Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2017.08.28

スタイリスト奥野友佳のこの秋、デニムはこう着回す!【前編】

「この秋、アラフォー女子に似合うデニムスタイルって?」悩ましいこの質問に、スタイリストの奥野友佳さんがずばりお答え!たとえばお仕事モードから解放されて、週末しかできないスタイルを思いきり楽しむなら、いつものコンバースのかわりに、今日はあえてヴァンズのハイカットで、大人の裏原的スケートボーダーカジュアル!?に。デニム¥13,000 (リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)〉) “MAIAMI”のカーディガン¥54,000・〝MASTER & CO″のTシャツ¥8,800(TOMORROWLAND) バッグ¥99,000(ピエール アルティ 東京〈ピエール アルディ〉) ベルト¥24,000(インデアン・クラフト) 靴¥7,500(VANS JAPAN〈ヴァンズ〉) 靴下¥1,000(Tabio) ファーストール¥19,000(ハルミ ショールーム〈アンリアル ファー〉)  眼鏡¥34,500(オプティカルテーラー クレイドル 青山店〈Christian Roth〉) 帽子¥8,900(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) バンダナ/私物

Tags:

この秋、アラフォーに似合うデニムとは!?

ここでいきなり質問です!この秋、いや今この瞬間、アラフォー女子がはくべきデニムとは!?ぴたぴたのスレンダーだと大人的に痛いし、かといってちょっと前のボーイフレンドデニムだとややゆる過ぎて、今の気分じゃない・・・。そう!そうなんです、この秋、大人の私たちがはきたいデニムは、美脚とかトレンドとかそういったスタンスではなく、もはや自分の肌の一部!?みたいな“なじみ感”“雰囲気感”が最重要ポイント。けっして無理せず、頑張らず、なんとなく大人がわかって着てる感じの、そんな究極の一本を探して、スタイリスト奥野友佳さんがたどり着いたデニムとは?

今回、着回した究極の一本はこれ!

シンプルでクラシックなストレートという基本のき、に立ち戻りつつ、ヴィンテージラインからインスピレーションを得た、股上がやや深めのハイライズや、ポケット周辺のひかえめなほつれ加工で、もともといい感じにほんのり古着っぽくリメークされてるから、古着はマニアックすぎて自信がないというアラフォーも、安心してそれっぽく着られる。ウエストとヒップの適度なゆとり&肌なじみのいいフィット感で、ストレスフリーなはき心地も大人女子に優しい。切りっぱなしのすそは、そのまま伸ばしてはいたり、ロールアップさせたりと着こなしの幅も広め。論より証拠、今回、この一本を徹底的に着回します!

デニム“WEDGIE STRAIGHT LASTING IMPRESSION”¥13,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)〉

【着回し1】抜き襟Gジャン×デニムでいい女スクールガール風に

 


一見スタンダードに見えて、でも実は襟開きが広め&身ごろも少しゆったりめだから、抜き襟シャツっぽくも着られるGジャン×デニムで、もはや定番のデニム・オン・デニムスタイル。真っ赤なチェックのベストを、トラッドやアメカジじゃなく、大人の女っぽく着るには、アクセや足元で女度を盛りめにするのが、アラフォー的ポイント。

デニム¥13,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)〉)  Gジャン¥59,000(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)  ベスト[スカートとセット価格]¥11,000(verandah)  ノースリーブTシャツ¥8,900(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)  バッグ¥114,000(TOMORROWLAND〈BERTONI 1949〉)  靴¥93,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)  サングラス¥38,500(オプティカルテーラー クレイドル青山店〈Megane and ME〉)  ネックレス&イヤリング[セット価格]¥345,000 (アビステ)  ベルト/私物

【着回し2】都会のアラフォーパリジェンヌはこの秋、グレー押し!

 


今年の秋、アラフォー的にひさしぶりに着たいグレー。グレーニットにデニム、の今までのベーシックに、ポン!とキャミソールブラウスをレイヤードするだけでフレンチシックに。大人の週末デートスタイル、だとすると、やっぱり隣にたたずむ男性は、シンプルなニットにリーバイスの501にスエードのローファー・・・みたいな、大人男子でいてほしい。

デニム¥13,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)〉) ニット¥30,000・ストール¥16,000(スローン) Tシャツ¥19,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉) キャミソール¥24,000(FACETASM) Gジャン¥49,000(レスプラスデザイン〈MW〉) バッグ[白]¥78,000(MCM ギンザ ハウス アイン〈エムシーエム〉) バッグ[ベージュ]¥2,900(原宿シカゴ 表参道店) 靴¥154,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) サングラス¥26,000(バーバリー アイウェア〈バーバリー〉)  ネックレス[長]48,000・[短]¥45,000(チェルキ〈ルーナ〉) 時計¥98,000(スウォッチ グループ ジャパン(Hamilton〉)  ピアス/参考商品(アビステ)

【着回し3】ビール片手にゆるーくレイドバックした大人フェスカジ

 


ローリング・ストーンズのツアーTにムートンのベストにハットと、一見やる気いっぱいに見せておきながら、がんがん盛り上がっているというよりは、後ろのほうでゆるーく、気だるーくビール飲んでます的な感じの大人フェススタイル。ここにビーサンじゃなく、ファーのスリッパサンダルというのが『SATC』のキャリーっぽくてかわいい。

