Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.30

男性が「声を聞きたい」と思う理由とは?相手の声が聞きたい時の伝え方も

男性が声を聞きたいと思う理由は、好きな人が何をしているのか気になったり、心を許していたりするからです。相手の声が聞きたい時は、文章では伝わりづらい相談をしたり、相手の悩みを聞いたりしてみましょう。相手に声が聞きたいと思わせる方法もご紹介します。

Tags:

男性が声を聞きたいと思う3つの理由

男性が声を聞きたいと思う理由は、以下の3つが挙げられます。

1.好きな人が何をしているか気になるから
2.心を許しているから
3.話していて楽しいから

声が聞きたい

男性は好きな人が何をしているか気になると、相手をもっと知るために声が聞きたくなります。心を許している相手や、話していて楽しい相手にもよく電話をかけがちです。もし、声が聞きたいと言われることが多いようなら、少なからず好意を抱かれているかもしれません。

1.好きな人が何をしているか気になるから

男性は、好きな人が何をしているか気になると、その人の声が聞きたいと思います。なぜなら、相手のことをもっと知りたいと直感的に考えるためです。もし男性に声を聞きたいと言われたら、意識されている可能性は高いでしょう。

また、プライベートな時間を共有することで、より距離を縮めたいという心理も働いていると思われます。意中の男性に声を聞きたいと言われたら、積極的に応じてみましょう。

2.心を許しているから

声を聞きたいと言ってくる男性は、あなたに心を許している可能性が高いです。例えば酔った勢いで電話をかけてきたり、特に用があるわけではないのに通話をしたがったりする男性がいますが、心を許していなければまずそのようなことはしません。そのため頻繁に電話をかけてきたり、絡んでくる男性は、あなたに心を許しているのでしょう。

3.話していて楽しいから

話していて楽しいと感じる相手の声は、ついつい聞きたくなります。意中の男性からこのように思われていたらチャンスです。今はまだ友達のような関係でも、今後恋愛関係に発展する可能性は充分にあります。

また、うれしいことやおもしろいことがあった時は、そのことを誰かと共有したくなります。話していて楽しい相手には、気持ちをわかり合いたくてついつい電話をしたくなるのでしょう。

そもそも〝気が合う〟ってどういうこと?〝気が合う〟と思える人の特徴とは|Domani

相手の声が聞きたい時の3つの伝え方

逆に、こちらが相手の声が聞きたい時も。そのような時に有効な伝え方は、以下の3つです。

1.文章では伝わりづらい相談をしてみる
2.相手が辛い時は「話聞こうか?」と尋ねてみる
3.ストレートに「声が聞きたい」と伝える

声が聞きたい

文章では伝わりづらい相談をすることで、相手は電話で話を聞こうと考えてくれるかもしれません。また相手が辛そうにしている時は、「話を聞こうか?」と尋ねてみることで、相手も声が聞きたいと思ってくれるでしょう。そして時には、ストレートに「声が聞きたい」と伝えることも有効です。

1.文章では伝わりづらい相談をしてみる

相手の声が聞きたい時は、文章では伝わりづらい相談をメールやSNSなどの文面でしてみましょう。すると相手は、あなたの相談は文章でのやりとりよりも、電話で直接聞いた方がわかりやすいと考えるかもしれません。そうなると、声が聞ける可能性が高まります。

文章では伝わりづらいことをあえて文章で送ることは、電話につなげるためのテクニックのひとつです。相手の声が聞きたくなったら、試してみてください。

2.相手が辛い時は「話聞こうか?」と尋ねてみる

相手が辛そうにしている時は、こちらから「話を聞こうか」と持ちかけてみることで、相手の声が聞ける可能性が高まります。悲しいことや嫌なことがあって辛い気持ちの時は、人の声が聞きたくなるためです。

