【時候の挨拶】8月下旬は「残暑の候」「処暑の候」| 結びの言葉を含む例文を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.07.15

【時候の挨拶】8月下旬は「残暑の候」「処暑の候」|結びの言葉を含む例文を解説

8月下旬の時候の挨拶には「残暑の候」「処暑の候」を用います。徐々に暑さもやわらぎ、夏から秋へと季節が移り替わる時期を表す言葉です。今回は、8月下旬に適した挨拶を結びの言葉とともにご紹介します。例文も合わせて参考にしてください。

Tags:

【目次】
 ・8月下旬の「時候の挨拶」3つの使用ポイント
 ・8月上旬・中旬・下旬の「時候の挨拶」
 ・8月下旬「漢語調」の「時候の挨拶」の例文
 ・8月下旬「口語調」の「時候の挨拶」と結びの言葉
 ・8月下旬の「時候の挨拶」で相手への想いを送ろう

8月下旬の「時候の挨拶」3つの使用ポイント

8月下旬の「時候の挨拶」には、正しく使用するための3つのポイントがあります。「時候の挨拶」は挨拶文のはじめに置く季節を表す言葉で、季節に合わせて使用する必要があります。

時候の挨拶 8月下旬

「時候の挨拶」の基本的な使い方とあわせ、それぞれチェックしていきましょう。

1.「漢語調」と「口語調」を使い分ける

「時候の挨拶」には「漢語調」と「口語調」があります。「漢語調」はあらたまった文書やメールに適した表現、「口語調」は親しい間柄の挨拶で用いられます。「残暑の候」「処暑の候」は、あらたまった「漢語調」の挨拶です。月ごとにさまざまな種類があり、季節に応じて使い分けます。

これに対し「口語調」の挨拶には、やわらかな表現を用います。季節に応じ、相手の様子を気遣う言葉を投げかけるのが一般的です。「時候の挨拶」を考えるときには、使用するシーンや相手に合わせ、それぞれを使い分けるように心がけましょう。

2.「拝啓」のあとの書き出しは送付日に合わせる

「漢語調」の挨拶は、「拝啓」「謹啓」などから始まります。その後に続く「時候の挨拶」は、送付日に合わせたものを選びましょう。春・夏・秋・冬といった四季だけでなく、二十四節気を意識して選ぶことが大切です。

二十四節気とは、1年を24に分けて季節の指標としたものです。8月の二十四節気の呼び名は以下を参考にしてください。日付に「頃」とついているのは、その年によって二十四節気は前後するからです。

・大暑(たいしょ):7月23日頃~8月7日頃
・立秋(りっしゅう):8月8日頃~8月22日頃
・処暑(しょしょ):8月23日頃~9月7日頃

例えば、挨拶文の送付日が8月5日の場合、二十四節気は大暑にあたります。そのため「時候の挨拶」も大暑に合わせたものを選ぶのがポイントです。

8月下旬は8月23日頃~9月7日頃にあたるため、「時候の挨拶」は処暑に適したものを使用します。細かな違いですが、季節感を伝える言葉として正しい使用法を覚えておきましょう。

3. 残暑疲れを気づかう内容を取り入れる

「時候の挨拶」には、季節に応じて相手を気遣う言葉を用います。8月下旬は、暑さがひと段落するにつれ残暑疲れがみられる時期です。「時候の挨拶」にも、季節の変わり目の体調を気遣う言葉を取り入れましょう。

9月に差しかかる頃は「涼しい風も吹く時期になりました」と、秋の始まりを感じさせるフレーズもおすすめです。四季の移り変わりのなか、離れていても相手を想う気持ちを伝えましょう。

8月上旬・中旬・下旬の「時候の挨拶」

前述したように、「時候の挨拶」は二十四節気に応じた言葉を用います。8月は、暑中見舞いやお中元へのお礼などで挨拶を送る機会の多い時期です。使い方を間違わないよう、上旬・中旬・下旬に合わせた挨拶の意味を確認しておきましょう。

時候の挨拶 8月下旬

■8月上旬「盛夏の候」「盛暑の候」「大暑の候」

8月上旬は、二十四節気では7月23日頃~8月7日頃にあたります。夏が始まり、厳しい暑さを感じ始める時期です。「時候の挨拶」にも太陽が輝く夏の暑さを感じさせるものが並びます。

・「盛夏の候」
・「盛暑の候」
・「大暑の候」

「盛夏の候」や「盛暑の候」は、梅雨が明け本格的に暑くなる時期を意味します。「大暑の候」は、夏になり日が長くなる時期を表しています。

■8月中旬「立秋の候」「晩夏の候」

8月中旬は、立秋である8月8日頃~8月22日頃を捉えるのが一般的です。「時候の挨拶」では、主に以下の表現を使用します。

・「立秋の候」
・「晩夏の候」

「立秋の候」は、「もう夏も過ぎて秋が始まるころですね」と相手に伝える挨拶です。「晩夏の候」も、夏の盛りが過ぎたことを意味します。実際には暑さを感じる時期のため、挨拶文のなかでも「まだまだ暑い日が続きますが」という、気遣いを忘れないようにしましょう。

