Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く女性の生き方

2022.03.28

自分はこんなに弱ってたの?カレの言葉に涙が溢れる…【シングルマザーの恋愛#16】

シングルマザー歴7年、38歳の会社員あおいあんによる恋愛コラム。 カレの様々な面や考えを知るのが楽しい! そんな時間を過ごしていたはずが、あるひとつの話題からまさか自分が涙を流すことになるなんて…。毎週月曜19:00更新中。

Tags:

【登場人物】
あん(私)…メーカー勤務のシングルマザー。7年前に離婚し、実家に出戻り。38歳。
息子…生意気盛りの小学生。10歳。

Hくん…学生時代からの飲み友達。あんの恋愛復活に協力。
Rさん…Hくんと同じ会社に勤める42歳。結婚歴はナシ。

【前回までの話】
40歳を目前に控え、「私、このままシングルでいいの?」と、ふと我に帰った私。再度恋愛に挑もうとマッチングアプリに登録してみるも、目の前に立ちはだかる様々な現実に直面し前途多難。そんな折、学生時代からの友達HくんからBBQのお誘いが。参加した男性Rさんが気になり、再度Hくんと3人でご飯へ。Hくんの配慮でRさんと2人きりでカフェバーへ。

前回の話▶︎【シングルマザーの恋愛#15】息子に罪悪感を感じつつも、カレとドキドキの再会!

 

こんにちは、離婚後7年のブランクを経て、再度恋愛に挑戦しているシンママのあおいあんです。前回は友達のHくんと、ちょっと気になっているRさんとの食事会へ。二次会ではRさんと2人きりの時間を過ごすところまでお伝えしました。

二人きりの甘い時間のはずが一転、涙が止まらない

お互いに学生時代の話や、食べ物の好き嫌い、音楽に映画、好きな異性のタイプ…話は途切れることなく時間がどんどん過ぎていった。もちろん全てピッタリ相性が合うなんてことはなかったけど、お互いを知ることがこんなにも楽しいって、久しぶりの感情だった。相手の全部を知りたいと思った初恋の時みたいに、次々と質問が湧き出てくる。

しかし自分の親の話になった時、Rさんの表情がちょっと寂しげに見えた。BBQの時、「シングルマザーで育ててもらった」って聞いていたけど…。

(c)Shutterstock.com

Rさん「うちシングルマザーでしょ。母親には感謝してもしきれないほどだと思っているし、一生母の面倒を見続けるつもりなんだ」

なんて親孝行なんだろうと感動していたら

Rさん「そうなるとさ、結婚って現実的ではないのかな?と思ってるんだ。母と嫁、大切な人がふたりいたら、どちらかが絶対疎かになりそうで。しかもそこに子どもまでできたらと思うと…。だから無責任に彼女は作れないんだ」

私はシングルマザーになってからまだ7年。でも、Rさんは何十年と母子二人三脚で過ごしてきた。私と息子以上に強い絆があるんだと感じた。

私「すごいお母様を大事にしていて…」

と口にした途端、涙がポロッとこぼれ落ちた。「ごめんなさい。酔っちゃったかも」と照れ笑いをしてみたが、また一粒また一粒と涙が落ちる。

Rさん「あんちゃんもずっと頑張ってるんだよね」

そう言って、私の頭に軽く手を乗せると、Rさんは私を自分の胸に引き寄せた。元夫と結婚をしてすれ違いの日々や、ワンオペの苦労、離婚後ずっと強くあり続けなきゃと踏ん張ってきた。もちろん辛いことばかりではなかったけど、頑張ってきた自分を認められたような気がした。不意な言葉に涙が溢れるくらい、自分の心は疲弊し脆くなっていたんだ。

「そろそろ帰ろうか」Rさんの言葉で、ハッとなり胸から離れると「今日は充実した夜だったな」と言ってくれた。

お店を出て「今日はありがとうございました」と挨拶をすると、「またご飯行こうね」と言ってくれた。酔いは覚めていたはずなのに、帰り道の記憶はほとんどなかった。

画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘中。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事