Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

WOMEN人生を考える

2022.04.11

【シングルマザーの恋愛#18】気になるカレの過去が明らかに!!

シングルマザー歴7年、38歳の会社員「あおいあん」さんによる恋愛コラム。SくんからのLINEでRさんの元カノ話が! 〝彼女を作らない主義〟の裏にあるものとは? 毎週月曜19:00更新中。

Tags:

登場人物
あん(私)…メーカー勤務のシングルマザー。7年前に離婚し、実家に出戻り。38歳。
息子…生意気盛りの小学生。10歳。

Hくん…学生時代からの飲み友達。あんの恋愛復活に協力し、Rさん・Sくん・Oくんの3人を紹介。
Rさん…Hくんと同じ会社に勤める42歳。結婚歴はナシ。
Sくん…Hくんと同じ会社に勤める、バツイチ子なしの39歳。離婚理由は浮気。

【前回までの話】
40歳を目前に控え、「私、このままシングルでいいの?」と、ふと我に帰った私。再度恋愛に挑もうとマッチングアプリに登録してみるも、目の前に立ちはだかる様々な現実に直面し前途多難。そんな折、学生時代からの友達HくんからBBQのお誘いが。参加した男性Rさんが気になり、再度Hくんと3人でご飯をセッティングしてもらう。二次会ではRさんと二人きりになるも、涙を流してしまったあん。

前回の話▶︎【シングルマザーの恋愛#17】もしかして…何も始まってないのにフラれたってこと!?

 

こんにちは。離婚から7年経ち、「このままひとりでいいの?」と不安を抱いたシングルマザーのあおいあんです。40歳を目前に最後の恋愛に挑む中、気になるRさんとご飯へ行くも…。自分の気持ちを整理し寝ようとしたところ、SくんからLINEが届いたところまでお伝えしました。

元カノとの切ない別れを聞いて私の想いは…

LINEの相手はSくん。絶好のタイミングというか、最悪のタイミングというか。なんとも鼻の利く人だなぁ。

Sくん「こんばんは! 元気にしてる? Hから聞いたんだけど、Rさんとみんなで食事したんでしょ。俺、出張中で行けなかったんだ。あんちゃんに会えなくて残念」

ん!? あの食事会ってSくんも呼んでたの?と思いつつも

私「こんばんは。出張だったんですね。残念です」

得意のオウム返しで返信してみると

Sくん「出張は嘘だよ。ゴメン! Hから、あんちゃんとRさんどうかな?って相談受けたし。Rさん奥手だから大丈夫だったかな?と思って連絡したんだ」

あぁ、そうゆうことね。ってか、男子チームみんなグルってこと!? Rさんもみんながくっつけようとしていることを知ってる? なんだか思いもよらない展開になってきたんですけど…。

私「そうだったんですね。ありがとうございます。Rさんといろいろ話せました。でも彼女作らない主義なんですよね?」

思い切って聞いてみた。

Sくん「絶対彼女を作らないってわけじゃないと思うよ。Rさんの中で“お母さんの面倒を一生見る”というのは絶対なんだよね。多分それはどんなに好きな子ができたとしても、Rさんの中では変えることができないと思う。女子はお姑さんって厄介じゃない!? だったら最初からお付き合いしない方がお互い傷つけずに済むから、彼女作らない主義みたいになっているんだよ、きっと」

Rさんが言っていたことと同じ言葉が返ってくる。その先が知りたい!

私「そうなんですね。Rさん彼女で大変な思いでもしたのかな…」

と、つっこんでみると…。

Sくん「なんかね、社会人なりたての頃に付き合った彼女と10年続いたんだけど、結局お母さんのことで別れちゃったんだよね。10年も付き合えば自然と結婚の話になるじゃない!? その時の彼女は一人娘で、その子も親の面倒を見ていくと決めていたんだよね。Rさんと同じ考え同士だったんだ。大切なものは一緒だったのに、お互いひとりっ子で譲れずに別れたんだよ。あのRさんでも結構こたえたみたいで、一時期激痩せしたんだよね」

Sくん、教えてくれてありがとう。

私「そうなんだ。同じものを大切にできる人ってなかなかいないのに…。しかも10年も付き合ってたら、相当ショックだったろうな」

と、私が言うと、

Sくん「まぁ別れてからもう10年近くになるから、Rさんはその子のことはなんとも思ってないと思うよ。それに、アラフォーになって30代に感じた“結婚しないとヤバい”みたいな焦りがないのも、彼女作らない主義みたいに見えるのかもしれないね」

と、Sくん。確かに、未婚の30代男子って、25歳前後の第一次結婚ブームに焦る女子みたいな気迫を感じる。

私「じゃあ、Rさんはお母様と一緒に暮らすのが嫌じゃない人とだったら、付き合うのかな?」

Sくん「理屈からするとそうゆうことだよね。でも実際、お姑さんと暮らすって大変じゃない?」

私「うーん、どんなお姑さんかにもよるのかな。Rさん見てると、穏やかで丁寧な暮らしをしてそうなお母様だと思う。勝手なイメージだけど(笑)」

Sくん「そんな感じするよね。俺も会ったことがないから分からないけど。そこまであんちゃんがイメージできてるなら、またRさんとご飯行ったらいいよ!」

私「どうだろう…もうちょっと考えてみるね」

Sくん「うん、いつでも連絡してね! 俺もあんちゃんに会いたいし」

私「ありがとうございます! 頼りにしてます」

LINEが終わったのは深夜1時。本当なら眠くてたまらないはずの時間なのに、目が冴えて仕方なかった。

Rさんの元カノの話を聞いた時、ちょっと胸がチクッとした。10年もお付き合いして、お互いが親を大切に思い、同じ感覚を持っていたのに、別れを選んだ。その元カノが感じた迷いや切なさ、様々な葛藤を思うと辛くて…。

それを感じれば感じるほど、簡単にRさんを好きと言ってはいけないと思った。“お母様の面倒を見る”という覚悟や、女の子を二度と傷つけないと決めた思いは、自分が思う以上に大きい。両膝を抱えながら、ギュッと小さく小さくなって考えた。もう今日は答えが出ない。眠れないだろうけど、体だけでも休ませなきゃとベッドに潜り込んだ。

画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘中。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事