エディターが選んだ「体がきれいに見える」黒パンツ5選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2019.09.02

エディターが選んだ「体がきれいに見える」黒パンツ5選

Domaniのワーママ編集者がこの秋選ぶ”たった5枚”はやっぱり黒!素材で遊ぶか、美脚を追求するか。黒だからこそ、自分だけの一本を追求したい!

Tags:

5人のワーママ 編集者が「黒パンツ」をプレゼン!

座談会参加者はこの5人

画像ALT

エディター/フレンチシックが信条

小池百々子さん

1歳男の子のママ。大学在学中よりファッション誌『CanCam』の編集アシスタントを始めエディターに。現在は『Domani』『Oggi』ほかファッション誌などを中心に、ウェブサイト、ブランドカタログなどで編集・ライティング・ディレクションを担当。ファッションのモットーは、自分も相手も心地いいこと、自分らしいこと。身長164cm。

画像ALT

エディター/女っぽいのが好き♡

福本絵里香

4歳男の子・ふたり目妊娠中のママ。大学卒業後小学館に新卒で入社しファッション誌『CanCam』に配属。その後、『AneCan』に異動。長男の産休を経て、『Domani』にて復帰。この企画をもって第二子の産休・育休に入る。元々『CanCam』読者でエビちゃんファンゆえ、根はフェミニン好き。顔立ちが甘いので辛口なものを選ぶようにしている。身長164cm。

画像ALT

エディター/ハンサム感はマスト!

松崎のぞみさん

7歳男の子・5歳女の子のママ。大学在学中に編集アシスタントとして働き始め、卒業後は商社に勤務。その後フリーエディターに転身し、ファッション誌『Domani』を始め、ウェブサイトやカタログの作成を行う。子どもの学校行事ではきれいめスタイルがマスト。普段はママチャリに乗るので、フラットシューズが基本。身長162cm。

画像ALT

エディター/コンサバ上等!

高橋香奈子

本企画担当。8歳男の子のママ。一般企業で働いた後ファッション誌『Oggi』の編集アシスタントを経てエディターに。現在は『Domani』『Oggi』を始め、ウェブマガジン、カタログなどの編集・ディレクションを行う。’18年に旅行ガイドブック『子連れGUAM』を出版したことで、ファッション以外の仕事も増え、きちんと見えることが第一優先に。身長164cm。

画像ALT

エディター/好感度カジュアル代表

吉川 歩さん

2歳男の子のママ。小学館ファッション誌のウェブサイトや、子育て世代向けのウェブサイト『kufura』などで記事の執筆を行う。ファッションブランドのカタログや、ウェブ制作のディレクションも手がけている。適度なおしゃれさは必要だけれど、仕事をいただいている立場なので、好感度の高い服、自分も周りも疲れない服を意識している。身長167cm。

▶︎5人の1日のスケジュールはこちら

高橋:私たち5人が展示会で気になったパンツは、小池さん、福本さん、私が挙げた「王道に美脚を追求しているもの」か、 松崎さん、吉川さんが挙げた「素材で新鮮さをかなえられるもの」のどちらかでしたね。それにしても、ワイドパンツがないのはとっても意外でした。

福本:この秋冬もワイドパンツの人気は継続するのですが、あまりに人気すぎて少し見飽きてしまって…。

吉川:私はすでにワイドパンツはもっているので、買うなら自分のクローゼットにない、目新しいものがいいなと思って探しました。レギンスはカジュアルすぎて仕事のシーンでははきづらかったですが、このニットパンツ(写真左)くらいのリラックス感があると、シンプルなスタイルも更新されるなと思っていて。 理想の一本を見つけたときは感動しました。自転車にも乗りやすいから、ママ時間でも助かります。

松崎:私が選んだレザーパンツ(写真中央)も、ちょっとモード感がありますが、 黒だからこそ気負わずに楽しめると思うんですよね。 私の場合、オールブラックコーディネートも好きなので、このレザーならではのツヤ感が着こなしに奥行きを出してくれるのがありがたいんです。仕事のときは問題ないのですが、 全身黒で子どもの保育園にお迎えに行くと「まっくろくろすけだね〜」と子どもたちからちょっと怖がられるので(笑)、そこは着こなしを工夫していきたいところですね。

高橋:美脚追求派はいかがですか?

