そもそも〝気が合う〟ってどういうこと?〝気が合う〟と思える人の特徴とは | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.08.22

そもそも〝気が合う〟ってどういうこと?〝気が合う〟と思える人の特徴とは

あなたには〝気が合う〟と思える人がいますか?そもそも〝気が合う〟とはどういうことなのでしょうか。今回は「気が合う」の意味やそう思える人の特徴、見つけ方をまとめてご紹介します。

Tags:

【目次】
そもそも「気が合う」とはどんな意味?
「気が合う」と思える人の特徴は?
「気が合う」異性との恋愛がおすすめな理由!
「気が合う」と言ってくる男性の心理とは?
「気が合う」人の見つけ方は?
最後に

そもそも「気が合う」とはどんな意味?

「気が合う」とは、考え方や感じ方が通じ合うという意味です。「ウマが合う」とも言いますよね。「気が合う」人となら、会話中の沈黙も気になりませんが、そうでもない人と会話が途切れると、ちょっと居心地が悪く感じるのではないでしょうか。「気が合う」人と一緒にいると心地良く楽しく感じるのは、価値観や感覚が似通っているからです。

英語で「気が合う」は、「get along well」や「get on well」を使い、「私たちは気が合う(仲が良い)」は、「We are getting on well」と表現します。

「気が合う」と思える人の特徴は?

気が合う
実際、「気が合うな」と思える友達は、どんな人でしょうか。その特徴を挙げてみました。

1:笑いのツボが同じ

映画やドラマなどを見て、同じ場面で笑ったり、許せるブラックジョークと許せないブラックジョークの線引きが同じであったりと、感覚的に喜怒哀楽のツボが似ていると、「気が合う」と感じますよね。

2:同じ趣味、感性

同じ趣味を持っているというのも、「気が合う」ポイントと言えます。ですが、例えば旅行という共通の趣味を持っていても、あなたは豪華なホテルでゆっくりしたい派、友達は外でアクティブに動きたい派だった場合は、少し複雑です。どちらかが我慢を強いられるなら、趣味は同じでも感性が異なるため、「気が合う」とは言えないかもしれません。ただし、お互いがお互いの好きな過ごし方を尊重し、それぞれが個別で好きな時間を過ごして、後で合流して情報交換を楽しめるのであれば、それはそれで「気が合う」と言えるでしょう。

3:育った境遇に共通点がある

同じような境遇で育ったり、苦労したことが似ていたりすると、「気が合う」確率も上がります。例えば男兄弟に女ひとりだったとか、父親が転勤族で小学校では苦労をしたなど、共有できる感情の存在が「気が合う」ということに繋がることもあります。

「気が合う」異性との恋愛がおすすめな理由!

気が合う
世間では「気が合うカップル」と言われるような男女が存在します。また、「気が合う友達」から、「気が合う異性」に発展することも。気が合う異性との恋愛はどのようなメリットがあるのでしょうか。

1:話をしていて楽しい

「気が合う」男女は、友達関係から恋愛関係に発展しても、話をしていて楽しいので長続きする傾向にあります。

2:気を使わなくていい

お互いの趣味や気持ち、行動パターンがわかるので、付き合っていても気が楽に過ごせます。「この映画に行きたいけど、どう思うかな」などと、余計な気遣いをしなくていもいいので、一緒にいてもストレスになりません。また、怒りのポイントが似ている場合は、どこまでなら言っても大丈夫なのかもわかるので、余計な争いごとに発展しないのもメリットと言えるでしょう。

3:価値観が同じ

「気が合う」相手だと、価値観も同じことが多いので、休日の過ごし方で大きく意見が割れることも少ないでしょう。価値観が違い、片方は超アウトドア派で、もう片方はインドアのゲーム好きというパターンだと、せっかくの休日でもどちらかが我慢をして合わせることになってしまいます。全く同じではなくても、どちらかが「アウトドアもゲームも両方好き!」というような守備範囲が広い人だと、問題なく過ごせます。

「気が合う」と言ってくる男性の心理とは?

こちらは特に何も感じないのに、「気が合う」と言ってくる男性の心理はどのようなものでしょうか。そのような人がいる場合、あなたに気があると思ってほぼ間違いありません。純粋に、相談事があるだけの場合も考えられますが、「気が合う」「波長が合う」などと言ってくる場合は、「もっと話をしたい」「付き合いたい」というサインです。あなたがまんざらでもないのなら、本当に「気が合う」かどうか見極めて、判断するといいでしょう。

「気が合う」人の見つけ方は?

気が合う
「気が合う」人はどのようにして見つけたらいいのでしょうか。「気が合う」人がいないという人は、一度以下の方法を試してみてください。

1:趣味の場に顔を出してみる

趣味のコミュニティに顔を出してみることは、「気が合う」人を見つける近道のひとつです。趣味が同じというだけで、第一関門はクリアしているのですから。ただし、趣味のコミュニティに「気の合う」仲間を見つけに行くのはいいですが、異性を探しに来たオーラ全開で行くと、ヒンシュクを買いますので、注意しましょう。

2:積極的に話しかける

新しい出会いでは、先入観なく誰にでも積極的に話しかけることがおすすめです。「気が合う」人を探すには、まず相手を知ることからです。相手の価値観や感覚などの把握につながるような会話を、自然な流れでできるように心がけましょう。

3:多くの人に出会う

多くの人と出会うと、それだけ「気が合う」人と巡り合える機会も増えます。出会いの場には積極的に出向くといいでしょう。

最後に

この記事では「気が合う」友人や恋人について解説しましたが、自分の価値観と全く異なる友人や恋人も貴重な存在です。自分と同じ価値観ばかりに偏らず、違った視点をもたらしてくれる恋人や、異なる考えの友人を持つことが、自分自身の視野を広げることにも繋がります。現在「気が合う」と思える友人や恋人がいなくても、いつか出会えると思い、前向きに過ごしてくださいね。

こちらの記事もたくさん読まれています
【お目通し】ってどう使うのが正解?意味や使い方・類語をご紹介
〝人に寄り添う〟ことができる人の特徴とは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事