結婚話になるも相手の浮気で破局。そんな彼女のその後のストーリー【MBAと婚活/早苗の場合】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN美しい女性には美しい物語がある。

2019.03.21

結婚話になるも相手の浮気で破局。そんな彼女のその後のストーリー【MBAと婚活/早苗の場合】

ビジネスのために始めたMBA取得だけど、実は結婚にも役立つ!?彼に浮気されたキャリア女性が、その後出会った男性との結婚&その後の人生ストーリー。

Tags:

Profile
早苗さん(37歳・仮名) 既婚・子どもひとり
職業/医療機器メーカー・広報
趣味/海外旅行、ワイナリー巡り
住まい/シンガポール(賃貸戸建)

story1 私には結婚という形が合わないのかもしれない

知性的でオシャレな「デキる」女性に憧れ、仕事と恋愛や家庭と両立させてどっちも同じくらい頑張るぞと意気込んでいた早苗。一つ上の先輩と結婚話にまで発展するも、その彼の浮気が発覚し…

全文は▶︎仕事もおしゃれも第一線を目指したら、カレに浮気されました【MBAと婚活/早苗の場合1】

story2 ワインバーでMBAのことを考える

浮気発覚以来、彼氏も作らず、ずっと仕事に打ち込んでいた早苗。企業広報に異動し経営により近い立場となった早苗は、MBAの取得を決意。そうしてビジネススクールに通うことになった早苗は、そこで慎一郎という年下の男と出会う。早苗はスクールで学んだ加点方式で慎一郎を評価し・・・

全文は▶︎リーダーシップの講義で身につく「加点思考」が婚活に役立つ!?【MBAと婚活/早苗の場合2】

story3 仕事の代わりはいても、家族の代わりはいない

加点方式で慎一郎のいいところを見つけていくたびに自分も前向きになれると気づいた早苗。お互い自然に意識しはじめ、勉強デートをするように。二人は忙しくも穏やかな日々に身を浸していた。しかし状況は一変、慎一郎に海外転勤辞令が出される。早苗は慎一郎とともにシンガポールにいくことを決断する。自らの人生にも家庭にもPDCAサイクルを適用できる早苗に迷いはなかった。

全文は▶︎MBAは家庭でも役立つ!?夫のためにキャリアを中断しても惜しくないそのワケは…【MBAと婚活/早苗の場合3】

 

インタビュー

南 ゆかり

フリーエディター・ライター。『Domani』2/3月号ではワーママ10人にインタビュー。十人十色の生き方、ぜひ読んでください! ほかに、 Cancam.jpでは「インタビュー連載/ゆとり以上バリキャリ未満の女たち」、Oggi誌面では「お金に困らない女になる!」「この人に今、これが聞きたい!」など連載中。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事