ブローしてもペタっとしちゃう髪もふんわり仕上がる【ブローのテクニック】教えます! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2019.10.14

ブローしてもペタっとしちゃう髪もふんわり仕上がる【ブローのテクニック】教えます!

髪を乾かしたあとに、ドライヤーで仕上げるふんわりブローテクニック。巻かなくてもボリューミーに!

Tags:

とにかく大事なのはトップ。ここがふわっとしていればオールOK!

夜にボリュームアップするように乾かしたのに翌朝はペタンコになってしまったり、乾いた髪をさらにふわっと見せたいときに必須なのが、ブラシを使って仕上げる「ブロー」。髪を「セット」することです。今回は、アイロンを使って巻かなくてもふんわりシルエットになれる、ブローテクニックを紹介します。

■Step 1:トップの毛を取る

前髪は残し、分け目をまたぐようにトップの毛を取ります。

■Step 2:根元にロールブラシをセット

取った毛束の根元にブラシを当て、後ろ向きに流します。ブラシは、大きめのロールブラシが最適。

■Step 3:根元に温風→冷風を当てる

ブラシを上に持ち上げるようにして根元を引っ張りながら、ドライヤーの風を根元に向けて当てます。温風→冷風にしてしっかりクセづけ。

■Step 4:完成!

ブラシを外して髪を分けてなじませたら、こんなにふんわり♡

ブロー時に温めた髪は冷えるときにクセがつくので、一度温風にしてから冷風にするとふんわり感がよりキープできます。ロールブラシの扱い方はテクニックが必要なので、初心者さんはくるくるドライヤーを使うと簡単でおすすめです!ブローし終えたら、根元にキープスプレーを吹きつけておくと、湿気があってもペタンとしにくくなりますよ。アイロンを使うのが面倒だなというときは、こんなブローで乗り切ってみては?

提供/ビューティーエクスペリエンス 構成/斉藤裕子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事