コテの太さはどれがいい?理想のカールを叶えるコテの選び方とミリ数別仕上がり比較 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.09.10

コテの太さはどれがいい?理想のカールを叶えるコテの選び方とミリ数別仕上がり比較

ヘアアレンジ好きなら1本は持っておきたいコテ。でもそのコテ、さまざまな種類がありすぎてどれを使っていいかわからない!という人は多いのでは?そこで今回は、コテの太さで変わる仕上がりの違いや、自分には何ミリのコテが合っているのかその選び方についてまとめました。巻き方アレンジも一緒に解説していきます。

Tags:

【目次】
コテの太さって何mmがおすすめ?自分に合う選び方
コテの太さ以外で選ぶ際に気をつけたい共通事項
どう違う?コテの太さ別で仕上がりを比較

コテの太さって何mmがおすすめ?自分に合う選び方

一般的には4種類の太さがある


コテの太さは一般的に、【19mm】【26mm】【32mm】【38mm】の4種類が主流だと言われています。中でも32mmのコテは、幅広いヘアスタイルのアレンジに使用しやすいと人気がある太さだそう。

太くなるに従い、カールの仕上がりはゆるく、大きくなっていくので、基本的には髪の長さに合わせてコテの太さを変えるのが推奨されています。

ただし、髪質や仕上げたいヘアスタイルのイメージによっては必ずしも髪の長さに合わせたものを使う必要はありません。

例えばクセがつきやすい柔らかい髪質の人は、細めのコテを使用するとカールがキツくなり過ぎる可能性が。そういった人が自然なカールに仕上げたい場合は、髪が長くなくても32mmなど太めのコテのほうが向いている場合もあります。

ショート〜ボブは19mm〜26mm

先ほどお伝えしたように、必ずしも髪の長さでコテの太さを決める必要はありませんが、一般的にはショートやボブ丈のヘアスタイルの人には【19mm〜26mm】のコテが推奨されています。

毛先のみカールをつけたい場合はもう少し太くても問題ありませんが、しっかり巻きたいときは太いコテでは長さが足りない可能性があるようです。

ミディアム〜ロングは32mm〜38mm

ミディアム〜ロング丈のヘアスタイルの人は【32mm〜38mm】がおすすめされています。

比較的ヘアアレンジの幅が広いミディアム〜ロングさんは、いくつかの太さのコテを所有し、その日の気分に合わせて巻きの強さを変えている、という人も多いようです。

コテの太さ以外で選ぶ際に気をつけたい共通事項

パイプ部分の素材

コテの太さは仕上がりに大きく影響するので重要な部分ですが、選ぶときはコテの「素材」にも注目してみましょう。

一般的にパイプ部分に使われている素材は以下の3種類。

・テフロン
・チタン
・セラミック

テフロン

摩擦が少ないのでキューティクルが傷つきにくいのが特徴。しかし耐久性が低く、表面のコーティングが剥がれやすいというデメリットも。

チタン

熱伝導率がよく、髪への負担を抑えながらカールをつけられるのが特徴。耐久性も◎!

セラミック

熱を保つ性質があり、均一なカールをつけるのが得意。ただし摩擦力が高いので、トリートメント剤を併用することが推奨されている。

それぞれの特徴を自分の理想と天秤にかけ、自分にとってよりバランスが良いものを選びましょう。

温度や立ち上がりのスピードもチェック

髪の太さや固さ、どの部分の髪を巻くかでも必要温度は変わると言われていますが、一般的には髪にカールをつける場合、180度くらいの温度が必要だと言われているよう。

そのため、最高温度が何度まで上がるのか、温度調整は可能かどうかなどもチェックしてみると良いでしょう。

また、電源を入れてからどれくらいで立ち上がるのかも重要です。時間のない朝のアレンジに使用することが多い場合、立ち上がりに長く時間を要するものは避けたほうが無難でしょう。

どう違う?コテの太さ別で仕上がりを比較

【ショート】26mmのコテを使ったミックス巻き

【ショート】26mmのコテを使ったミックス巻き
26mmのコテを使用したヘアスタイル。細かな束のミックス巻きで、おしゃれな無造作ヘアに!

