Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2022.07.14

【午後のくすみ肌】をパッと晴らす秘訣は…|40代のメイク崩れ対策



冷房による乾燥や冷え、長時間デスクワークで午後になると肌がどんより…。そんな悩みを持つ大人肌を一気に晴れやかにリカバリーするカギは2つのアイテムのダブル使いにありました。

Tags:

【40代の午後くすみ】を解決するには「ベージュハイライト」と「ピーチチーク」が両方必要

朝のメイクで透明感のある肌にしても、午後になるとくすんでしまう…。年代問わずに多い悩みでくすみ対策としてハイライトやチークを足すのは一般的ですが、40代になるとどちらかひとつではなく、ハイライトとチークの両方が必要になります。さらに、どの色を使うかも重要なポイント。その理由をヘア&メイクアップアーティストの佐伯エミーさんに伺いました。

大人肌のくすみ晴らしに必要なのは「自然なツヤ」と「ニュアンス血色感」

「40代のくすみをメイクでカバーする場合、明るさだけでなく血色感も必要です。ハイライトは肌に透明感を呼び込みますし、チークは血色感にかかせないので、両方使う必要があるんです。また、メイク直しでくすみをカバーしたら『メイクが濃くなった』という失敗はないでしょうか? その失敗を防ぐには色選びが肝心で、ハイライトは自然なツヤが出るベージュ系、チークは赤みと黄みのバランスがいいピーチ系がおすすめです。クリームチークを使うことで粉っぽさがなく肌に溶け込むような自然な発色になります」

ブラウス¥25,300(ビームス 公式オンラインショップ〈デミルクス ビームス〉)リング¥33,000(ワームス ルミネ新宿店〈ルフェール〉) ピアス(スタイリスト私物)

 

佐伯エミーさん流 【午後のくすみ肌お直し術】はこの2STEP!

STEP1. ピーチチークを広めに入れる


ピーチカラーのクリームチークを指にとり、手の甲で2〜3度トントンとなじませてから頰へ。目尻の下の“頬骨の一番高いところ”から小鼻の手前あたりまでサッサッととのばしたら、トントンしながら広げてなじませます。チークの前にミスト化粧水を肌に吹きかけてティッシュオフすると余分な皮脂やファンデが取れ、保湿できるのでチークの色がキレイに出せます。チークの後にルースパウダーやフェイスパウダーをサッとのせると、より自然な血色肌に。

STEP2. ベージュハイライトを頰骨〜黒目の下へ


目の下がくすむと老けて見えたり、疲れて見えます。ベージュハイライトをサッとのせることで柔らかな光を味方につけることができ、イキイキとした印象になるのです。ブラシにハイライトをとり、手の甲で2〜3度トントンとなじませたら目尻の下の“頰骨の一番高いところ”からスタート。頰骨に沿って黒目の下あたりまでブラシを動かしたら軌道を少し下にしてリターン。ほんのりツヤが出る程度でセーブし、ハイライトを入れすぎないように気をつけましょう。

40代のくすみ直しにおすすめのチーク&ハイライト

ニュアンス発色で失敗しにくい【ピーチ系クリームチーク】

ローラメルシエ チーク オサジ クリームチーク
(右)保湿成分たっぷりでスキンケアのようになめらかな感触。薄膜で密着し、のばすとサラサラになります。PK3は甘さや白っぽさを抑えたヘルシーなピンクカラーで大人肌に自然な血色感を宿します。ローラ メルシエ ティンティド モイスチャライザー ブラッシュ PK3 ¥3,410 
(左)微細なホワイトパールが入ったピーチカラーで、血色感に加えて濡れツヤもプラスできます。チークだけでなく目元やリップにも使えるマルチユースで、しっとり感がありながらもベタつきのないつけ心地。オサジ ニュアンス フェイスカラー 08 ¥2,750

柔らかなツヤと肌なじみのよさが魅力の【ベージュ系ハイライト】


▲(右)非常に細かいパウダーで肌に繊細なツヤをもらたす名品。ほのかにピンクみを帯びた色で、ツヤだけでなく華やかな雰囲気も加わります。ツヤがしっかり出るので初めて使うときは少量ずつ使うのがおすすめ。NARS ハイライティングパウダー 5220 ¥4,950
(左)多彩なパールで温もりのあるツヤをさらりとまとえるカラー。肌にのせるとシルバートーンの輝きがやや強くなり、クリアな透明感が欲しい人にぴったり。アディクション ザ ブラッシュ ニュアンサー 001N ¥3,300

●この特集に使用した商品の価格はすべて、総額(税込)価格です。

撮影/向山裕信(vale./人物)、黒石あみ(静物) ヘア&メイク/佐伯エミー スタイリスト/柿原陽子 モデル/樋場早紀 構成/片山幸代

画像ALT

ヘア&メイクアップアーティスト

佐伯エミーさん

美容誌をはじめ、様々なジャンルのヘア&メイクを手がけ、女優やアーティストからも指名を受ける。流行りのメイクを独自に分析し、その人に似合うメイクを提案することが得意。また、スキンケアや美容ツールの指南役としても活躍。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事