Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

WOMEN人生を考える

2021.12.14

マッチングアプリとは自分を映し出す鏡!?【シングルマザーの恋愛#3】

手っ取り早く出会いに繋げたいと手を出したマッチングアプリ。しかし、自分の情報を登録するという、初歩の場面でつまずき…傷つき…。結果、アラフォーシングルマザーから湧き出た想いとは。

Tags:

気軽にマッチングアプリに手を出したものの、大ダメージ(涙)

40歳を目の前にもう一度、恋愛に挑もうとしているシングルマザーのあおいあんです。前回は同じシングルマザーの友人と恋愛談義をし、マッチングアプリに登録するまで進展しました。

前回の話▶︎マッチングアプリに登録してみたけれど…【シングルマザーの恋愛#2】

さて、その登録したマッチングアプリですが…ママ友の言っていたことが納得というか、なんかそれ以上の言葉にならない気持ちが。アプリを試そうとしている人のためにも、いくつか書き留めておこうと思います。

当然ですが、自分のプロフィールを登録します。その項目を埋めていくのがツラかった。年齢や居住地など基本情報は全然構わないが、趣味や好きなものを記入するあたりから雲行きが怪しく…。というのも、母になってからは、なんでも子ども優先の毎日だったので、自分の趣味がわからなくなっていたからです。

「今の私には趣味もないんだなぁ…」

最後の方にはチャームポイントや似ている芸能人を聞かれて、もうお手上げ状態。

「私のチャームポイントは目で、新垣結衣ちゃんに似てます♡」

私にはそんなテンション絶対無理。

想像!?妄想!?を巡らせてしまい、一旦シャットダウン。

出会いの場が飲み会や合コンだった世代にとって、いきなりマッチングアプリは敷居が高かったんだ…

自分のスペックをさらけ出し、38歳シングルマザーの現実を直視させるプロフィール欄。こんなことまでして恋愛をしたいのか私?と自問自答してみるものの、答えなんか出るはずもなく…。誰から強要されたわけでなく、40歳を前にラストチャンスと自分で覚悟を決めたのだ。それに、恋愛モードにスイッチを入れるべく気軽に始めたことなのだから、そこまで重く感じることもない。ポチッと登録ボタンを押して完了。

まだ何も始まっていないのに情緒不安定な自分に気づき、もっとライトな気分でいたくアプリから1週間離れ、寝かせたところ意外な出来事が…!

次回に続く

画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘中。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事