小池:私はそこまでトレンドは意識しないタイプなので、それよりも産後の体をきれいに見せてくれるパンツに頼りたいです。

福本:わかります。授乳のおかげでやせもするのですが、太ったりもしやすくて、 体型が安定しないから、カバーしてくれるパンツは絶対必要。 しかも、ウエストがゴムだったりすると、なおうれしいです!

高橋:私の場合は〝BOSCH〞ですが、鉄板の美脚パンツブランドの中から自分に合うところを見つけておくとラクですよね!

選ぶデザインは5人5様!たった5枚「黒パンツ部門」
体がきれいに見えることは絶対条件

右から順にご紹介。

小池百々子さんが選んだのは…〝エンフォルド〟のハイウエストパンツ (写真右)

「腰位置が高く、脚のラインがきれいに見える!」

産後、運動をする時間がなかなか取れず、 たるんでしまった脚線。今季らしいハイウエスト&太めシルエットのこのパンツなら、気になる部分を自然に隠してくれ、スタイルアップをかなえてくれる頼もしい一本です!地厚の素材も安心感があります

すそに向けてほんのり細くなるテーパードシルエット。ウール混のしっかりとした素材。パンツ¥27,000 (エンフォルド)

福本絵理香さんが選んだのは…〝ユナイテッドアローズ〟の後ろゴムパンツ (写真右から2番目)

「ワイドパンツに飽きて久しぶりの細身が新鮮!」

「去年はワイドパンツが気分だったのですが、 展示会に足を運び、今年はシュッと細いパンツをまたはきたい気分に。〝アローズ〟で見つけたこのパンツは理想どおりの細身かつ、産後も助かる後ろゴム。34~40の4サイズ展開だから自分サイズが見つかります」

シワになりにくいトリアセテート素材。パンツ¥16,000 (ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)

松崎のぞみさんが選んだのは…〝THIRD MAGAZINE〟のレザーパンツ (写真中央)

「変化球アイテムも黒なら取り入れやすい」

「展示会に行くたび欲しいものが見つかる〝THIRD MAGAZINE〟。レザーパンツはハードなイメージですが、これはゆるっとしていてこなれ感たっぷり。きちんとした服も今っぽく仕上げてくれます。オールブラックの装いに表情を加えてくれるのも便利」

リアルレザーのイージーパンツ。ウエストゴム部分の内側はコットン素材になっているため、はき心地も快適。パンツ¥50,000(THIRD MAGAZINE)

高橋香奈子さんが選んだのは…〝BOSCH〟の美脚パンツ (写真左から二番目)

「打ち合わせにはいていけるのにどこか今っぽい、が気分」

「パンツで絶対的信頼を得ている〝BOSCH〟。 展示会で『このパンツは去年と比べてミリ単位ですそ幅を調整して…』というシルエットへの尋常じゃないこだわりを聞くのがとっても面白い。この執念こそが、美脚パンツブランドとして君臨し続けるゆえんですね」

細見えすることはもちろん、ウエストのサイドボタンや、すそのファスナーなど、さりげないアクセント使いもさすが。ウエスト後ろはゴム。パンツ¥17,000 (BOSCH)

吉川歩さんが選んだのは…〝23区〟のニットパンツ (写真左)

「細ワイドな着やせニットパンツ」

「これまできれいめなパンツばかりだったのですが、今季は見え方が新しいニットパンツを取り入れたくて。これはニットなのに着ぶくれせず脚のラインも拾わないんです。 レギンスのように脚の形が出ないから、きちんとしたパンツとして使えるのも優秀」

同色・同素材のニットも展開しているので、 上下でそろえておいても便利。パンツ¥21, 000 (オンワード樫山〈23区〉)

※この特集で使用した商品の価格は、すべて本体(税抜)価格になります。
※この特集で使用した商品についての問い合わせ先はこちらのページになります。
※この情報は2019年8月27日現在のものになります。

あわせて読みたい
▶︎ワーママ編集者が選んだ “この秋のたった5枚”はやっぱり「黒!」【赤裸々ファッション座談会】
▶︎「この秋たった5枚」を選ぶならやっぱり黒!ひとワザ効いたこの秋選ぶべき黒ジャケット5選

Domani10/11月号『”たった5枚”は「やっぱり黒でした!」』
撮影/佐藤彩 スタイリスト/角田かおる 構成/高橋香奈子 再構成/WebDomani編集部

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事