Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.11.23

【今さら聞けない】〝プレミアム〟ってどんな意味?〝プレミア〟との違いとは

〝プレミアム〟と聞いて、どんな意味を想像しますか?「プレミアム」には、日常的に使われているものから、外国為替用語や株式市場用語として使われているものまで、いくつかの意味があります。今回は「プレミアム」の意味や「プレミア」との違いも併せてご紹介します。

Tags:

【目次】
「プレミアム」の意味とは?
「プレミアム」と「プレミア」はどう違う?
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
対義語にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「プレミアム」の意味とは?

「プレミアム」には日常的に使われているものから、外国為替用語や株式市場用語として使われているものまで、いくつかの意味があります。代表的なものをピックアップして紹介します。

1:「高級な」「上等な」

日常的によく使われる「プレミアム」の意味のひとつが「高級な」、「上等な」です。 通常の商品やサービスに比べて、ランクが上だったり、上質だったりすることを意味します。「プレミアムカード」や「プレミアム会員」、「プレミアムシート」などが、この意味からできた言葉です。

2:チケットなどについた割増料金

2つ目の「プレミアム」の意味が、本来の価格から上乗せされた割増金のことです。数が少ない、手に入りにくいなどの理由で希少価値がついていることを「プレミアムがつく」といいますよね。この表現は、単に「レアなもの」として思われがちですが、本来は「(レアなもののため)割増金がつく」という意味です。

3:景品や懸賞の商品

商品についてくる景品やおまけの商品のことを「プレミアム」といいます。「プレミアムセール」という言葉であれば景品つきの販売のこと、「プレミアムキャンペーン」といえば、 景品がついたキャンペーンのことをさします。

4:為替や株式における差額や超過額

為替や株式をする方は聞いたことがあるかもしれません。「プレミアム」の意味として、外国為替や株式市場において、ある額面を超えた金額のことをいいます。

外国為替市場でいえば、先物相場が直物相場よりも高い場合の差額のこと、株式市場においていえば、買収される企業の買収価格と純資産との差額のことをさします。ちなみに、買収における「プレミアム」は「のれん代」ということもできます。

以上が代表的な「プレミアム」の意味ですが、これ以外にも「通貨や株式などのオプション取引における権利料」や「保険料」という意味もあります。

「プレミアム」と「プレミア」はどう違う?

「プレミアムがつく」、「プレミアがつく」は違いがあるのか、いざ聞かれるとよくわからないですよね。ここでは、「プレミアム」と「プレミア」の違いをしっかりと解説します。

「プレミア」の意味は2つあります。1つ目は、「プレミアム」の略です。しかし、先ほど解説した「プレミアム」の全ての意味において当てはまるわけではありません。

「プレミアム」の略として使えるのは、2つ目の意味の「割増料金」と、3つ目の意味の「景品や懸賞の商品」のみです。ですので、「チケットにプレミアムがつく」を「チケットにプレミアがつく」と言い換えることができます。

プレミアム

 2つ目の意味は、「プレミアショー」の略です。「プレミアショー」とは、映画や演劇などにおける一般公開の前の試写会のこと。語源である英語の「premier」が、「第1位の」や「最初の」という意味なのです。また、世界で最初に作品をお披露目する試写会のことを「ワールドプレミア」といいますよね。これも、「最初の」を意味する「プレミア」から来ている言葉です。

使い⽅を例⽂でチェック

すでに解説した「プレミアム」の4つの意味を、それぞれ例文を交えて紹介します。すぐに使える表現ですので、覚えたら早速使ってみてくださいね。

プレミアム

1:「今日の夜はちょっと奮発して、プレミアムビールを飲もう」

頑張った自分へのご褒美や記念日などには上質なものを味わいたくなるものです。「プレミアムビール」は通常のビールに比べ、素材を厳選し、製法にもこだわっているなど、上質なビールのことをいいます。ビールだけではなく、「高級な」「上質な」という意味合いで、「プレミアムなディナー」や「プレミアムなレストラン」などとも使えます。

2:「おばあちゃんからもらった切手は希少価値が高いため、持っているだけでプレミアム感がある」

「プレミアム」の使い方として「プレミアム感」という表現もできます。こちらは「プレミアム」の2つ目の意味「割増料金」のこと。希少価値が高いため、本来の価格より高く売れる場合に、そうした商品を持っていると、特別感があるということを意味しています。

3:「週末限定で、化粧水を買うとミニサイズの美容液がプレミアムとしてついてくる」

こちらの「プレミアム」は、3つ目の意味「景品」のことをさしています。おまけと言い換えることもできるでしょう。注意したいのは、商品を購入したり、サービスを利用したりしていないのに、無料でついてくるものは「プレミアム」とはいわないということです。

4:「今回の買収では、時価総額の30%の買収プレミアムが支払われた」

この例文は超過額のことをさしています。企業買収において、時価総額よりも上乗せされて買収された場合、その差額のことをプレミアムといいます。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?

いくつか意味がある「プレミアム」について、似た言葉を見ていきます。意味によって類語・言い換え表現も変わりますので、それぞれチェックしてください。

プレミアム

1:ハイグレード

「上等の」や「高級な」を意味する「ハイグレード」は「プレミアム」の類語といえるでしょう。一般的なマンションより、デザインやサービスにこだわったマンションのことを「ハイグレードマンション」、新機能や高い性能を備えた商品を「ハイグレードモデル」といいます。

2:割増金

ある金額に対して、何割かを増した金額をさす「割増金」も、「プレミアム」の言い換え表現です。「プレミアム」=「割増金」とピンとこない場合も多いので、シンプルに「割増金」と言った方が相手に伝わりやすいかもしれませんね。

対義語にはどのようなものがある?

「高級な」や「割増金」を意味する「プレミアム」について、それぞれの対義語を紹介します。対義語を知ることで、より「プレミアム」について理解が深まります。

1:ノーマル

「高級な」を意味する「プレミアム」。「普通の」という意味の「ノーマル」は、「プレミアム」の対照的な言葉として使えるでしょう。

2:ディスカウント

割増料金の反対の言葉は、値引きなどを意味する「ディスカウント」です。外国為替でも、先物相場が直物相場より高い場合を「プレミアム」といい、低い場合を「ディスカウント」といいます。

英語表現とは?

「プレミアム」の英語表現は、「premium」です。「premium」は、「賞品」や「割増金」、「上等な・上質な」「高価な」という意味の英語です。額面以上のことを「at a premium」と表現することができます。

英語は、日本で使われるうちに、本来の意味とは違う意味で使われることも多いですよね。しかし、この「プレミアム」は、英語のもともとの意味が、そのまま日本語でも使われています。

最後に

いざ聞かれるとわからない「プレミアム」の意味や、「プレミア」との違いについて解説しました。ふだん耳にすることが多い「高級な」を意味する「プレミアム」から、外国為替などの専門用語として使われる「プレミアム」まで、さまざまな意味がありましたね。「プレミアム」という言葉に出会ったとき、それがどの意味の「プレミアム」なのか、一度立ち止まって考えてみるのも面白いかもしれません。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
〝心に余裕がある人〟の特徴って?心に余裕を持つための習慣とは
〝清廉潔白〟ってどんな意味?ビジネスシーンでの使い方も併せてご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事