足元は「輝いていればなんでもOK」は危険信号!〝コンサ婆さん〟にならないための華やぎ靴は?【キラキラコンサ婆さんの場合 第1回】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションお悩みなかったことに

2018.11.19

足元は「輝いていればなんでもOK」は危険信号!〝コンサ婆さん〟にならないための華やぎ靴は?【キラキラコンサ婆さんの場合 第1回】

服はおしゃれなんです! ちゃんとトレンドを取り入れているし、平日は働いているから基本、きれいめ。そんなコンサバ寄りのアラフォーさんに多いのが、足元だけ残念な人。 そこで、靴のせいで〝婆さん化〟している4タイプをクローズアップ。他人事だと思っているあなたも、片足突っ込んでるかも⁉

Tags:

イタさに気づかぬ〝キラキラコンサ婆さん〟ってこんな人!

結婚式やレセプションで見かける、足元までキラキラしてる人! 小さなビジューやラメがちりばめられた華奢なサンダルに、艶のあるストッキング(キラキラワンポイント付き)を合わせている人は、間違いなく〝キラキラコンサ婆さん〟です。

イベント服には「カラースエードパンプス」くらいがちょうどいい

特別な場所だからといって、全身キラキラさせなくていいんです。結婚式 サンダルの検索結果に出てきがちな華奢サンダルは、アラフォー女子にとっては、とっくの昔に賞味期限切れ! 大人は、ディテールではなく色で華やかさを出すのが得策です。さらに秋冬は、素材感のあるスエードパンプスがおすすめ。
靴[ヒール7.5cm]¥22,963(銀座かねまつ6丁目本店<銀座かねまつ>)

おしゃれな人は同系色スカートに合わせてます!

カラーパンプスというと、シンプルな服のアクセントに使うイメージが強いですが、同色系でなじませるのも素敵。艶のあるピンクのプリーツスカート×鮮やかなピンクパンプスのように、同系色でグラデーションをつくると上手くいきます。そんな大人の華やぎコーデ、全身バージョンは、また明日の記事で!

イラスト/村澤綾香 撮影/田中麻以 スタイリスト/渡辺智佳 構成/木戸恵子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事