いい女っぷりが上がると評判です!グラデコーデはなじませの白がポイント | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.09.19

いい女っぷりが上がると評判です!グラデコーデはなじませの白がポイント

白なんてあたりまえ、でもだからこそ白使いがうまい人ほどシンプル上手に。逆転の発想の配色バランスや、小さく効果的に効かせるなど、もう一度白を見直そう。

Tags:

グラデーションスタイルはーー「白」を優しくなじませる

配色が織りなすまろやかさが、パンツスタイルの好感度を上げる

白トップスにベージュパンツという夏の仕事スタイルは、定番ながらややマンネリ感があり。そこで上下の配色を逆転させてみると…、途端に新鮮な印象に! 面積の大きなワイドパンツは真っ白すぎないクリーミーな色味を選ぶことで、女性らしいやわらかさが出る。パンツ¥37,000(essence of ANAYI〈LES COYOTES DE PARIS〉)ブラウス[スカートとのセットアップ]¥13,000(PLST)ネックレス¥50,000(カオス表参道)時計¥17,000(コモノ東京〈コモノ〉)バッグ[小]¥28,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)[大]¥17,000(カレンソロジー青山〈トーマス メイソン〉)靴¥95,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

[Gradation × White 01]白トップスではなく、白ボトムを選ぶ

白トップス×ベージュボトムは、好感度が高く、頼ることが多い組み合わせ。一方で慣れ親しんできた分、つい既視感がある印象になりがち。配色を上下で逆転させてみることで、新鮮かつ都会的な雰囲気が漂います。

ホワイトデニムが、夏らしい軽やかさを運んでくれる

ホワイトデニムは、センタープレスの細身シルエットできれいめな印象をキープ。トップスは、ベージュのジャケットとモカベージュのタンクトップでさりげなく濃淡をつけると、着こなしに奥行きが生まれる。パンツ¥29,000(essenceof ANAYI〈NOTIFY〉) "SERGE de bleu〟のジャケット¥29,800・"MARIHA〟のネックレス¥205,000(ショールーム セッション)タンクトップ¥29,000(コロネット〈エアロン〉)イヤリング[フープ]¥15,000・[チャーム]¥14,000(アガット)時計¥23,000(エイチエムエスウォッチストア 表参道〈モックバーグ〉)ブレスレット¥245,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈スピネリ キルコリン〉)バッグ¥172,000・靴¥60,000(JIMMY CHOO)

[Gradation × White 02]カジュアルな白Tシャツに、クラシカルなパールという発想

白Tシャツに白のパールネックレスという真逆のテイストをミックスすることで、休日だけでなく通勤アイテムとしても定番化している白Tシャツに、品のいい女らしさが漂って。

首元の上品なテリ感が、小気味いいアクセントに

ややオーバーサイズの今どき白Tシャツには、ロングタイプのパールネックレスを気負わない気持ちでつけるのがグッドバランス。ネックレス¥46,000(ハスナ表参道本店〈ハスナ〉)Tシャツ¥10,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)スカート¥21,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)時計¥61,000(アガット)バッグ¥41,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

[Gradation × White 03]足元の白で、着こなしがパッと明るく

ライトグレー~ブルーの流れるようなグラデーションを、気持ちよく仕上げるのが靴の役割です。白フラットのクリーンさを味方につければ、瑞々しい印象に!

絶妙なグラデーションを遮らない、濁りのないマットな白フラット

足元が暗いと、鮮度が落ちて一気に残念な印象になってしまうグラデーションスタイル。足先までの流れを崩さずに、全体を明るく仕上げるために投入したいのが、白い靴。きれいめなフラットシューズが使いやすい。靴¥22,000(ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店〈ファビオ ルスコーニ〉)シャツ¥23,000(サザビーリーグ〈フランク&アイリーン〉)タンクトップ¥12,000(タトラス ジャパン〈ヴィルーム〉)スカート¥48,000(カレンソロジー青山〈マディソンブルー〉)イヤリング¥3,300(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥64,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

