「運動会の主役は子どもです!」昭和から平成に愛用していたジャージを着たらダメ、絶対【運動会にコンサ婆さん参上!?】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.05.12

「運動会の主役は子どもです!」昭和から平成に愛用していたジャージを着たらダメ、絶対【運動会にコンサ婆さん参上!?】

5〜6月になると、運動会が行われる学校がチラホラ。入学して間もない時期、どんな格好で参加すればいいか悩む人もいるのでは? 動きやすさは大切ですが、やりすぎるとだらしないコンサ婆さんに見えてしまいます!

Tags:

動きやすいからといって、「高校生のときに愛用していました♡」を物語る上下ゆるゆるジャージはナシ!

運動会は学校行事ですし、先生はもちろん、保護者の方々もたくさん参加するので、だらしない格好はNG。親子で参加する競技があったとしても、動きやすさ重視をしすぎて、自身が学生時代に使用していたジャージを引っ張り出して着て、子どもより目立つ姿ではさすがに浮いてしまいます。悪目立ちして、主役である子どもより目立つのは何があってもナシ!

運動会スタイルのキーワードは「爽やかさ」と「動きやすさ」

だらしない格好はNGですが、動きやすさはもちろん重要。たとえば、ボトムはスエットパンツだけどトップスをきれいめカットソーにしてみる。リラアックス感がありつつ、どこかきちんと仕上げるのが「〇〇ちゃんのママ、素敵♡」と言われるコツです。次回は、スエットを使った運動会スタイルをご紹介します!


イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事