デキる大人は「大変恐縮ですが… 」を使いこなす! ビジネスシーンでの使い方から言い換え・英語表現もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.03.10

デキる大人は「大変恐縮ですが… 」を使いこなす! ビジネスシーンでの使い方から言い換え・英語表現もご紹介

ビジネスシーンで耳にすることの多い、「大変恐縮ですが… 」の意味って答えられますか? 今回はこのフレーズのの使い方から言い換え・英語表現までをご紹介します。

Tags:

【目次】
「大変恐縮ですが」の意味とは?
使い方を例文でチェック
言い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「大変恐縮ですが」の意味とは?

皆さんは、「大変恐縮ですが」の意味を聞かれてすぐに答えることができますか? ここでは、「大変恐縮ですが」の意味や使う時の注意点について解説します。

大変恐縮ですが

(C)Shutterstock.com

意味

「恐縮」には、恐怖心から身が縮むことと、相手に迷惑をかけた際や厚意を受けた際に申し訳なく思うことの2つの意味があります。お礼をする時、何かを依頼する時など、幅広い場面で使える言葉です。

また、「大変」は非常にといった意味を持ちます。つまり、「大変恐縮ですが」は相手に迷惑をかけたことや労力を使わせたことに対して、身が縮むほど非常に申し訳なく思っていることを伝える表現なのです。

ビジネス等で使う時の注意点

「大変恐縮ですが」は、使う場面によって不適切な表現となりますので注意が必要です。誤った使い方について、確認していきましょう。

まず、「恐縮」は相手が自分にかけた迷惑や苦労に対しては使いません。「今回の件について、大変恐縮されていると思いますが… 」といった使い方は誤用であり、失礼に当たりますので使用しないのがベター。

次に、深刻なミスにより相手に迷惑をかけてしまった場合は使えません。「大変恐縮ですが」はあくまでも申し訳なく思っていることを伝える表現で、謝罪の言葉ではないのです。ミスにより相手に多大な不利益を生じさせてしまった場合は、きちんと謝罪の言葉を述べましょう。

「大変恐縮です」は、お礼や感謝の意味も含みます。単に言葉を使うだけではなく、相手にしてもらったことに対して感謝をしているという姿勢をみせることで、誠意が伝わるのではないでしょうか。

使い方を例文でチェック

「使ってはいけないシーンは分かったけど、それでは一体どんな場面で「大変恐縮ですが」を使ったら良いの? 」と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。ビジネスシーンでよく使われる3つのフレーズをご紹介しますね!

大変恐縮ですが

(C)Shutterstock.com

1:「お忙しいところ大変恐縮ですが、資料のご確認をお願いいたします」

上司に「資料ができたら私に確認しなさい」と言われていたとしても、依頼内容のみを伝えると、無礼な印象を与えてしまうことに 。依頼内容に入る前に一言、「お忙しいところ大変恐縮ですが」と付け加えることで、相手に対する配慮のみえる柔らかい表現になりますよ。

2:「私事で大変恐縮ですが、4月1日付で○○部に異動となりました」

社内の事情を取引先に伝えるときや、私的な用事により休暇を申請したい時などに使えるのが、上記のフレーズ。ビジネスシーンに個人的な事情を持ち込んで申し訳ないという気持ちを伝え、謙虚な姿勢をみせることで相手に失礼のないスムーズなやりとりができます。

3:「大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」

依頼のビジネスメールの締めとして覚えておくと便利なのが、こちらのフレーズ! よく使われている「よろしくお願いいたします」よりも改まった言い回しです。取引先や顧客様などに使うことで、礼儀正しい印象を与えます。

言い換え表現にはどのようなものがある?

「大変恐縮ですが」を多用しすぎると、「恐縮」という言葉が持つ「申し訳ない」と思う気持ちが薄れているように相手に伝わるかもしれません。同じような意味を持つ表現もありますので、使い方をマスターしていきましょう。

1:「恐れ入りますが」

「大変恐縮ですが」はとても丁寧な表現ですが、どこか堅苦しいですよね? 意味は同じでも、表現を柔らかくしたものが「恐れ入りますが」になります。会話中に使いたい場合や距離の近い上司などに使う場合は、こちらの方が自然です。

2:「僭越ながら」

「僭越」とは、自分の身分を超えた出過ぎたことをすること。目上の人に意見を述べる際など、冒頭に「僭越ながら」と一言付け足すことで、謙虚な姿勢を示すことができます。

しかし、年齢やポジションが相手よりも上の立場である場合は嫌みと捉えられることも… 。きちんと自分の立場をわきまえて使いましょう。

3:「あいにく」

相手の依頼や要望に応えられないときに使えるのが、「あいにく」。「あいにく」とは、期待や目的にそぐわず、残念であることを表します。「大変恐縮ですが」と比較すると、かなりライトに使える表現ですので、日常的な日程調整の際などに重宝するでしょう。

英語表現とは?

「大変恐縮ですが」のようなクッション言葉を英語に訳すのって難しいですよね? ここでは、覚えておくと便利な、「大変恐縮ですが」の英語表現をご紹介します。

大変恐縮ですが

(C)Shutterstock.com

「I’d like you to confirm the attached documents if you don’t mind.」
(もしよろしければ、送付書類のご確認よろしくお願いいたします)

何かを依頼する際、相手の都合を気遣う一言があるかないかで与える印象が変わりますよね。「もしよろしければ」のように、相手の都合を考慮した上で依頼をする表現が“if you don’t mind” です。

「I’m afraid I have another meeting on that day.」
(大変恐縮ですが、その日は別の会議が入っています)

“afraid” は、残念に思う、申し訳なく思うといった意味を持ち、「恐縮」に近い表現になります。事実を伝えるだけよりも、“I’m afraid” が文頭に付け足されることで、柔らかく断ることができますよ。

「I’m sorry to trouble you, but I appreciate your support.」
(ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご支援よろしくお願いいたします)

“I’m sorry to trouble you, but~.” は、相手の労力を使わせてしまうことに対して、とても申し訳なく思う気持ちを伝える表現です。謝罪の言葉である“sorry” が入ることで、“afraid” よりも強く申し訳なさを感じている様子が伝わります。

最後に

大変恐縮ですが

(C)Shutterstock.com

依頼する際や、お詫び・感謝の気持ちを伝える際など、様々なシーンで活用できる「大変恐縮ですが」。便利な言葉だからこそ、誤解を招かないよう使い方には注意を払いたいもの。「大変恐縮ですが」を上手く使いこなし、良好な人間関係を築くデキる大人を目指したいですね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

ビジネスパーソンは「お気遣いいただき」を使いこなす! 例文・類語・注意点もご紹介
「拝見させていただく」は誤り!? 正しい使い方を例文でご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事