毎日ニボシを連投するインスタグラマーに「なぜ?」をぶつけてみたところ… | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2018.11.26

毎日ニボシを連投するインスタグラマーに「なぜ?」をぶつけてみたところ…

白地の上にポツンと置かれた〝ニボシ〟。ニボシを横から眺めたり、上から眺めたり…アングルを少しずつ変えながら、ひたすらニボシをポストし続けるniboshismさん。「くだらない」と思いつつ、見ずにはいられない中毒性の高いインスタです!

Text:
Keiko Kido
Tags:

ジーッと見つめていると、だんだんかわいく見えてくる!?

ある日は横から、ある日は上から。全身カットが多いものの、たまに体だけだったり、頭だけだったり…。普段、意識することのない〝にぼし〟をひたすらポストし続けるniboshismさんに、渦巻く「なぜ?」をぶつけてみました。まずは被写体に〝にぼし〟を選んだ理由を教えてください!「普段から写真は撮っているのですが、2年ほど前、たまたま家に大量のにぼしが届き、それを『撮ってみよう』という瞬間があって。すべてはそこから始まりました」


祝日には突然鯛が現れる!〝めで鯛〟を見つけた人にはラッキーなことがおこる…かも!?

 

毎日インスタを見ていると、突然鯛が現れる日がある。気まぐれなのかと思いきや、祝日のみ鯛が出現することが判明。〝めで鯛〟ってことなんですね! そんな謎の多いアカウントを開設されて、周りの反応はいかがですか?「友達や同僚に『こういうアカウントをやっている』と言うと8割の方は引きますね。『大丈夫? なんか悩んでることあるの?』みたいな目で見られます。残りの2割は面白がってくれます」このインタだけを見ると確かに「だれがやってるんだろ…大丈夫かな」と若干心配になりますね…「私自身については意図的に出さないようにしているので、純粋に写真を楽しんでいただけると思います。『なぜにぼしを撮っているのか』という質問は今までもよく受けましたが、余計な情報になってしまうので、あまり詳細には語っていません。写真を見て感じることは人それぞれだと思いますので」昨年、写真展を開催されたようですね。「西荻窪の画廊で試しに4日間ほど写真展を行いました。アカウントで告知したところ、フォロワーさんが会いに来てくれました。私はフォロワーさんのインスタアカウントを見ていたりするので、その人の顔を知っているけれど、会いに来てくれる方は私の顔を知らないという、とても不思議な写真展になりました」

〝にぼしアート〟はアジアでも大人気!

フォロワーが2万7千人もいらっしゃいますが、いつごろからぐっと増えたのでしょうか?「昨年末くらいからでしょうか。Twitterでバズッてから、いろいろなサイトで紹介されるようになり、劇的に増えました。日本テレビの『ZIP!』でも紹介していただき、その後、韓国、中国、タイ、マレーシア、インドネシアなどのメディアでも取り上げていただき、フォロワーの波が南下していくのがわかりました。特に、台湾人のフォロワーさんが多く、全体の3割近くを占めています。逆に欧米のフォロワーは少ないですね。〝にぼし〟を食べ物と認識できる文化圏の方がフォローしてくれているのだと勝手に分析しています。〝にぼし〟を知らない国の人は、単なる干からびた魚を載せている頭のおかしいやつだと思うかもしれません」馴染みがあるようでその姿をしっかりと見つめたことがなかった〝にぼし〟。アートという形であの〝にぼし〟に接する日が来るとは思いもしませんでした!

@niboshism

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事