Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

BEAUTY大人の枯れ肌今いまレスキュー

2017.11.05

【美容プロの毎日スキンケア全部見せ!】今さら!?肌の夏バテはこうして解消!

肌がゆらぎがちなこの季節、どんなケアを実践するのが正解なのでしょうか…。季節を問わず美肌をキープしているアラフォー美容賢者たちの毎日のスキンケア、そして困ったときのレスキューコスメに、そのヒントがありました!

Tags:

湿度や気温が大きく変化する秋~冬。紫外線など、肌に蓄積された夏からのダメージも表れやすく、肌にあれこれ不調が出がち…。そう、今こそスキンケアを見直すべきなのです。肌美人のアラフォーたちが、どんなスキンケアを使っているのか、根掘り葉掘り聞いてみました!

美容コーディネーター・弓気田みずほさん(47歳)のスキンケアは「エイジング悩みをコツコツ全方位からアプローチ!」


ゆげたみずほ●元・伊勢丹新宿店化粧品バイヤー。退職後、大手化粧品メーカーや商業施設のコンサルティング・人材育成・講演等を手がける。多数の美容誌・女性誌でも、化粧品選びの指南役として活躍中。
●弓気田さんのSKIN DATA
肌質/乾燥肌 肌悩み/乾燥、くすみ、しぼみ、シミ、シワ

【弓気田さんのベーシックなスキンケアは…】

〈右から〉

STEP1 クレンジング
しっかりメークでも手間なく落とせて肌もいたわる

「汚れ落ちの早さでリピート」。8種の植物オイルの力で、洗い上がりしっとり。シュウ ウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジングオイル 150ml 4,400円

STEP2 洗顔
洗顔後のもっちり肌は虜になる使い心地

「もっちりとした、泡立ちのよさが大好き」。保水力の高い保湿成分で、泡ダレもせずもこもこ洗える。SUQQU エンリッチ フォーミング ウォッシュ 125g 3,800円

STEP3 美容液
20年来の相棒的美容液は潤いの味方

「これに出合って、肌が潤うということを実感した1本」。リポソーム技術を応用し、高い保湿実感を実現。コスメデコルテ モイスチュア リポソーム 40ml 10,000円

STEP4 化粧水
冷房に負けない水分保持力に驚きと喜び

「水分不足でしぼむ大人の肌も長時間乾かない」。角層細胞にまで潤いを抱え込み、パン!とハリ実感も。花王 エスト ザ ローション 140ml 6,000円

STEP5 美容液
3本目に突入!信頼のシワケアは効果実感真っ只中

「おでこや目元など狙ったところにフィット」。 有効成分“ニールワン”の効果でシワ改善へ。ポーラ リンクルショット メディカル セラム 20g 15,000円(医薬部外品)

STEP6 乳液
肌の全体バランスを整えてくれる調整役的存在

「水分と油分の配合がちょうどよく、肌をやわらかく整えてくれます」。潤いが逃げにくい肌に導く。エスト ザ エマルジョン80ml 6,500円

STEP7 クリーム
あえてのクリーム重ねづけで朝まで潤いが続く

「目周りをほぐしながらハンドプレス」。贅沢な感触で、夜の間に肌を再生。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボ ーテ ラ・クレーム n 30g 60,000円(医薬部外品)

【週に1〜2回、洗顔をこちらに置き換え】

週1~2回の角質ケアで肌のやわらかさをキープ

「汗や紫外線で乾燥し、ごわついた肌をソフトに」。パウダー状洗顔料でフレッシュ。パルファン・クリスチャン・ディオール ライフポリッシュパウダー40g 6,500円

【肌がゆらいだら夜のみ乳液前に投入】


バリア機能を立て直して弱った肌を夜の間にふっくら

「バリア機能が低下した肌荒れ状態を改善。いつものラインに加えます」。ディセンシア ディセンシー エッセンス 30g 12,000円(医薬部外品)

【お手入れの最後にアイケアも!】

印象を左右する目元の疲れ感にはたっぷりなじませて

「独自のアプリケーターでマッサージ」。動きの多い目周りをしっかり補強・保湿。エスティ ローダー アドバンス ナイト リペアアイコンセントレイト14g 9,000円

【弓気田さんが語るスキンケアの極意】

日々のコツコツケアがエイジング悩みも解決

「スキンケアを組み立てるときは、その季節やなりたい肌を想定しながら考えます。秋~冬の今は、しっかり保湿をすること、そして春先から行っているシワのケアを中心に組み立てています。

昔から、落とすケアはダブル洗顔派。しっかりとメークをすることが多いので、なじみが早いオイルは必須。また、泡を立てて洗うのが好きなので、洗顔もしっかり行っています。保湿重視のブースター美容液、たっぷり水分を溜め込んでくれる化粧水や乳液は成分を押し込むように手でしっかりなじませるのが鉄則です。肌を触って確認しながらチェックするのもポイント。仕上げに、こっくりとしたクリームを重ねづけし、顔全体をやわらかくほぐすように保湿を強化します。

秋から冬に向けては、どんどん夏の疲れが肌に表れてきます。体と同じようにバテてくるんですね。そんな肌は水分が不足していて、どんなケアも受けつけない状態。肌の調子がよくないときには、やみくもにエステやスペシャルケアをするのではなく、毎日のベーシックなケアを丁寧に行って、畑を耕すようにすることで、肌が育ちます。日々の基本のケアを見直して、秋冬も美肌を目ざしたいですね」

Domani10月号「肌美人の毎日スキンケア全品を順番に見せて!」より
本誌撮影時スタッフ:撮影/松本拓也 構成/山梨智子(本誌)


Read Moreおすすめの関連記事