仕事ができる人は「感謝申し上げます」をさらりと使う! 正しい意味と使い方を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.03.28

仕事ができる人は「感謝申し上げます」をさらりと使う! 正しい意味と使い方を解説

ビジネスシーンなどで感謝の気持ちを伝えたい時、「感謝申し上げます」というセリフをさらりと使えたらかっこいいですよね。 今回はそんな「感謝申し上げます」の正しい意味から使い方までを解説します。

Tags:

【目次】
「感謝申し上げます」の意味や使う時の注意点とは?
使い方を例文でチェック
言い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「感謝申し上げます」の意味や使う時の注意点とは?

まずは「感謝申し上げます」をさらりと使うために、「感謝申し上げます」の意味や正しい敬語かどうかの解説、そして注意点をご説明します。

感謝申し上げます

(C)Shutterstock.com

■意味

「感謝申し上げます」は、感謝の気持ちを述べるときに使う表現です。では言葉の意味を「感謝」と「申し上げます」に分けて、みていきましょう。

「感謝」は「ありがたいと思う気持ちを表すこと」。「申し上げます」は、「言う」の謙譲語「申し上げる」に、丁寧語の「ます」を付けたものです。よって「感謝申し上げます」は、正しい敬語表現と言えます。社内外問わず、目上の人に感謝の気持ちを表したいときに、堂々と使ってください。ただし、使い方にはいくつか注意点があります。以下でご説明いたしますね。

■ビジネス等で使う時の注意点

二重表現に注意

「感謝申し上げます。ありがとうございました」と言う表現。感謝を大いに表したい気持ちはわかりますが、この表現は不適切な表現です。二重表現という言葉をご存知でしょうか? 例えば、「頭痛が痛い」という表現。「頭痛」と「痛い」は同じ意味ですよね。このように、同じ意味の言葉を続けて使用することを二重表現と言います。

「感謝」と「ありがとうございました」という、同じ意味の言葉を連ねると、相手に違和感を感じさせてしまうので、ご注意下さい。

「誠に感謝申し上げます」は誤った表現

「誠に」は「本当に」という意味で使い、「ありがたい」「申し訳ない」などの形容詞や形容動詞を修飾する言葉です。動詞である「感謝申し上げます」に対して「誠に」を使うのは、誤った表現ですので注意してください。

「誠に」を使う際は、「誠にありがとうございます」と表現しましょう。

使い方を例文でチェック

前述のとおり「感謝申し上げます」は、社内外に使うことができる敬語表現です。では、具体的に「感謝申し上げます」を、どのように使うのか、例文でチェックしていきましょう。

感謝申し上げます

(C)Shutterstock.com

1:「格別なご配慮をいただき、心より感謝申し上げます」

「感謝申し上げます」に「心より」を付けることで、「本当に感謝しております」という気持ちを強く表現します。また「心より~」は「心から~」に置き換えが可能。「心から」よりも改まった表現の「心より」は、主に書き言葉として用いられます。丁寧に書く必要のあるメールや文書には「心より~」、スピーチなどの口頭表現には「心から~」と、使い分けられると良いですね。

【こちらの記事もチェック】仕事ができる人は「ご配慮」をさらりと使う! 意味や使い方、類語を解説

2:「多大なるご支援を賜り、厚く感謝申し上げます」

こちらの「厚く感謝申し上げます」もビジネスメールや文章の定型文として、定着していますよね。この「厚く」は、心情の度合いが深いこと表現する言葉です。「厚く~」と表現する事で「心の底から~」というニュアンスを入れることができます。

3:「先日はお忙しい中、ご足労いただき、ありがとうございました。また貴重なご意見をいただきましたこと、重ねて感謝申し上げます」

「重ねて感謝申し上げます」は「もう一度お礼を言わせていただきます」という意味になります。文章の中に、感謝する事柄が複数あるときの表現で、基本的にビジネスメールの文末に用いります。「お礼を言う事柄がいくつかあって、メールの文末をどうまとめたらいいのか… 」という時は、「重ねて感謝申し上げます」と表現してみて下さい。

言い換え表現にはどのようなものがある?

「感謝申し上げます」の使い方は、ご理解いただけたかと思います。では「感謝申し上げます」の言い換え表現には、どんな表現があるのか見ていきましょう。

感謝申し上げます

(C)Shutterstock.com

1:「心より御礼申し上げます」

「御礼」の意味は「恩恵や贈り物を受けたのに対して、感謝の意を示すこと」です。「お礼」とも書くことがありますが、公用文には「御礼」と書かれるため、ビジネスメールや文章にも「御礼」と書いたほうが無難でしょう。

また「心より」を「厚く」に換えて「厚く御礼申し上げます」と表現されることもあります。「厚く御礼申し上げます」は、より改まった場面で使う表現に適しています。このように「厚く」や「心より」といった言葉を「御礼」の前に付ける事で、感謝の気持ちを強調して伝えることができます。

2:「感謝に堪えません」

「感謝に堪えない」というのは、「感謝の気持ちが抑えがたいほど沸き起こるさま」という意味。「心から感謝している」という気持ちを表す言葉です。非常に改まった表現ですので日常的な会話で「感謝に堪えません」を使うと、過剰な表現と受け取られてしまう可能性があります。ここぞというときの、ビジネスメールや文章に使うことが望ましいでしょう。

3:「深謝申し上げます」

「深謝(しんしゃ)申し上げます」は、深い感謝の意を表す表現です。口頭で言われても、すぐに感謝を表す言葉だと、理解されにくいですよね。よって、主に書き言葉として、御礼状やビジネスメールに用いられます。

また「深謝」は、感謝の気持ちだけを、表現する言葉ではありません。実は、深い謝罪の意を表す時にも、使われる言葉なんです。感謝の表現と謝罪の表現を、明確に分ける必要がありますね。

英語表現とは?

ビジネスメールの定型文として、よく使われる「感謝申し上げます」。英語で感謝を伝える際の定型文も用意しておくと、いざという時に便利ですよね! そこで、ビジネスメールに使える、「感謝申し上げます」の英語表現をご紹介いたします。

感謝申し上げます

(C)Shutterstock.com

・I am very grateful to you. 
あなたに心から感謝申し上げます
※ビジネスメールでは「I am」は「I’m」と省略しないほうがベター。

・I really appreciate your support. 
サポートしていただき、心より感謝いたします

・Thank you very much again. 
重ねて御礼申し上げます

最後に

メールや文章のやりとりでは、相手の顔が見られません。だからこそ、メールや文章で御礼を述べる時は、何に対する御礼なのかを明確にし、より表現を丁寧にすることが求められますよね。「感謝申し上げます」は、丁寧に感謝の気持ちを伝える表現の一つです。

合わせてご紹介した、「感謝申し上げます」の類語表現も含めて、感謝を伝える様々なシーンで役立つ表現ですので、ご参考にして下さい。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

「お気遣いありがとうございます」の正しい使い方は?
【幸甚に存じます】上手に使い分けて、ワンランク上の心遣いをマスターしよう

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事