相手が辛そうな時に寄り添ってあげると、声が聞けるだけに留まらず、お互いの関係を深められるでしょう。

3.ストレートに「声が聞きたい」と伝える

声が聞きたい時は、ストレートに相手に「声が聞きたい」と伝えることも有効な手段です。なぜなら、人はみな、素直に好意を伝えられると嬉しいものだからです。また異性からのアプローチの言葉はついドキッとするため、「声が聞きたい」と素直に伝えることで、2人の関係を一歩前に進めることができるかもしれません。

さらに効果的なテクニックとして、あまり長電話せずに、短めに電話を終わらせることが挙げられます。そうすることで相手に話し足りないと思わせ、相手の心を惹きつけることができます。長電話したくなる気持ちはわかりますが、相手の心をつかむために、グッと我慢するのがポイントです。

相手に声が聞きたいと思わせる2つの方法

相手に声が聞きたいと思わせる方法は、以下の2つです。

1.「眠れない」とメッセージを送る
2.「お疲れさま」とメッセージを送る

声が聞きたい

「眠れない」とメッセージを送ると、相手の男性が電話をくれるかもしれません。電話をするいい口実として捉えてくれる可能性があります。

また、「お疲れ様」とメッセージを送ることも有効です。そうすることで、相手の男性は喜んで電話をかけてきてくれるかもしれません。

1.「眠れない」とメッセージを送る

女性の方から男性に「眠れない」とメッセージを送ると、男性としては電話をかけやすくなります。なぜなら、就寝前は何もしていないことが多い時間帯であり、今電話をかけても迷惑がかからないと考えるためです。また、就寝前の時間帯は男性の方も手が空いている可能性が高いため、向こうから電話をかけてくれるかもしれません。

2.「お疲れさま」とメッセージを送る

相手にあなたの声が聞きたいと思わせるには、「お疲れさま」とメッセージを送ることも有効です。相手は労いのメッセージをもらえたことに感謝して、その気持ちを伝えるために電話を掛けたくなる可能性があるためです。例えば、仕事が終わったタイミングや、帰宅する頃に「お疲れさま」とメッセージを送ると相手も喜ぶでしょう。

相手の声が聞きたい時の2つの注意点

相手の声が聞きたい時に注意すべきことは、以下の2つです。

1.毎日のように「声が聞きたい」と言わない
2.声が聞きたいからといって夜遅くに電話をかけない

声が聞きたい

確かに「声が聞きたい」と言われるのは嬉しいですが、毎日言われるとウンザリしてしまうかもしれません。また、あまり遅い時間に電話がくるのも迷惑でしょう。これらの注意点に気をつけて接してみてください。

1.毎日のように「声が聞きたい」と言わない

たとえ相手の声が聞きたいと思っても、毎日のように「声が聞きたい」と言うのは避けましょう。さすがに毎日同じようなことを言われたら、ウンザリされる可能性があるためです。女性から素直に「声が聞きたい」と言われることは男性としては嬉しいかもしれませんが、時には1人の時間を大切にしたいと思うことだってあるはずです。

2. 声が聞きたいからといって夜遅くに電話をかけない

相手の声が聞きたくなっても、夜遅くに電話をかけるのは我慢しましょう。夜遅くに電話をかけると、相手の迷惑になる可能性があります。もし相手がすでに就寝していたら、あなたが電話をかけたせいで無理やり起こすことになってしまうかもしれません。

電話は休みの日の前夜や、22時以降でLINEでのやりとりが続いている時などがよいでしょう。これらのタイミングであれば、相手の迷惑となる可能性は低いです。

声が聞きたい時でも相手の気持ちをよく考えよう

意中の相手の声が聞きたくなるという気持ちはよくわかります。しかし相手の気持ちや都合をよく考えなければ、相手からの印象が悪くなってしまいます。

声が聞きたい

タイミングを考慮したり、相手から声が聞きたいと思わせるテクニックを使ったりすることによって、声を聞かせてもらえる可能性は高くなるでしょう。また、うまくいけば相手との距離を縮められるかもしれません。

こちらの記事もおすすめ!

ツンデレの意味とは? ツンデレな人に見られる7つの特徴
〝未練がましい人〟に見られる特徴は!? 未練を断ち切る方法もご紹介

 

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事