60秒動画で紹介!子どもとペアで楽しむ〝つな引きエクササイズ〟【鈴木サチの親子ピラティス】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2020.03.31

60秒動画で紹介!子どもとペアで楽しむ〝つな引きエクササイズ〟【鈴木サチの親子ピラティス】

有名ファッション誌でモデルと活躍しながら、現在はピラティスインストラクターとしての活動の幅を広げている鈴木サチさん。「子どもが力を持て余しているのに外へ出かけられない!」なんてときに、ぴったりな親子ピラティスを教えてもらいました。

Tags:

こんにちは、鈴木サチです。雨の日など外に出られない日に、おうちで子どもと楽しめる「親子ピラティス」。今回は親子ふたりが組となって楽しめるエクササイズを紹介します。準備体操をしっかりして、いきなり勢いよく引っ張ったりせず、相手の身体を感じながらリズムよく楽しんでくださいね。

〈今まで紹介した記事はこちら〉
臨時休校で何をする?おうちでピラティス準備運動編【鈴木サチの親子ピラティス】

動画で解説!家でできる〝まねっ子どうぶつ〟ポーズ【鈴木サチの親子ピラティス】

ペアだから楽しめる!〝つな引きエクササイズ〟

ペアだから楽しめる!〝つな引きエクササイズ〟

脚を伸ばして!つな引きポーズ

まずは、向かい合って座り、開脚してふたりの足裏をくっつけます。このとき、できるだけ膝を伸ばすように。手を繋いで交互に引っ張っていきます。どちらかが、いきなり強く引っ張ったりしないよう相手を思いやる気持ちを大切に。

開脚して!つな引きポーズ

「脚を伸ばして!つな引きポーズ」からそのまま開脚をしていきます。足の裏がお互い離れないように注意して。肩を持ちあって交互に引っ張りあいます。肩を持つのがまだ難しいお子さんの場合は、手首を持って引っ張りあってもOK。お互いのリズムを確かめあうためにアイコンタクトをしながらやっていきましょう。

どちらのポーズも未就学児から楽しめるものになっていますが、まだ手を繋いでやるのが難しいお子さんとは無理をせずに、タオルなどを使用してやっても楽しいですよ。会話と同じようにピラティスともコミュニケーションが大事!親子で相手の身体や呼吸を感じながら、柔軟性バランス能力を高めるようにやっていけるといいですね。

動画・写真・文/鈴木サチ 構成/上阪泰幸(Domani編集部)

画像ALT

モデル・ピラティスインストラクター

鈴木サチ

20代で『ViVi』『AneCan』などの人気ファッション誌の専属モデルとして活躍し、2010年に長女を出産。2012年には長男を2019年には次男を出産し、現在、9歳女児・7歳男児・0歳男児のママ。「自分を追い込む運動好き」が高じてはじめたピラティスにはまり、2014年にカナダ発「ストットピラティス」のインストラクターの資格を取得。人気ファッション誌のモデルとして活動するほか、生徒を前にピラティスを教える講師として過ごす日々。予約待ちができるほど大人気のピラティスレッスンのお問い合わせはLINEまで。sachi_pilates:LINE ID  @894ifsdq

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事