8月の挨拶文には体調を気遣う言葉を入れよう!上~下旬ごとの表現や例文を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.09

8月の挨拶文には体調を気遣う言葉を入れよう!上~下旬ごとの表現や例文を解説

8月は夏の暑い盛りではあるものの、暦の上では秋にあたる場合もあり、タイミングに合わせた挨拶文にすることが大切です。また、挨拶文には体調を気遣う文言を入れるといいでしょう。今回は、8月上旬〜下旬それぞれにふさわしい挨拶文について、例文を交えてご紹介します。

Tags:

【目次】
 ・8月の挨拶文を書く際のポイント
 ・8月上旬に適切な挨拶文!書き出しと結びの例文をご紹介
 ・8月中旬に適切な挨拶文!書き出しと結びの例文をご紹介
 ・8月下旬に適切な挨拶文!書き出しと結びの例文をご紹介
 ・「8月の挨拶文」は体調を気遣う言葉を添えよう

8月の挨拶文を書く際のポイント

暦の上では、8月上旬は夏ですが、中旬・下旬は秋になるため、8月の挨拶文は時期によって変わる点に注意が必要です。また、中旬以降は暦の上では秋とはいえ、まだまだ暑さが厳しい季節です。形式に沿っているだけでなく、実際の季節を感じられるような挨拶文になるよう工夫しましょう。

8月 挨拶文

ここでは、8月の挨拶文を書くうえでのポイントを、2つご紹介します。ご紹介した2つのポイントを参考に、季節感の溢れる挨拶文を送りましょう。

■同じ8月でも上~下旬で適切な挨拶文が異なる

8月は、時期によって適切な挨拶文が異なります。8月1日から6日までは夏の挨拶文、7日以降は秋の挨拶文がふさわしいでしょう。8月と言えばまだ暑さが厳しい季節ですが、立秋の8月7日頃から立冬の前日である11月6日頃までは暦の上では「秋」です。

つまり8月は初旬を除き、ほとんどの期間を秋として扱わなければなりません。また7日以降でも、立秋の期間である7日から22日までと、処暑に入る23日以降では適切な挨拶文が違います。同じ8月の中でも、暦の上では季節が3つあると覚えておきましょう。

■暑さが残る季節のため体調を気遣う言葉を入れると良い

8月の大半は暦の上では秋となりますが、暑い盛りです。暑さで体調を崩していないかなど気遣う言葉を入れると、挨拶文から優しさが感じられて、受け取り手もあたたかな気持ちになるでしょう。かしこまった挨拶文であっても、形式にとらわれすぎず、心遣いを忘れないことが重要です。

8月上旬に適切な挨拶文!書き出しと結びの例文をご紹介

8月6日頃までの期間は、暦の上でも夏です。挨拶文は夏の季節を感じられるような内容が良いでしょう。8月7日頃で季節が切り替わるため、ハガキや手紙を郵送で送る場合には要注意です。相手の手元に届く時期に合わせて、挨拶文を使い分けるようにしましょう。

8月 挨拶文

ここでは、8月上旬にふさわしい挨拶文について、ビジネスで使えるフォーマルなものから親しい友人間で使えるカジュアルなものまでご紹介します。

■ビジネスなどフォーマルな文書での書き出し

8月6日までに相手に届く手紙やハガキ、メールを送るなら、時候の挨拶の書き出しは以下の3つが適しています。

・盛夏の候
・盛暑の候
・大暑の候

どれも夏の暑い盛りという意味で、立秋の前日まで使用できます。「〜の候」は「〜の折」「〜のみぎり」と言い換えて使うこともできます。時候の挨拶の前には、へりくだって申し上げるという意味の「拝啓」を忘れずに入れましょう。

【例文】
・盛夏の候、貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
・大暑の折、貴社におかれましてはますますご清栄の段、心よりお慶び申し上げます。

■堅苦しくない文書での丁寧な書き出し

PTAの会報やおたよりなどでは、フォーマルな時候の挨拶よりもやや話し言葉に近い挨拶文が適しています。しかし、季節感が感じられるような言葉を組み込むのは、フォーマルな挨拶文と同じです。

【例文】
・立秋を前に、まだまだ暑さ厳しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
・8月に入り、ひときわ厳しい日差しが照りつけておりますが、皆様変わらずお健やかにお過ごしのことと存じます。

■親しい友人に宛てる場合の書き出し

親しい友人などに向けて書く挨拶文は、フォーマルなものだと距離感を感じてしまう場合があります。そのため、失礼のない程度にくだけた挨拶文のほうが親しみを感じ、よりぬくもりを感じる手紙やメールとなるでしょう。

【例文】
・毎日暑いですが、暑気あたりなどしていませんか。
・スイカが美味しい季節になりましたね。

■結びの言葉

結びの言葉は、健康や繁栄を祈る言葉に締めくくりの言葉をつけるのが一般的です。また、書き出しと言葉が重複しないように注意します。

書き出しに「拝啓」を入れた場合には、文末にはつつしんで申し上げるという意味の「敬具」も忘れずに書きましょう。

【例文】
・皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。まずは書中にてお知らせいたします。
・まだまだ暑い日が続きますが、くれぐれもご自愛くださいませ。まずは書中にてお知らせいたします。
・時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。

8月中旬に適切な挨拶文!書き出しと結びの例文をご紹介

立秋の8月7日頃から処暑である22日頃までは、暦の上では「秋に入ったばかりで暑さが少し残っている」という季節にあたりますが、実際には厳しい暑さが続いている頃です。時候の挨拶文と実際の気候のズレを感じさせない表現を使うようにしましょう。