[Gradation × White 04]アースカラーを老けさせない、白ジャケットの着映え力

辛口さが魅力のアースカラーの装いにも、なじませる白が効果絶大。リネン素材のダブルジャケットをラフにはおることで、フレッシュさが生まれます。

上下で重ねたリネン素材で、夏らしくリズミカルな装いに

カーキのタンクトップ×サンドベージュのリネンショートパンツというキレ味のあるアースカラーの着こなしに、爽快な白ジャケットが生き生きとした表情を加える。さらに大きめのバッグなど面積の大きな白を重ねることで、色のもつさわやかさが存分に発揮されて。ジャケット¥34,000(LOUNIE/ルーニィ)タンクトップ¥4,538(バナナ・リパブリック)パンツ¥22,000(アルアバイル)眼鏡¥28,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)バッグ¥59,000(ハリス代官山店〈ドラゴン〉)靴¥141,000/オーダー価格(ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

[Gradation × White 05]白レースで、ハイトーンスタイルを表情豊かに

フラットな印象になりがちのハイトーンの着こなしに、フェミニンなレースで奥行きをつけることで、のっぺりしない立体的なグラデーションスタイルが完成します。

シンプルでも華がある! まさに理想的なパンツスタイル

ライトグレーのシックなワイドパンツに、フェミニンな白レースブラウスを合わせて。テイストや素材感が異なるアイテム同士の組み合わせが、シンプルな着こなしに豊かな表情を生む。ブラウス¥20,000(アルアバイル)中に着たキャミソール¥8,500(リーミルズ エージェンシー〈ヴェイル〉)パンツ¥32,000(ebure)バングル¥88,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈アグメス〉)バッグ¥172,000・靴¥88,000(JIMMY CHOO)

[Gradation × White 06]顔の近くで、白に白をレイヤード

白シャツに白ニットを肩がけすることで、顔回りに〝白〟が重なり、クリーンなイメージが倍増します。こんな「もっているけど、意外とやっていなかった」ベーシックアイテム同士の組み合わせに、今すぐ挑戦を!

シャツとニットの素材感が異なる白が、ダブルでレフ板効果を発揮

白シャツにベージュタイトは、キャリア女性の鉄板コーディネート。白ニットを肩がけするというひと手間で、見慣れた着こなしに新鮮味が加わり、シンプル上手が叶う。シャツ¥20,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉)ニット¥3,694(ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス〈ベルシュカ〉)スカート¥16,000(エリオポール代官山〈エリオポール〉) イヤリング¥12,000(ヴァンドームブティック 伊勢丹新宿店〈ヴァンドームブティック〉)眼鏡¥64,000(DITA 青山本店〈トムブラウン アイウェア〉)時計¥140,000(栄光時計〈モバード〉)バッグ¥122,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)靴¥8,800(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈ル タロン〉)

[Gradation × White 07]〝ゆるっと長く〟が、今どきの白の使い方

今の気分にちょうどいい「ストイックさのない白」を体現してくれるのが、シャツワンピース。前を開けてアウター代わりにはおることでパンツスタイルが今年仕様にアップデートされ、さわやかで気持ちのいい空気感が漂います。

白のシャツワンピースで、夏のワンツーコーデをもうひと盛り

白で包み込むことによって、ピンク~ベージュのフェミニンなグラデーション配色の洗練度が高まる。はおりにしたワンピース¥38,000(ザ・リラクス)カットソー¥8,900(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉)パンツ¥13,800(ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店〈ユナイテッド トウキョウ〉)ネックレス¥17,000(マユ アトリエ〈マユ〉)バッグ¥96,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)靴¥81,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

Domani2018年8月号『「白」を制する者が夏を制す!』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/水田 学(NOSTY) スタイリスト/三好 彩 ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/中村了太(3rd) モデル/小泉里子(本誌専属)、Nao 撮影協力/デロンギ 表参道、京橋エドグラン 構成/岩附永子


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事