子育て奮闘期からの卒業!新しい自分を探すセカンドライフ【モデル中林美和の"卒ママ"への道】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN美しい女性には美しい物語がある。

2019.11.11

子育て奮闘期からの卒業!新しい自分を探すセカンドライフ【モデル中林美和の”卒ママ”への道】

17歳でモデルデビュー、結婚、出産を経て、ママモデルの先駆者としても活躍してきた中林美和さん。気がつけば長男、次男は完全に独立。長女と次女は16歳と15歳になり、子育てにも一区切りがつきました。そんな今だからこそ語れる、子育てライフをより愛おしく感じるエピソードや、「親ばなれ」後の「セカンドシーズン」を、奮闘しつつも謳歌する美和さんの、いくつになっても輝く自分でいるためのヒントが詰まったエッセイです。

Tags:

連載をスタートします!

こんにちは中林美和です。

17歳で『CanCam』モデルとしてデビューしてから20年とちょっと。その間に結婚と出産を経験し、4人の子育てをしながらどうにかここまでやってきました。

気がつけば長男、次男は完全に独立をし、長女と次女は16歳と15歳。それぞれが自分で見つけた夢に向かって歩き始めた今日このごろ。

私にも新しい目標が見つかり、新しいシーズンが始まりました。


しかし、私が新しいシーズンに突入するまでには、思ってもみなかったアイデンティの崩壊に直面し、再起不能ではないか?というぐらいのひどい落ち込みも経験しました。

永遠に続くかのごとく思っていた嵐のような子育てライフは、ある日突然カウントダウンを刻み、あれだけ欲しかった「自分だけの時間」は、空っぽになった自分と冷静に向き合う、まるで修行のような時間に……(笑)。夢にまで見た新しい生活は、いくつもの眠れない夜の始まりとなったのです。

こんなはずじゃなかった! そう思いながらも40歳を手前に、藁をもすがる思いで始めた自分探し。母親としての自分ではない、新しい自分探し。

今もその新しい自分探しの途中ではありますが、私が経験した「親離れクライシス」をどう乗り切り、今はどんな生活を送っているのか。そして、そんな過程で感じたこと、経験したこと、身についた知識などをみなさんにお伝えできたらなと思っています。

母親ならいつかは経験する「親ばなれ・子離れ」の時––––。

新しいシーズンの準備はできていますか?

ひとりでも多くのママが、自分らしくイキイキと輝く「セカンドシーズン」を迎えられますように!

画像ALT

モデル

中林美和

1979年生まれ。16歳で小学館『CanCam』の専属モデルに抜擢され、表紙モデルとして活躍。23歳で結婚、出産を経て小学館『SAKURA』のメインモデルとして復帰。ママモデルの先駆的存在となり、9年間表紙モデルを勤める。他、セブン&アイ出版『saita』の表紙モデル、光文社『VERY』、宝島社『&ROSY.』など多数の女性ファッション誌、ビューティー紙のモデルとして活躍する。著者に『中林美和のハートフルデイズ』、初のエッセイ『おんぶにだっこにフライパン!』など5冊を出版している。2017年にアロマテラピーアドバイザーの資格を取得。2018年、代表兼プロデューサーとしてオーガニックブランド「MAROA」を立ち上げる。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事