Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE夫婦・家族

2022.06.27

ママ友に教えてもらった、シングルで育った子どもの心境とは?【シングルマザーの恋愛#29】



シングルマザー歴7年、38歳の会社員「あおいあん」さんによる恋愛コラム。自分のエゴや息子の成長に戸惑い、シングルファザー育ちのママ友Jちゃんに相談。矢継ぎ早に飛んでくる言葉が心に刺さる。【毎週月曜19:00更新中】

Tags:

登場人物
あん(私)…メーカー勤務のシングルマザー。7年前に離婚し、実家に出戻り。38歳。
息子…生意気盛りの小学生。10歳。

Hくん…学生時代からの飲み友達。あんの恋愛復活に協力し、Rさん・Sくん・Oくんの3人を紹介。
Rさん…Hくんと同じ会社に勤める42歳。結婚歴はナシ。
Sくん…Hくんと同じ会社に勤める、バツイチ子なしの39歳。離婚理由は浮気。

【前回までの話】
40歳を目前に控え、「私、このままシングルでいいの?」と、ふと我に帰った私。再度恋愛に挑もうとマッチングアプリに登録してみるも、目の前に立ちはだかる様々な現実に直面し前途多難。そんな折、学生時代からの友達HくんからBBQのお誘いが。参加した男性Rさんと無事付き合うことになったが、そのことを息子にどう伝えるか悩む日々。

前回の話▶︎【シングルマザーの恋愛#28】息子の成長は素直に嬉しい!でもその反面困ったことも!?

 

こんにちは。シングルマザー歴7年目にして、念願の彼氏ができたあおいあんです。前回は会社から突然の出張を告げられるも、こっそりデートの約束をしたところまでお伝えしました。

「自分のせいにしないで!」ママ友Jちゃんの言葉が心に刺さる

今回は出張へ行く前にママ友とランチをした時のお話。そのママ友、Jちゃんは子どもの頃両親が離婚し、当時では珍しい男手一つで育ったとのこと。(ちなみにJちゃん自身は素敵な旦那様&3人の息子たちと幸せな家庭を築いてる)

私に彼氏が出来たことを伝えると、自分ごとのように喜んでくれたJちゃん。

Jちゃん「本当によかったね。年齢的にもピッタリだし、すぐ結婚しそう! ん!? 息子くんは知ってるの?」

BBQで息子とRさんの面識があることは伝え、

私「でもまだ付き合っていることは言ってない…。なんて言えば息子が傷つかないか考えるんだけど、そんな言葉はないんだよね。自分の母親に彼氏が出来たっていう事実自体が衝撃だもん」

Jちゃんは食い気味に、

Jちゃん「それ全然感じないよ! シングルで育った子どもとして言うけど、一緒に暮らしてる親が幸せになってくれるのが一番なんだよ。自分のために我慢しているとか、幸せになっちゃいけないんだとか思うの全然間違ってる!! 子どもからしたら”私のせいにしないで!”って感じ。いらない心配だね」

おしゃべり大好き、チャキチャキ系のJちゃんらしく、私の悩みもバッサリ切ってくれた。確かに、”息子のため”と最もな言い訳を掲げれば、いろんなことから逃げられるんだよね。心が痛い…。

Jちゃん「あんちゃんのことだから、罪悪感とか感じているんだと思うけど、子どもはママが笑っているのが一番だから。特に小学生のうちはね。例えばさ、子どもは別で遊んでて、あんちゃんがテレビ見て笑ったとするじゃん。ママの笑い声を聞くとすぐ子どもって寄ってこない? もちろん面白いテレビが見たいのもあるけど、楽しそうなママが好きだから寄ってくるんだよ」

そう言うと、ウェイターさんを呼び、秒で食べ終えた食器を下げ食後のコーヒーを頼んでいた。確かに私が笑うと、息子は「なになに~」って必ず近寄ってくる。

Jちゃん「そりゃいきなり彼氏できた!って言ったらビックリすると思うけど、あんちゃんが幸せそうな笑顔で段階踏んで伝えたら、逆に喜んでくれると思うけどな。ちなみに、私のお父さんもずっと彼女とか作らず育ててくれたけど、中学生になったら彼女作って紹介してくれたよ。正式に紹介される前に、やっぱり何度か遊んでもらった記憶はあるかな。別に私のお母さんになるわけではないし、お父さんのことよろしくお願いしますね~って感じだったなぁ。父親と娘、1対1の生活だったから、離れていく寂しさというよりちょっと解放感あったかも」

私「親が思うほど、子どもは重く感じないってことか」

Jちゃん「そうじゃない? 親は子どもに対して責任があるって思って接してるけど、子どもは親に対して責任感じてないでしょ。それに大きくなればなるほど、親よりも友達や学校の優先順位が上がるから、恋人ができたくらい大したことないかも。病気になった!って言われた方が自分はこの先どうしたらいいの?この世の終わり!ショック!!って感じるんじゃない」

Jちゃんのスパッと言い切ってくれる話に、頷くことしかできない私。

Jちゃん「もう休憩終わるから行くね。またなんかあったらLINEして。大丈夫だよ、あんちゃんの息子いい子だし、信じてあげてね。じゃあね~」

とランチ代を置き、笑顔で去っていったJちゃん。いつも風のように現れ、嵐のように去っていくから別に構わないんだけど、今回のランチは怒涛だったな。

でも、Jちゃんに話を聞いてよかった。幸いなことに!?私の両親は離婚していないから、離婚した子どもの気持ちを体験したことがない。でもJちゃんは息子の気持ちが分かるはず。

Rさんのどこに惹かれて付き合うことになったか。息子に申し訳ない気持ちで話すのではなく、好きな人ができる喜びを伝えてあげようと思った。

画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘中。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事