神崎恵さんが語る、「大切な人たち」の存在【「神崎恵」という不器用な生き方】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN美しい女性には美しい物語がある。

2018.11.07

神崎恵さんが語る、「大切な人たち」の存在【「神崎恵」という不器用な生き方】

42歳、美容家。フォロワーもアンチもいる常に話題の人。それが神崎恵さん。そんな彼女に本当に知りたいことを質問! 母で、妻で、女でもあり続けるその実像と本音に迫ります。

Tags:

嫌いと言われていることは知っている。その上で、マイナスな意見は〝見ない〟。
大人なら、大切な人たち以外とは、一定の距離をもつべき。

本を書き、美容家としてお仕事をいただけるようになってすぐのころ、ネットで名前を検索すると、あらゆる意見が飛び込んできました。「おばさんなのに気持ち悪い」「痛い」「母親なのに」といったトゲのある意見…最初は心を痛めていたけれど、あるとき「自分を幸せにするのは自分だ」と気づきました。

アンチの意見をぶつけてくる人は、私のことを幸せにしてくれるわけじゃない。そうわかったら、前だけを向けるようになったんです。私の本を待ってくれる人、好きだと言ってくれる人、そんな大切な人たちが、どうしたら喜んでくれるかだけを考えて、仕事をすることができるようになりました。


シャツ¥36,000・グレーパンツ¥49,000(ビューティフルピープル 銀座三越〈beautiful people〉)シルバーピアス¥12,000・ボリュームリング¥38,000(エナソルーナ神宮前本店〈エナソルーナ〉)オニキスリング¥58,000(タトラス&ストラダ エスト青山店〈トム ウッド〉)細ブレスレット¥25,000(ロードス〈ザ ボーイスカウツ〉)メガネ¥67,000(DITA 青山本店〈トムブラウン アイウェア〉)

Domani2018年9月号『「神崎恵」という不器用な生き方』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/YUYA SHIMAHARA スタイリスト/石関靖子 へア&メーク/赤羽麻希(joemi by Un ami) 構成/山梨智子(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事