たちからの共感を得ている。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事