8月 挨拶文

ここでもフォーマルな書き出しからカジュアルなものまで、3パターンをご紹介します。

■ビジネスなどフォーマルな文書での書き出し

暦の上では秋に入ったこともあり、以下の時候の挨拶を使用します。

・立秋の候
・残暑の折

近年では、通常なら8月上旬までの挨拶である「晩夏」も、季節感に合うことから8月中旬でも一般的に使用されています。

【例文】
・残暑お見舞い申し上げます。
・立秋の候、皆様におかれましてはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。
・晩夏のみぎり、皆々様にはいよいよご活躍の段、拝察しいたしております。

■堅苦しくない文書での丁寧な書き出し

8月中旬と言えば、まだ夏の暑い盛りの頃です。PTAの会報やおたよりなどでも「暦の上では秋でもまだ暑い日が続いていますが、体調を崩していませんか?」という内容の書き出しにすると、時候の挨拶にも実際の季節感にもふさわしい挨拶文になるでしょう。

【例文】
・立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
・暦の上では立秋を迎え、秋の涼しさが待ち遠しく感じられます。

■親しい友人に宛てる場合の書き出し

基本的には堅苦しくない文書での丁寧な書き出しと同じですが、親しい間柄の人に出すならば、暦にはあまり囚われずに季節感を出すのがおすすめです。また、小学生や中学生のお子様がいる場合には、夏休みについて言及しても良いでしょう。

【例文】
・お盆を過ぎても蒸し暑い日が続いていますが、夏バテなどはしていませんか。
・蝉の声が賑やかな日々が続いていますが、いかがお過ごしですか。
・夏休みも半すぎとなりましたが、皆様で楽しく過ごされていらっしゃいますか。

■結びの言葉

結びの言葉には、まだ暑さが残る時期なので、やはり体調を気遣うような一文がふさわしいでしょう。また、もう少しで夏が終わることを示唆すると、秋の涼しさを文面から感じられるのでおすすめです。

【例文】
・残暑の折、くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます。
・暑中の激務のお疲れが出やすい時期ですので、ご健康には一段とご留意くださいませ。
・暑さももう少しで和らぎます。夏バテには十分注意し、お互い頑張って乗り切りましょう。

8月下旬に適切な挨拶文!書き出しと結びの例文をご紹介

8月下旬は、まだ暑さが残るものの、夏の終わりを感じられる季節です。挨拶文は、秋を感じさせる季語や情景について触れると良いでしょう。

8月 挨拶文

■ビジネスなどフォーマルな文書での書き出し

立秋が終わった8月23日から「白露」となる9月8日頃までは「処暑」となるため、二十四節気の言葉を用いるなら「処暑の候」が適切です。その他にも使える時候の挨拶をご紹介します。

・処暑の候
・秋暑のみぎり
・初秋の候
・向秋の折

「新涼」「納涼」「残夏」などを使って、秋らしい書き出しにしても良いでしょう。また、8月いっぱいから9月初旬までは「残暑」も使用できます。

【例文】
・処暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・秋暑のみぎり、お健やかにお過ごしのことと存じます。

■堅苦しくない文書での丁寧な書き出し

フォーマルな文書での書き出しと同様に、時候や秋の涼しさを感じられるような言葉を組み込みながら、丁寧に話しかける書き出しが良いでしょう。

【例文】
・残暑が続きますが、暦の上では秋になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
・時折吹く風に秋の訪れを感じますが、皆様お変わりなくお元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。

■親しい友人に宛てる場合の書き出し

気心のしれた友人にも、秋の訪れを感じさせる季語を盛り込むと風流です。最近感じた秋の話題も良いでしょう。「ひぐらし」や「鈴虫」「赤とんぼ」などの虫の様子は使いやすくておすすめです。

【例文】
・夏を惜しむようなひぐらしの鳴き声が聞こえるようになった今日この頃ですが、いかがお過ごしですか。
・黄昏時の風の涼しさに秋の訪れを感じます。

■結びの言葉

結びの言葉にも、体調を気遣うような一文を盛り込むのがおすすめです。夏の暑さから秋の涼しさに切り替わる時期なので、寒暖差で体調を崩さないように、という願いを込めて書きましょう。

【例文】
・朝晩は特に涼しくなってきました。体調を崩されませんようご自愛ください。
・暑気払いに、冷えたビールを飲みにいきましょう。

「8月の挨拶文」は体調を気遣う言葉を添えよう

今回は、8月の挨拶文について、書き出しから結びの言葉まで、例文を交えてご紹介しました。

8月 挨拶文

8月は夏の盛りですが、大半は暦の上では「秋」です。このため、形式に沿って挨拶文を書いてしまうと、実際に感じている真夏の印象と文面がかけ離れてしまい、違和感のある挨拶文になってしまいます。「暦の上では秋になりましたが、まだまだ暑い日が続きます」というように書き方には工夫が必要です。

また、8月は夏バテを起こしやすく、体調を崩しやすい季節でもあります。もともと挨拶文には体調を気遣う文言を盛り込むことが多いですが、8月は特に相手が健やかに過ごせるように気遣う挨拶文にすると、受け取り手もあたたかな気持ちになります。

挨拶文を受け取った人が暑さの厳しい夏を乗り切れるよう、心遣いに満ちた挨拶文を送りましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

もう手紙を書くときに困らない! 8月の季節の挨拶を例文と一緒にご紹介
日本の美しい「季節の変化」を英語で読んでみる|二至二分や二十四節気がスッキリわかる!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事