【ご連絡差し上げる】は正しい敬語!? ビジネス等で使う時の注意点も併せてご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.08.02

【ご連絡差し上げる】は正しい敬語!? ビジネス等で使う時の注意点も併せてご紹介

【ご連絡差し上げる】とは、相手にとってプラスになる連絡をする際に使用する言葉です。ただ、謙譲語でありながら、上から目線な印象を与えてしまうことがある表現でもあります。今回は「ご連絡差し上げる」の正しい意味や使い方、注意点などをご紹介します。

Tags:

【目次】
「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?
避けたい「ご連絡差し上げます」の使用場面
類語や言い換え表現にはどのようなものがある?
使い方を例文でチェック
英語表現とは?
終わりに

「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?

「ご連絡差し上げる」は「ご連絡」と「差し上げる」がどちらも謙譲語で、二重敬語になるのでは? という指摘があります。はたして「ご連絡差し上げる」は正しい敬語なのか、その成り立ちから確認していきましょう。

ご連絡差し上げる

「ご連絡差し上げる」の成り立ち

「差し上げる」は、「与える」「あげる」の謙譲語です。誰かに物をあげるときから、誰かに何かをしてあげる時にも使われます。どちらの場合でも、相手にとってプラスになることに使いましょう。

「ご連絡差し上げる」では、「ご~差し上げる」が1つの謙譲語表現になっています。つまり、「ご連絡差し上げる」は敬語として正しい表現です。しかし、「ご連絡差し上げる」と言われて良く思わない人もいます。多用はせず、最適な場面で使えるようになりましょう。

ビジネス等で使う時の注意点

「ご連絡差し上げます」は、相手にとってプラスになる連絡をする際に使います。自分の都合で連絡する場合に使ってしまうと、上から目線な印象を与えてしまうので要注意!

また、「差し上げる」の持つ「与える」という意味から、「ご連絡差し上げる」が上から目線な表現に感じてしまう人もいます。正しい敬語表現ではあるものの、特に目上の人には「ご連絡いたします」と言い換えるのが無難でしょう。

避けたい「ご連絡差し上げます」の使用場面

例えば、「本日は私の都合が悪いため、また後日ご連絡差し上げます」のように、自分の都合で連絡を遅らせる場合に使うと失礼に当たりますので避けましょう。

また、避けたい表現として「ご連絡差し上げるように致します」があります。丁寧な言葉遣いに見えるかもしれませんが、回りくどい印象を与えるため避けるべき表現です。

類語や言い換え表現にはどのようなものがある?

「ご連絡差し上げます」は、上から目線に感じられることもある表現でした。では、「ご連絡差し上げます」の代わりに使える表現には何があるのでしょう? 一緒に見ていきましょう。

ご連絡差し上げる

1:「ご連絡します」

「する」の丁寧語である「します」を使った表現。最もシンプルで伝わりやすいですが、より丁寧な印象与えたい場合は謙譲語を使う方が良いでしょう。

2:「ご連絡いたします」

幅広い相手に使える便利な言い換え表現が「ご連絡いたします」です。「ご連絡差し上げる」と同じく謙譲表現になります。連絡することを報告する際、迷ったらこのフレーズを使うといいですよ。

3:「ご連絡申し上げます」

「ご連絡申し上げます」は謙譲表現で、「ご連絡いたします」よりもさらに丁寧な言い回しになります。かなり丁寧な表現なので日常会話ではあまり使われません。しかし、ビジネスシーンでは使える表現ですので覚えておきましょう。

使い方を例文でチェック

ここでは、相手を不快にさせない「ご連絡差し上げる」の使い方を紹介します。「ご連絡差し上げる」を使うことで、失礼な印象にならないか不安な方は要チェックです!

ご連絡差し上げる

1:「先日ご連絡差し上げました通り、下記の日程でよろしくお願いいたします」

就活の面接や会議の日程の確認に使えるのがこのフレーズ。「先日ご連絡しました通り」よりも敬意が伝わり、良い印象を与える表現です。

2:「こちらからご連絡差し上げるべきところ、大変申し訳ございませんでした」

「ご連絡差し上げるべきところ~」は、連絡しなくてはならなかったのに、何らかの事情でできなかった際に使います。謝罪や感謝の言葉と一緒に使うのが一般的です。

3:「ご連絡差し上げるのが遅くなり、申し訳ございません」

何らかの事情で連絡するのが遅くなってしまった際に使えるフレーズです。遅くなってしまったことに対する謝罪の言葉と共に使うことで、誠意の伝わる丁寧な表現になりますよ。

英語表現とは?

「ご連絡差し上げる」は英語で何というのでしょう? 知っておくことで、海外の方が相手でもスマートにやりとりできますよ。

1:「I will contact you later.」 (後ほどご連絡差し上げます)

英語に謙譲表現はないため、連絡をすることが相手に伝わる表現であればOKです。“will contact you” は、どの手段で連絡しても使えるため、「ご連絡差し上げる」の英語表現の中で最もよく使われます。

2:「I will get back to you by Friday」 (金曜日までにご連絡差し上げます)

質問などに対して、その場で解答できない時に使える表現が“I will get back to you” 。例文のように、いつまでに連絡するのかも一緒に伝えると、相手を不安にさせず好印象ですよ。

3:「I will e-mail you later.」 (後ほどメールでご連絡差し上げます)

連絡手段が決まっている場合は、その手段を示す単語を使うことができますよ。メールの場合は“e-mail” 、電話の場合は“call” などが挙げられます。

終わりに

「ご連絡差し上げる」は謙譲語でありながら、上から目線な印象を与えてしまうこともある表現でした。だからこそ、使い方をしっかりチェックしておきたいですね。

ご連絡差し上げる

さらに、言い換え表現も覚えておくことで、相手や状況に合わせて適切な言葉遣いで対応することができます。「ご連絡差し上げる」を使いこなして、スマートなやりとりを心がけましょう!

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
目上の人に使ってもOK?「お疲れ様です」の意味と使い方を詳しくご紹介
【拝借する】ってどんな時に使う?意味・例文・類語・注意点も併せてご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事