4年連続アジアNo.1シェフが作る!タイ・バンコクの「emoji」料理を味わってみた!【年間100日トラベラーが本当は教えたくないおすすめレストラン】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2018.11.05

4年連続アジアNo.1シェフが作る!タイ・バンコクの「emoji」料理を味わってみた!【年間100日トラベラーが本当は教えたくないおすすめレストラン】

「アジアベストレストラン50」で4年連続1位に輝いているタイ・バンコクのガガンのお料理って!?自称グルマンなアラフォー(イケメン)ライターがガガンでディナーしてきちゃいました♡

Text:
Keisui Suzuki
Tags:

タイ・バンコクで味わえる4年連続1位の味

旅の醍醐味と言えば、その土地ならでの野菜やスパイスなどの素材・食材を使ったお店で食べるお食事だったりしない!?私は確実にそうなんだけど、ふらっと入った店があたりの時もあれば、ハズレの時もあったり…。私は、「1 town, 1 best restaurant(1つの街で1つのいいレストランに行く)」と決めていて、旅の前にはしっかりリサーチすることにしているの。

そんな時に参考にしているのは、ミシュランガイドやゴ・エ・ミヨに、やっぱり欠かせないのが「アジアベストレストラン」なの。そのアジアベストレストランでなんと4年連続1位になっているのがバンコクのガガン!4年連続1位なんて、本当に快挙よ、快挙!ちなみにワールドベストレストラン2018では、なんと5位よ♡

気になるメニューの1部を紹介!

そんな世界に誇るアジアNO.1のお料理をいただいてきちゃったのでみんなにもおすそ分け!

▲ウニを乗せたシャーベット!中にはちょっとした隠し味があって意外な組み合わせ。

▲えのきと緑の豆を合わせた前菜。もう見た目も芸術的!

▲鳥かごのようなケージに入ったお料理が・・・中には↓

▲なんとチキンが!!!もうギャグセンスがすごい、すごいよガガン!

▲フィンガーフードサイズのホットドッグ♡下に敷いてあるワックスペッパーもホットドッグのデザイン入りでもうキュンキュンでしょ?

ガガンと言えばこのメニューデザイン

もちろん、他にもすごいメニューが目白押し!この日は25品ものメニューが登場。そして、ガガンを象徴するのはこのメニュー表記!

まさかの絵文字なの!emoji です。とってもキュートでしょ!この絵文字にちなんだメニューが出てくるのよ。もうこれだけでもワクワクでしょ?

そしてね、なぜこんなにこのレストランを推すかって言うと、2020年には無くなってしまうという噂なの!ガッビーン(古)じゃない!?ガガンのシェフ、ガガン・アナンド氏は2020年にはこのレストランを閉めて新たな挑戦をしたいと公言。噂では日本の福岡に新しくお店を出すのでは、と世界中のフーディーたちが行く末を見守っているのよ。私ももちろんその1人なんだけど、どうせなら無くなってしまう前のオリジナルの状態を楽しみたいじゃない!?

なので、バンコクに行く際にはそのチャンスをDon’t miss itよ!!私なら、「タイでこの味を絶対(タイ)食べたい(タイ)」ってわがまま言って彼に連れて行ってもらいタイ!

Keisui Suzuki

アラフォー独身GAY。とある上陸系バーガーレストランのPRマーケを経て、フリーランスPR・SNSディレクターの傍、こうしてエディター業もこなし、今や年間100日以上は旅をしているデジタルノマド。独G(自)の目線で物事をご紹介していきます。keisui

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事