脱イライラ!「カウンセリングを受けたら怒らないようになった」【犬山紙子のワーキングマザー一年生】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2018.11.22

脱イライラ!「カウンセリングを受けたら怒らないようになった」【犬山紙子のワーキングマザー一年生】

「イライラしやすいのは性格だから? カウンセリングを受けて感じたこと」について語ります。コラムニスト犬山紙子さんが赤裸々に語るワーキングマザー生活。

Tags:

ワーママ2年目にしてイライラ爆発! カウンセリングを受けてみたら…

私は今、カウンセリングに通い始めました。というのも元々イライラしやすい性格で、結婚時に夫とうまくやっていくためにも怒るのをやめようと心を入れ替えても、余裕がなくなるとダメ。生理前は特にイライラが募り理不尽に怒ったり、家事育児と忙しい夫に「あれができてない」とか指摘してしまうということが最低でも月1であったからです。 これまでは性格だからしょうがないとあきらめていたのですが、いや、あきらめるのは早くないか? と。世の中には理不尽に怒らない人もたくさんいるのに、自分はなぜ理不尽に怒ってしまうのか。そして、夫からするとたまったもんじゃないだろうし(ちなみに正当な理由での怒りは、大切な感情だと思います)。

イラスト/犬山紙子

これまでもアドラーを読んだりアンガーマネジメントを勉強したのですが、それもだめ。「自分」の怒りはどういう理由で湧いて、どうやって対処すべきかがちゃんと納得できていないと行動に移せないんですよね。 それならばプロに見てもらおうと、カウンセリングを受けたのであります。元々カウンセリングにハードルはないほうでした。海外ドラマをみて「あー海外の人って夫婦喧嘩とかでカジュアルにカウンセリングを利用してるなー」と感じ、それってすごく良いことだなと。関係を良くするには第三者がいたほうが良いし、そもそも体のことはプロに任せるのだから、心だってプロに診てもらうのが良いんですよね。 カウンセラーは友人からの口コミと著書を読んで、この人だ! と決めました。で、話してみるとほんと自分で自分のことわかってなかったんだなーと。  

2回カウンセリングしてもらい、心理テストもやったのですが、私の怒りはどうやら「認めてほしい」「甘えたい」という気持ちをうまく出せずにいて溜まり、それが「怒り」という形で噴出しているようで。確かに怒りながら「こんなに頑張ってるのに、私のこと褒めてくれない!」とか言うし、甘えたいけど上手に甘えられたためしもないし。というか、そもそも甘えるってなんだろうという感じです。 で、それらが溜まると思いっきり怒っているようです。怒りのきっかけはあくまできっかけにすぎず(確かにいつもしょうもないことだった……でも、しょうもないことを他のものとつなげて重大なものにすり替えていた……)。 夫にも「私が怒り出したらそれは甘えたいってことだから、甘えてるの? と聞いて欲しい」とシェア。そして「自分のことが好きかどうか」なんてこれまで考えたことがない、というか自分が好きって感情が理解できないので(みんなそんなものだと思っていた)、寝る前に「今日は夫に怒らないで過ごせたぞ、そういう自分が好き」とその日の良い行いを思い浮かべて考えるということも始めました。

で、今のところ驚くほどに効果が出ていまして。すごく忙しいはずなのに、これまで怒っていたことも無理せず怒らないようになってきています。カウンセリング、もっと早く受けていれば良かったーーーーー! ! そんなわけで、もし何か悩みを抱えている方がいましたらカウンセリング、おすすめします(もちろん信頼できるカウンセラーさんで! 資格や経歴、初回の丁寧さなど吟味してください)。これまでで一番良いお金の使い方だったかもしれないくらい。女性たちが忙殺される今の時代、カウンセリングがもっとカジュアル化したら良いなと思ったのであります。

私、子ども欲しいかもしれない。/¥1,300 平凡社「子供は欲しいけど、実際どうなの?」出産前の犬山さんが育児体験者の話を聞いて、〝どうしよう〟をとことん考えた「出産・育児」のリアル。母親の本音が炸裂です!

コラムニスト

犬山紙子

1981年生まれ。『負け美女』(マガジンハウス)でデビュー。人間観察の名手として注目を浴びる。ユーモアあふれる表現で女子の生態をつづった著書多数。2017年1月に出産、一児の母に。オフィシャルLINEブログやインスタグラム@inuyamakamikoでも日常を発信中。

Domani2018年10月号 新Domaniジャーナル「ピッカピカの! ワーキングマザー一年生」 より
本誌取材時スタッフ:イラスト/犬山紙子  構成/佐藤久美子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事