老けて見えるのも太って見えるのもイヤ! ベージュレギンスの落とし穴、どう回避すればいい?【レギンスでコンサ婆さん注意報】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.04.04

老けて見えるのも太って見えるのもイヤ! ベージュレギンスの落とし穴、どう回避すればいい?【レギンスでコンサ婆さん注意報】

女らしいベージュレギンスもコーディネート次第ではラクダ色、あれ?なんだか”肌着”っぽい?カラーレギンスをおしゃれにはきこなす方法をマスターして、春のレギンスコーデをもっと楽しみましょう♪

Tags:

黒の次はベージュに挑戦! カラーレギンスを野暮ったく見せない方法は?

軽やかな足元をつくってくれるベージュ系のレギンス。黒レギンスに飽きたらぜひ挑戦してみたい色ですよね。でも、薄いベージュのレギンスは、コーディネート次第で老けて見えたり、着ぶくれしたり…難易度の高い色でもあります。トレンドのワントーンコーデも、ベージュ系で洋服からレギンスまでそろえると、ラクダっぽく見えてしまうことも!

前回の記事▶ベージュのレギンスはラクダっぽい⁉ おしゃれにはく方法、ちゃんとあります!

モカベージュのレギンスをメリハリコーデでエレガントにはきこなす

ベージュの中でも、色の濃いモカベージュを選んでのっぺり見えを回避。同色系のスカートを合わせて脚長効果を狙いつつ、足元はサンダルで抜け感を! 同じ色味でも、スエードスカート×ニットレギンスのように素材を変えることで、奥行きのあるスタイルが完成します。トップスには白ニットを合わせて、ぐっと明るい印象に。スカート、レギンス…とベージュの分量が多くても、顔周りに白を入れることで、春らしい軽やかさが漂います。


▲レギンス¥9,800・ニット¥16,000(LOUNIE/ルーニィ) スカート¥16,000(マイカ アンド ディール 恵比寿本店<マイカ アンド ディール>) バッグ¥23,000(アンタイトル<ヴィオラドーロ>) 靴¥18,000(オデット エ オディール 新宿店<オデット エ オディール>)

【問い合わせ先】
LOUNIE/ルーニィ 03-4578-3466
マイカ アンド ディール 恵比寿本店 03-6455-0927
アンタイトル 03-6851-4604
オデット エ オディール 新宿店 03-5324-5080

イラスト/村澤綾香 撮影/田中麻以 スタイリスト/角田かおる モデル/小林有里 構成/木戸恵子

【あわせて読みたい】
春らしいけど着ぶくれ全開! ホワイトレギンスの恐怖
レギンスは着ぶくれする⁉ スタイルアップできる方法、ここにありますよ♡

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事