■8月下旬~9月上旬「残暑の候」「処暑の候」

前述したように、8月下旬は処暑にあたります。「残暑の候」「処暑の候」のほか、8月下旬には以下のような「時候の挨拶」が用いられます。

・「残暑の候」
・「処暑の候」
・「早涼の候」
・「初秋の候」

暦の上では立秋を過ぎたものの、まだ暑さの残ることを表すのが「残暑の候」や「処暑の候」です。「早涼の候」や「初秋の候」は、秋の気配を感じ始めたことを表しています。

8月下旬「漢語調」の「時候の挨拶」の例文

「漢語調」の挨拶は、ビジネスメールや文書に適しています。8月下旬には、前述したような「残暑の候」や「処暑の候」を用います。それぞれの具体的な使用法を、例文を参考にマスターしていきましょう。

時候の挨拶 8月下旬

■あらたまった挨拶に適した「漢語調」

「漢語調」の挨拶は、相手にあらたまった印象を与えます。「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます」のように、文章の書き出しに用いられます。

その後、主文となる内容を述べ、結びの言葉で締めるのが一般的です。結びの言葉は「結語」と呼ばれ、「頭語」の「拝啓」「謹啓」と対になるかたちで使用します。「拝啓」で始まる場合は「敬具」、「謹啓」で始まった場合は「謹白」で結びます。

あらたまった「漢語調」の挨拶は、目上の人のや取引先への礼状や、招待状にも使用できます。具体的な例文を次の項からご紹介します。

■「残暑の候」を使ったお礼状の例文

「残暑の候」を用いお礼を伝えるときも、まずは相手を気遣う言葉から始まります。結びとなる文章も、秋の訪れを感じさせるものを選ぶと良いでしょう。

(例文)
拝啓 残暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別おご高配を賜り、心から感謝いたします。
(~主文~)
末筆ながら、残暑を乗り越え、実り多き秋を迎えられますようお祈り申し上げます。
                                    敬具

■「処暑の候」を使った招待状の例文

催しに向けた招待状は、季節感に合った「時候の挨拶」を用いることが大切です。相手に足を運んでもらうことに対し「まだ暑い時期ではありますが」と気遣いを伝えることも忘れないようにしましょう。

(例文)
拝啓 処暑の候、まだまだ暑さは続いておりますが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別なお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
(~主文~)
皆様お誘い合わせの上、ぜひご来店賜りますようご案内申し上げます。
                                    敬具

8月下旬「口語調」の「時候の挨拶」と結びの言葉

「口語調」の「時候の挨拶」は、友人や親戚といった身近な人への挨拶に適しています。8月下旬であれば、残暑見舞いにも活用できる表現です。

時候の挨拶 8月下旬

具体的な「時候の挨拶」と結びの言葉を組み合わせ、8月下旬にふさわしい挨拶文を送りましょう。

■友人や親戚への残暑見舞いに使える「口語調」

8月下旬に「時候の挨拶」を活用するのが残暑見舞いです。残暑見舞いは、「立秋」を過ぎてもなかなか暑さが終わらない時期に送ります。

文章のなかでも「暦の上では秋ですが、まだまだ暑いですね」と、残暑を意識したフレーズを使用します。「漢語調」のようにあらたまった文書ではないため、送る相手に合わせて内容をアレンジすることも可能です。

■「口語調」の「時候の挨拶」

「口語調」の「時候の挨拶」は、次のようにやわらかなニュアンスを用います。多様なアレンジがきくため、基本となるフレーズを覚えておきましょう。

・立秋とは名ばかりで暑い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
・いまだ厳しい暑さが続きますが、お変わりございませんか。
・虫の声とともに秋の気配を感じる日々ですが、〇〇様はいかがお過ごしでしょうか。
・空の青さに秋涼を覚える昨今です。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

■結びの言葉

結びの言葉は、文章の内容や相手との間柄に合わせたものを使用します。夏の終わりや秋の始まりを意識しながら、次のように締めくくりましょう。

・夏の疲れが出始めるころです。くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。
・次回お目にかかるときには、夏の思い出話を楽しみにしております。
・残り少ない夏休み、どうぞ有意義にお過ごしください。

8月下旬の「時候の挨拶」で相手への想いを送ろう

「時候の挨拶」は、四季に応じた表現を用いる挨拶です。夏から秋への季節の変わり目に合わせ、相手を気遣う言葉を用います。挨拶の種類や使用するパターンを覚えれば、相手との関係に合わせてアレンジも可能です。「時候の挨拶」を用いて、相手へていねいな想いを届けましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「ご自愛ください」の例文・使い方や注意点・返事の仕方をご紹介
もう手紙を書くときに困らない! 8月の季節の挨拶を例文と一緒にご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事