「ひとり動物園」にならぬよう要注意!【アニマル柄】との上手なつきあい方 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.10.11

「ひとり動物園」にならぬよう要注意!【アニマル柄】との上手なつきあい方

そろそろ大人なんだから本当は好きな服を好きに着てみたいというのが本音。世間の目を気にしすぎた洋服選びくらい、つまらないものはない。おしゃれは本来、自由で楽しいもの。ここで語られるAtoZは本当に自分が好きな洋服だけを大事に着るためのヒントです。

Tags:

【Zoo/アニマル柄】アニマル柄とのつきあい方

 この秋冬は、レオパードやパイソンといったアニマル柄が大復活の予感です。でも実は、女の人は時代を問わずずっと好きですよね。

 小物だけでなく洋服でもアニマル柄のものは登場してきそうなのですが、今年はどうつきあっていくのが正解かな~と考えたところ、〝優しい素材〟がカギなのではないかと思いました。バッグや靴で取り入れるのは常套手段ですが、せっかく豊作の時期なのですから、新しいアイテムにも挑戦したいところ。ただ、洋服で取り入れるのはちょっと難度が高いので、もし着るとしたら、シフォンやチュールのスカートがおすすめです。ひとクセありつつも怖くはならない。〝怖く見えない〟はワーママの絶対条件ですから。

 あと、ときどき街で見かけるのですが、アニマルアイテムが重なってしまって、「ひとり動物園」な人がいるので気をつけて。レオパード柄のスカートにファーバッグ合わせちゃったとか、ありがち。クロコの型押しバッグにパイソン柄のパンプス、という組み合わせもザワザワするところです。

あわせて読みたい
▶︎この秋は派手なアイテムを取り入れて【この先、人生”たった5枚”で生きていくためのAtoZ】

Domani10/11月号 『読む』〝たった5枚〟より
イラスト/そで山かほ子 構成/湯口かおり 再構成/Web Domani編集部

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事