将来が心配?不安な気持ちで今を過ごさずいるために【たむらようこの風通しのいい仕事道】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2018.12.21

将来が心配?不安な気持ちで今を過ごさずいるために【たむらようこの風通しのいい仕事道】

「将来を考えて不安ばかり募らせるより、未来を明るく考えたい」今回はそんなお話。放送作家のたむらようこさんが働く女性目線で語る、仕事・環境をとりまくアレコレ。

Tags:

将来が心配? 老後、病気、孤独… 不安から離れる人生の過ごし方

ある夜、30代の後輩とお酒を飲んでいたら酔っ払った彼女が堰を切ったように話し始めました。「将来のことを考えると、不安しかありません。今はいいとしても、いつまで稼げるかわからないし、もしも病気になったら働けなくなってしまうし、老後に年金が十分にもらえるとも思えないし、仕事ばっかりしてて地元の友だちとも疎遠になってるし、あぁ~未来の私を待ってくれてるのは孤独死だけなんですよ」。なるほど不安になる気持ち、わかります。私だって、将来安泰なんて少しも思えません。放送作家は担当してるレギュラー番組が終わってしまえば翌日から無職です。とは言え、生きてる時間は有限。こうしてみなさんがコラムを読んでくださる間にも、誰もが1秒1秒、寿命に近づいています。そんな大事な命の時間を、ずっとうっすら不安な気持ちで過ごすのはモッタイないと思いませんか?

ちょっと話は変わりますが『教えてもらう前と後』という番組内に「その時、日本が動いた」というコーナーがあります。日本を揺るがした大きなニュースが、その後の私たちにどう影響したかを検証する趣旨。例えば「東日本大震災がきっかけで、LINEが生まれた」という話題。未曾有の大災害は、大きな爪痕を残した一方、電話回線が混乱する中でも「既読」がつくことで安否確認ができる新しい手段の開発につながりました。古くは1955年の紫雲丸沈没事故。修学旅行の子どもたちを含む700人以上を乗せた船が沈没した海難事故です。犠牲者の多くが泳ぎ方を知らなかったことを教訓に、小中学校での水泳の授業が義務化されるに至りました。

こうして過去の悲しい事件や事故が人類に何をもたらしたかを調べていくと、一筋の光のようなものを感じます。人類は一進一退を繰り返しながらも着実に進歩しているという確信。考えてもみてください。100年前に比べたら伝染病で死ぬ人も減りました。天候不順による飢饉で村ごと全滅なんてことも、ほぼなくなりました。私たちは体裁さえ気にしなければ、滅多なことでは死なずに暮らせる現代を生きているのです。そう考えると未来は、今日より明日、ますます良くなる一方。不安より希望が大きくなりませんか?

そんな人類の話なんかされても遠すぎると思う方もいらっしゃるでしょう。そもそも人間の不安は「お金」か「健康」か「孤独」の3要素から成ると言われます。でも結局、お金は稼ぐしかないし、健康には気をつけるしかないし、孤独になりたくなければ友だちとの仲を深めるしかない。私たちの誰もが、不確実な未来に向かって、不安という見えないモヤを振り払いながら、淡々と進むしかないのです。だとしたら100年単位で「今日より明日は良くなっている」と考えたほうが、未来を明るく感じるし、不安から離れられます。

さて、こうして連載してみると、お伝えしたいことがたくさんありました。書くうちに、自分が仲間意識を持っているのは、会社の後輩ばかりではなく働くすべての女性だと気付きました。自分のしでかした失敗を披露し、うまくいった事例を共有することで、誰かの心が少しでも軽くなれば。そんな気持ちでパソコンに向かう時、私の不安は無になります。結局、自分以外の誰かのためを想って行動すると不安は影を潜めるのです。そもそも人間、自分のことを心配するより人のことを心配してたほうが圧倒的に気がラクですから! これからもお互い、楽しい仕事ライフを!

『教えてもらう前と後』 毎週火曜・夜8時〜好評放送中!健康から歴史や住宅まで、教えてもらう前と後で世の中を見る目が変わる知のビフォーアフター番組。たむらさんが構成を務め、滝川クリステルさん、博多華丸・大吉さんが出演! 毎週火曜夜8時~MBS/TBS系全国ネット

放送作家

たむらようこ

1970年生まれ。放送作家。「慎吾ママ」のキャラクターを世に送り出すほか、『サザエさん』『祝女』『サラメシ』『世界の日本人妻は見た!』など多数の構成や脚本を手がける。2001年に子連れで働ける女性ばかりの制作会社ベイビー・プラネットを設立し社長としても活躍。

 

Domani2018年12月号『新・Domaniジャーナル 「風通しのいい仕事道」』より
本誌撮影時スタッフ: 撮影/五十嵐美弥 構成/佐藤久美子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事