Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE夫婦・家族

2022.05.02

【シングルマザーの恋愛#21】まさかのLINE「既読スルー」にざわつく心。



シングルマザー歴7年、38歳の会社員「あおいあん」さんによる恋愛コラム。気になるRさんへ勇気を出してLINEを送ったものの、なかなか返事が返ってこない。ヤキモキする中、あんが思うこととは? 毎週月曜19:00更新中。

Tags:

登場人物
あん(私)…メーカー勤務のシングルマザー。7年前に離婚し、実家に出戻り。38歳。
息子…生意気盛りの小学生。10歳。

Hくん…学生時代からの飲み友達。あんの恋愛復活に協力し、Rさん・Sくん・Oくんの3人を紹介。
Rさん…Hくんと同じ会社に勤める42歳。結婚歴はナシ。
Sくん…Hくんと同じ会社に勤める、バツイチ子なしの39歳。離婚理由は浮気。

【前回までの話】
40歳を目前に控え、「私、このままシングルでいいの?」と、ふと我に帰った私。再度恋愛に挑もうとマッチングアプリに登録してみるも、目の前に立ちはだかる様々な現実に直面し前途多難。そんな折、学生時代からの友達HくんからBBQのお誘いが。参加した男性Rさんが気になり、再度Hくんと3人でご飯をセッティングしてもらう。後日、SくんからRさんの過去の恋愛話を聞き、それでももう一度会いたいと思いLINEを送る。

前回の話▶︎【シングルマザーの恋愛#20】アレっ!? 気になるカレを誘うのって、どうすればいいんだっけ?

 

こんにちは。再び恋愛に挑戦している、シングルマザーのあおいあんです。前回は、気になるRさんにお誘いのLINEを送るところまでお伝えしました。

好きだの惚れたの言うアラフォーはキモい!?

LINEを送ってから、「既読」がついたか何度もチェックし、ソワソワが止まらない私。そんないつもと違う私を見て、息子が「今日何かあるの?」と突っ込んできた。

私「何もないよ。仕事の連絡が来るはずなのに、なかなか来ないからどうしたのかなぁと思って」

あぁ、小さな嘘をついてしまった…。シンママは既婚者じゃないから恋愛をするのは自由。でも母親が恋愛を始めてしまうと、子どもに嘘をつく時がくるだろうと思っていたから、踏み出すのに躊躇していた。案の定、自分の気持ちを隠すため誤魔化してしまった。子どもに「嘘はついちゃダメ」と耳にタコができるくらい言っているのにね。親って理不尽だな。

嘘をついてしまった罪滅ぼしというわけにはいかないかもしれないが、今日は息子のためにもスマホをいじるのはやめよう。マーベルに夢中の息子と一緒に、これで何度目ですか?と聞きたくなるほど見た「アイアンマン」の映画を一緒に観て夜がふけるのを待った。

息子が寝た後、そっとスマホを手に取りLINEを開いてみる。Rさんの「既読」はまだついていなかった。色々な不安や、想いをつのらせて送ったメッセージ。早く見て欲しいような、やっぱりスルーして欲しいような…。

すぐに既読がついてしまったら、それはそれで焦ってただろうし、ちょっと肩透かしな感じもするが、のんびりな感じがRさんらしいとも思えた。

次の日の朝、息子の手前すぐにLINEをチェックはせず、通勤時にLINEを開いてみた。「既読」のマークはついてたが、返信はなかった。まさかRさんが「既読スルー」をするとは思えないが、やっぱりシンプルにちょっとショックは気持ちにはなる。

これ以上、自分からLINEを送るほどの勇気も積極性もない。返事が来ることをただただ祈るだけ。こんな切ない気持ちになるのはいつぶりだろう。相手にも同じ気持ちでいて欲しい、また会いたい、その手に触れてみたい…。

離婚後、シングルマザーになり、誰かを好きになるなんて考えられなかった。24時間365日息子のために生きてきたから。そもそも、元夫の不倫が発覚した時点で「いい年した大人が好きだの、愛してるだのいうこと自体が気持ち悪い」と思っていた。そんな元夫を反面教師として、私は息子に対して“誠実な親”でいたいと思った。それなのに…。

もちろん私の場合、不倫ではない正当な恋愛だけど、今の私は息子に対して誠実な親なのだろうか。LINEの返事ひとつでこんなにも想いが募るほど、Rさんを好きになってしまって本当にいいのだろうか。考えても答えなんか出ないことは分かってる。でも考えずにはいられない。

シングルマザーの恋愛って、恋心で苦しいのか、子どもへの罪悪感で苦しいのか訳がわからなくなってきた…。

画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘中。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事