デニム¥13,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)〉) ムートンジレ¥98,000(ミュラー オブ ヨシオクボ) Tシャツ¥1,900(原宿シカゴ 表参道店) ベルト¥21,000(ボウルズ〈ハイク〉) バッグ¥12,000(アディダスグループお客様窓口〈アディダス オリジナルス〉) 靴¥142,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 帽子¥35,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) サングラス¥58,000(オプティカルテーラー クレイドル 青山店〈DITA〉) ネックレス[長]¥72,000・[短]¥6,000(インデアン・クラフト) バングル[上]¥80,000・[中]¥88,000・[下]¥80,000(インデアン・クラフト)

【着回し4】日焼けしたヨーロッパマダムが昼シャンを楽しむ感じ!?

 


イメージ的には、アラフォーというよりむしろアラフィフ!?の金髪を通り越して、もはや白髪!?のいい感じに枯れたマダムが、昼間からゆったりくつろいでる雰囲気。カーキのワークコートに、ベビーピンクのキャミの中に黒キャミを重ねて女っぽくしたら、竹かごバッグに厚底サンダル+ソックスでちょっとおたくっぽく、が大人の遊び心。

デニム¥13,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)〉) コート¥17,000・サスペンダー¥3,900(verandah) キャミソール[ピンク]¥41,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) キャミソール[黒]¥6,900(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉) バッグ¥18,000(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉) 靴¥155,000(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 靴下¥900(Tabio) スカーフ¥10,000(コロネット〈エアロン〉) 眼鏡¥19,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) ネックスレス¥43,000(チェルキ〈ミッレ〉)

【着回し5】’80年代のマドンナの再来!!的オールデニムスタイル

 


もしも若き日のマドンナが今、デニムを着るとしたら!?ボウタイブラウスにGジャン、カチューシャまで、あえてのオールデニムミックスに、うさぎチャームのMCMをミュージシャンっぽくがつんと効かせて、マドンナ的ポップカルチャーの現代的解釈。グッドガールとバッドガール、トラッドとセクシー、すべてが混ざり合ったこの感じが今っぽい。

デニム¥13,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス(R)〉) Gジャン¥5,900(原宿 シカゴ店) デニムブラウス¥26,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) カマーベルト¥11,000(DES PRES丸の内店〈DES PRES〉) バッグ¥118,000・キーホルダー¥51,000(MCM ギンザ ハウス アイン〈エムシーエム〉) 靴¥81,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 靴下¥700(Tabio〈靴下屋〉) カチューシャ¥15,000(CA4LA ショールーム〈Jennifer Ouellette〉) サングラス¥17,000(ジースター インターナショナル〈G-Star RAW〉) ブローチ¥90,000(アビステ)

撮影/John Chan スタイリスト/奥野友佳

【SHOP LIST】

アディダスグループお客様窓口 0570-033-033
アノア 03-3408-6690
アビステ 03-3401-7124
インデアン・クラフト 03-3586-3737
ヴァリアス ショールーム  03-3475-4920
ヴァレクストラ・ジャパン 03-3401-8017
VANS JAPAN  03-3476-5624
MCM ギンザ ハウス アイン  03-5524-7177
オプティカルテーラー クレイドル 青山店 03-6418-0577
オンワード樫山 03-5476-5811
CA4LA ショールーム 03-5775-3433
カレン ウォーカー ギンザ シックス店  03-3572-6155
ギャラリー ミュベール  03-6427-2162
ゲストリスト 03-6869-6670
コロネット(エアロン、エリザベス アンド ジェームス) 03-5216-6516
ザ シークレットクロゼット六本木  03-6721-1155
シック 03-5464-9321
ジースター インターナショナル 03-6890-5620
スウォッチ グループ ジャパン(Hamilton) 03-6254-7371
SUPER A MARKET  03-3423-8428
スローン 03-6421-2603
セルジオ ロッシ カスタマーサービス  0570-016600
Tabio  03-6419-7676
チェルキ 03-6418-6779
ツル バイ マリコ オイカワ  03-6826-8826
DES PRES 丸の内店  0120-983-533
TOMORROWLAND  0120-983-511
トッズ・ジャパン 0120-102-578
原宿シカゴ 表参道店 03-3409-5017
ハルミ ショールーム  03-6433-5395
バーバリー アイウエア  03-3514-2948
ピエール アルディ 東京 03-6712-6809
beautiful people 青山店 03-6447-1869
FACETASM  03-6447-2852
ブルーベル・ジャパン(ファッション事業本部) 03-5413-1050
ブロッブリミテッド 03-5772-3071
verandah  03-6450-6572
ボウルズ 03-3719-1239
ミュラー オブ ヨシオクボ  03-3794-4037
ミラリ ジャパン(ミュウミュウ、レイバン) 03-3514-2950
リーバイ・ストラウス ジャパン  0120-099-501
リーボック アディダスグループお客様窓口  0570-033-033
リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007
レスプラスデザイン 03-3780-1481
ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン 0120-957-940

『スタイリスト奥野友佳のこの秋、デニムはこう着回す!【後編】』では、さらにデニムを着回します。

 


Read Moreおすすめの関連記事