Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.05.26

おしゃれプロの【ユニクロ】技がこんなにすごかった!?

もはや国民的ブランドですが。シンプルだしベーシックだしアイテム数も多いし、「とりあえず無難」「だれにでも似合う」と思っていませんか? いやいやユニクロこそ、選びと着こなしにセンスがもろバレするんです! 最上級におしゃれに着るコツ、教えてもらいました。

Tags:

ユニクロを最上級におしゃれに着るために!おしゃれプロたちがしていること

ユニクロだからこそ!〝オールホワイト〟でまとめる!

「常に憧れはあるものの、汚さないか、失敗しないか…。実践するのに意外と勇気が必要な〝オールホワイト〟。でも安価で上質なユニクロの白なら、気軽にトライできるんです。〝オールホワイト〟という配色自体、絶対的に上品でリッチに見える組み合わせなので、さらに値段がバレずに着こなせる(笑)、という相乗効果も!」(モデル 渡辺佳子さん)

スマートにはける仕掛けが詰まった白デニムを主軸に

〝女性らしくはけるボーイフレンドジーンズ〟がコンセプトの白デニムは、ボディラインを拾わない、絶妙なストレートシルエットが自慢。さらに深めの股上がヒップをすっぽり包み込むので、白でも膨張せず、すっきりはけるのがうれしい。白いスキッパーブラウスを合わせて、トレンド感の香る着こなしに。パンツ『ハイライズボーイフレンドフィットジーンズ』¥2,990(UNIQLO)ブラウス¥29,000(アマン〈アンスクリア〉)バッグ¥14,800(フラッパーズ〈メゾン ヴァンサン〉)手に持ったサングラス¥21,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉)靴¥14,800(ウォッシュ 二子玉川ライズ店〈ステファノ ガンバ〉)

ユニクロだからこそ!〝キャッチーな小物〟で盛る!

「余計なデザインのない、シンプルさがユニクロの真骨頂。小物で遊びたいときに最適です。まるで白米のように(笑)どんな味付けでも受け入れる度量があるから、ちょっと攻めた小物使いだって、自分らしくなじむのがいいんです」(エディター 吉川 歩さん)

派手小物のトリプル使いも、ユニクロシンプルなら上品にまとまる

やわらかなハイゲージニット×セルビッジデニムを、柄スカーフ、シャイニーバッグ、赤い靴で盛って。この遊び心がワンランク上のおしゃれを叶えてくれる。ニット『コットンカシミヤVネックセーター』¥1,990・パンツ『ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ』[メンズ商品]¥3,990(UNIQLO)ピアス¥20,000(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店〈エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山〉)〝マニプリ〟のスカーフ¥18,000・〝ネブローニ〟の靴¥46,000(フラッパーズ)バッグ¥41,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)

ユニクロだから!こそ〝Uniqlo U〟のTシャツを主役に!

「あらゆるブランドのTシャツを試してきた、〝自称・Tシャツマニア〟の私が感服したのがこちら。タフで肉厚なコットン素材と、洗いざらしたようなカーキの色味はたまりません。この値段でこのハイクオリティは、さすが〝Uniqlo U〟!」(スタイリスト 難波洋子さん)

ハンサムなTシャツをタイトスカートで引き締めて

クリストフ・ルメール率いるデザインチームがディレクションする〝Uniqlo U〟。ヘビーウエイトのコットンを100%使用したメンズTシャツは、リラックス感のあるシルエットに惚れる。〝Uniqlo U〟のTシャツ[メンズ商品・一部店舗とオンラインストアで販売]¥1,000・〝UNIQLO〟のブルゾン¥5,990(UNIQLO)スカート¥6,900(チャオパニック 新宿店〈チャオパニック〉)ネックレス¥18,000(アトリエ ニノン)バッグ¥101,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)靴¥22,000(ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店〈ファビオ ルスコーニ〉)