\How to/

【ショート】26mmのコテを使ったミックス巻き
ハチ上の髪をクリップで分け、ハチ下の髪をコテで外ハネにしていきます。少しずつ毛束を取って、毛先だけ曲線をつけるイメージで巻いていきましょう。

【ショート】26mmのコテを使ったミックス巻き
分けておいたハチ上の髪は、根元を立たせるようにランダム巻きに。コテは縦に使って前方向への巻きと後ろ方向への巻きを交互に合わせていきましょう。

【ショート】26mmのコテを使ったミックス巻き
あとはヘアミルクなどのスタイリング剤をなじませ、形を整えたら完成!

【ボブ】26mmのコテを使ったリバース巻き

【ボブ】26mmのコテを使ったリバース巻き
26mmのコテを使った縦のリバース巻きアレンジ。ゆるいながら束っぽさのある毛流れとプツッとした毛先の組み合わせが、粋な雰囲気を演出!

\How to/

【ボブ】26mmのコテを使ったリバース巻き
26mmのコテでまずは全体の毛先をワンカールの外巻きにします。その後表面の髪の毛束を部分的に取りながら、リバース(後ろ向きの縦カール)巻きにしてほぐしましょう。スタイリング剤をなじませて、表面と前髪の毛束をつまんで整えたら完成です。

【ボブ】26mmはワンカールにも便利

【ボブ】26mmはワンカールにも便利
26mmのコテは、毛先だけを巻くワンカールアレンジにも便利!とくにおかっぱになりやすい切りっぱなしボブさんは、ミックス巻きもワンカールも可能な26mmは重宝するはず。

\How to/

【ボブ】26mmはワンカールにも便利
髪を表面と内側の2段に分けたら、毛先だけを外ハネに巻いていきます。毛束を挟んだら時間をおかず、スッと通すだけでOK!程よくクセづけるイメージで行って。

【ミディアム】32mmのコテを使った外ハネワンカール

【ミディアム】32mmのコテを使った外ハネワンカール
32mmのコテで毛先全体をカールした、外ハネミディアム。開放的でカジュアルな雰囲気が素敵!

\How to/

【ミディアム】32mmのコテを使った外ハネワンカール
まずは毛先全体を32mmのコテで外ハネにワンカールしていきます。その後、表面の髪だけ内巻きにワンカールを施し、最後はカールをほぐしながらオイルを塗布して整えましょう。

【ミディアム】32mmのコテを使ったミックス巻き

Aラインシルエットのふわっとミックス巻き。頑張りすぎない感じが今っぽくてナチュラル。

【ミディアム】32mmのコテを使ったミックス巻き
\How to/

まずは髪全体を上下に分け、32mmのコテで下の部分を外ハネにしていきます。そのまま上の部分はミックス巻きに。最後はソフトなトリートメントワックスを、毛先から軽く揉み込むように塗布しましょう。

【ロング】36mmのコテを使ったランダム巻き

【ロング】36mmのコテを使ったランダム巻き
こなれた毛流れは36mmの太めのコテがおすすめ!アレンジ前のベース巻きとしても大活躍!

\How to/

【ロング】36mmのコテを使ったランダム巻き
まずは毛先全体をワンカールの外巻きにしていきます。時間はあまりおかずに、ゆっくり引き抜くのがポイントです。

【ロング】36mmのコテを使ったランダム巻き
表面の髪はミックス巻きにしていきます。毛束に対してコテを縦に挟んで巻くのがコツ。まず顔まわりはリバース巻きに、その後ろはフォワード巻きに、これを繰り返していきましょう。毛先まで巻き込まないようにします。

【ロング】36mmのコテを使ったランダム巻き
トップの毛束は、毛先を逃して毛束の中間〜根元付近を後ろ向きに巻きます。ここは少し時間を置き、クセ付けてからほぐすのがおすすめです。これによりトップや後頭部がふんわりと。巻き終わったらカールを崩しながらヘアバームをなじませて完成です。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事