災害、停電、不正使用…。もしものときの「キャッシュレス安心対策」【キャッシュレス払いなにがいい?】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く女の質問箱

2019.10.12

知っておきたい!災害、停電、不正使用時のための「キャッシュレス安心対策」【キャッシュレス払いなにがいい?】

セブンペイの不正利用のニュースを見て、「Pay払い、ちょっと怖い」と思った人も多いのでは。また、予期せぬ災害や停電でスマホが使えないこともリスクとして考えておきたい。すぐにできる防衛策は?

Text:
南 ゆかり(フリーエディター)
Tags:

ニュースをチェックして自己防衛も欠かさずに!

いざというときの予備カードとキャッシュ

「キャッシュレスに不安のある人、充電や停電のことを考えて別の手段をもっておきたいという人。Pay払いや電子マネーと別にもうひとつ、リアルな手段をもっておくといいでしょう。<Kyash(キャッシュ)><LINR Pay>は店頭でクレジットカードと同様に使えるリアルなカードが作れます。銀行口座やすでに持っているクレジットカードからチャージして使うので、プリペイドカードのようなもの。私も使ってますが、審査もなく発行もスピーディでした」(ITジャーナリスト・高橋暁子さん)

いつあるかわからない災害や停電のことを考えると、複数の支払い手段はもっておいたほうが、よさそうです。

「さらに、いつもはキャッシュレス派の人でも、いざというとき用に少額でも現金を持っておくのがいいでしょう」(高橋さん)。かつてはカードが「いざという時」のためのものでしたが、今は現金が「いざというとき」用。その額は人それぞれでしょうが、私の場合は、なんとなく「1万円札と千円札それぞれ1枚ずつ、100円玉2枚」という感じです。

100円玉2枚にはわけがあって、最近いちばん困ったのが、猛暑の中で水を買おうとしたときで、自動販売機は現金(それも小銭)しか使えないところが案外多かったのでした。そんなときに、とりあえずなんとかなる金額。それから、持ち歩き用の充電器は、どんなときも欠かせません。

悪用されたかな? と気づいたら

「セブンペイが悪用されたニュースで、Payサービスは怖いと思った方も多いでしょう。あれは、高額の支出が利用履歴にあったために気づいたわけで、このようにすべてタイムリーに履歴が見られるし残るからこそ、Payサービスでは不正に気づきやすく、そして保障もされやすいということがいえます」(高橋さん)。

ということは、何よりもまず利用履歴をしっかり確認し、心あたりのないものがそこに見つかったら、すぐにサービス会社に連絡すること。あとは、ムダ使い派の回でもご紹介したように、オートチャージではなく、都度チャージするプリペイド式にしておくこと。これで、万が一不正利用されても、チャージされた額を上回って買い物されることはないし、チャージ額がなくなればいち早く不正に気づくこともできそうです。

オートチャージにしているなら、クレジットカード会社に連絡してすぐに利用を止める。さらにPayサービスの会社にも連絡をする。このふたつが必要です。

また、悪用でなくとも、子どもがスマホを触っているうちに、高額の決済をしてしまった、というケースもあります。盗難などではなく管理の悪さから発生したこうしたケースでは、会社によって保障されるかどうかは対応が変わるので、注意が必要です。そして、国内外でも不正利用に関するニュースはチェックしておいて、どんなリスクがあるのかを知っておくといいでしょう」(高橋さん)

キャッシュレス利用の注意まとめ
・スマホが使えないときの予備カードは用意しておく
・災害時などに備えて、現金も手元に置いておく
・悪用の被害防止には、オートチャージ機能は使わない(必要額を都度チャージ)

南 ゆかり

フリーエディター・ライター。半年にわたって取材・執筆した書籍『真夏も雪の日もかき氷おかわり!』発売中! ほかに書籍『今の私は』(後藤真希・著)、Oggi誌面インタビュー連載「この人に今、これが聞きたい!」「お金に困らない女になる!」などなど。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事