Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLEうらやましい系女子の24/7/365のリアル

2017.10.20

【GU】のワイドパンツはファッションエディターもガチ押し!

mai loveのneffy maiのアンテナに引っかかったことを、ちょっとスピリチュアルな視点からお届け!

Text:
mailove
Tags:

mailoveのneffy maiです。私はもともとすごく飽き性なところがあるので、洋服もずっと着るもの、すぐ着なくなるものの真っぷたつ。なので、そのときの気分でつい買いたくなるものに関しては、なるべくプチプラで探すようにしています。

以前、ママ向けのファッション誌の編集をしていたのですが、子育て中はどうしても洋服がすごく汚れるから、基本カジュアルですぐ洗える、プチプラものをどう取り入れるかについて、すごく研究していました。プチプラであればあるほど、吟味して、絶対にそのお値段に見えない「バレない」名品を見つけることが大事。素材感や色味はもちろん、体に合うかどうかも重要ポイント。気になるアイテムがあれば、前後3サイズぐらいをすべて試着してみて、いちばん自分のボディを細く、美しく見せてくれるサイズのものを選び抜きます。

それって、何もプチプラ服に限ったことじゃないのですが、高いものでも、安いものでも、どんなものでも同じ視点で選ぶというのが大事だったりします。

最近ヘビロテのプチプラ服はこれ。GUのワイドパンツ。去年ぐらいのものですが、上品な濃紺、センタープレス入りのきちんと感、程よいフィット感で、もたつかないのもいい。洗濯機でガンガン洗ってもくたっとならないのも優秀。きれいめにもカジュアルにも着こなせるから今年も重宝しそうです!

この日はとろみのあるシャツを合わせて。今年気分なマスタードイエローは、襟を抜いて着るとよりサマになります。キャメルのハットと〝ロンシャン〟のレオパード柄バッグ、足元はあえての秋サンダルで抜け感を。プチプラに見せないためには、着方にこだわること。

ポイントは、服を着て、家を出る前の5分間。鏡の前で襟の抜き具合を調整したり、シャツをインしてみたりアウトしてみたり。袖をまくる、ハットを足す、靴で抜けを足す…。その最後の「鏡の自分に向き合う時間」こそ魔法の時間。手をかけた分、気分がぐっと上がって背筋も伸びます。

この日は気持ちいい屋上のテラスがあるカフェで打ち合わせ。程よくリラックス感があるコーデだったから、思わず長居してしまったのでした。


Read Moreおすすめの関連記事