ユニクロだからこそ!思いきり〝トラッド〟にまとめる

「ユニクロの服って、デザインがスタンダードでつくりもいい。その長所を最大に生かすなら、全体をトラッドにまとめることで雰囲気が出てかっこよく着られると思います。今ならどこかにゆるいシルエットを取り入れて、〝余裕を感じるトラッド〟に仕上げたいですね」(モデル 小濱なつきさん)

つくりのいいトレンチは、さらりとはおるだけで絵になる

コートはハリのある生地ながらも、ストレッチ入りでストレスフリーな着心地。シワになりにくく、雨に強いポリエステルブレンドの生地に改良されたばかり。コート『トレンチコート』¥7,990(UNIQLO)カットソー¥8,800(ビショップ〈ORCIVAL〉)パンツ¥16,000(ピーチ〈ミューニック〉)メガネ¥40,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)時計¥17,000(Jouete)バングル¥25,000(HEMT PR〈ノース ワーク〉)バッグ¥60,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥80,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈ロベール クレジュリー〉)

ユニクロだからこそ!〝旬色ボトム〟と合わせる

「季節や流行を問わずいつでもベーシックなアイテムが手に入る、ユニクロの安定感って素晴しいですよね。そんな〝ユニクロベーシック〟を軸にすれば、トレンドの派手色ボトムもいい具合に中和されて、自分らしく着こなせる。だから、大人がトレンドに挑戦するときこそ、ユニクロはなくてはならない存在です」(モデル 渡辺佳子さん)

着慣れたボーダーで、ピンクパンツを軽やかに

難易度が高そうなピンクのパンツも、シンプルなボーダーTシャツを合わせると、好感度の高いリアルスタイルに。下着は見えないけれどネックラインは美しく見える、という絶妙な開きのボートネックが、女らしくて洗練された印象に導く。Tシャツ『ボーダーボートネックT』¥1,500(UNIQLO)パンツ¥37,000(FUN Inc.〈VONDEL〉)イヤリング¥8,000(ヴァンドームブティック 銀座三越店〈ヴァンドームブティック〉)バッグ¥11,800・時計¥22,000・ストラップ[付け替え用]¥6,000(NOJESS)靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

おしゃれプロ6人に教えてもらいました!

スタイリスト

三好 彩さん

本企画をはじめ、表紙や特集ページなどを担当する人気スタイリスト。長年のユニクロラヴァーで、特に『スマートスタイルアンクルパンツ』はプレスルームで「三好パンツ」と呼ばれる程の(笑)、愛用品。

モデル

小濱なつきさん

スタンダードで絶妙にメンズライク。私服のセンスもきらりと光るなつきは、ニットやTシャツなど、ユニクロらしさを存分に味わえる〝THEベーシック〟なアイテムを頻繁に購入。

エディター

湯口かおりさん

本誌のファッションから読み物まで、ジャンルを超えて携わるベテランエディター。ユニクロのグレーやネイビーのアイテムを大人っぽく、シックに着こなすテクニックに定評がある。

モデル

渡辺佳子さん

ハイブランドから古着まで巧みにMIXする佳子は、「いいものを見極める」のが群を抜いてうまい人。肌触りがいいか、高く見えるかetc.ユニクロでは生地感にこだわって選んでいる。

スタイリスト

難波洋子さん

ニュアンスカラー使いが得意な、こなれ系スタイリスト。プチプラが魅力のユニクロでは「安さに惑わされない」のが信条で、コーディネートを具体的にイメージした上で購入している。

エディター

吉川 歩さん

今っぽくてクリーンな着こなしにファンも多い、ファッションエディター。自他ともに認めるユニクロ好きで、白Tシャツは定期的に買い替えるMyベーシック。忙しいときはECを活用。

Domani4月号 『ユニクロをおしゃれに着る人、着られない人』より 本誌取材時スタッフ:撮影/前 康輔(人物)、佐藤 彩(静物) スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小濱なつき 撮影協力/Pho 321 Noodle bar、Daylight Studio Nakameguro 構成/今村紗代子


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事