今が旬の果物・宮崎名産「日向夏」の魅力と皮のむき方・食べ方 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEグルメ

2020.04.10

今が旬の果物・宮崎名産「日向夏」の魅力と皮のむき方・食べ方

お取り寄せで楽しむ!宮崎のこれからが ”旬”!の美味しい「日向夏」をご紹介します。

Tags:

すがすがしい、さわやかな甘さが魅力!日向夏のおいしい季節がやってきた!

とてもみずみずしく、甘く、ほのかな酸っぱさの残る、そんな日向夏は、この時期食べたくなる果物のひとつ。実家の宮崎では、この時期からスーパーや道の駅、無人販売店、ファーマーズマーケットなど、色んなところで目にする日向夏。食べる機会もたくさん。実家から美味しい日向夏が送らてきたり、お取り寄せしたり、この時期を楽しむ我が家の大好きな「日向夏」、みなさんも食べたことがおありだと思います。我が家ではよく種なしを食べます。種ありは味が濃くて美味しいので個人的には好きなのですが、子供がよく食べる今は、あえて種なし。(種なしももちろん美味しいのでご安心を。笑!)

さて、この日向夏。皮のむき方、食べ方は意外と知られていないことも。今回は、この日向夏の食べ方を少しご紹介したいと思います!

日向夏の皮のむき方

果物ナイフで、くるくるリンゴをむくような、そんな感じで黄色の皮をうすくむいていきます。するするいかないときは、ナイフを少し滑らせる形で少しずつ!ここで大切なのは、白い部分(身と皮の間)を厚く残すこと!ここが甘みのポイントです!

日向夏の切り方

切り方その1は、真ん中の芯を中心にそぎ切りしていく感じです。私の母はこの切り方で、私にとってはちょっと上級者的切り方(笑)。私の切り方は、下図参照!

日向夏の食べ方

そのまま食べてももちろん美味しいですが(娘にはそのまま)、私の好きな食べ方は、ほんの少し砂糖&塩をまぶして食べる食べ方です。実家では小さい頃からそのように食べていたので、今も何故かそうして食べてしまいます。私の知る宮崎のおじさまたちは、なんと醤油に少しつけて食べたりも(笑)!驚きですが、焼酎を飲みながら、この食べ方で食べるのが美味しいのだとか。

皮をむくときの香気のすがすがしさも、これまた楽しみのひとつ。皮は洗って千切りにしてそばに入れたり、微塵切りにしてサラダのドレッシングのアクセントにしたりと、楽しみ方も広がります。

みなさんもこれからが旬な「日向夏」、お取り寄せのひとつに加えて楽しんでみてはいかがですか。 

Domanist

サカモト真代さん

1児(女児)の母。観光業。上海とシンガポールで10年間海外生活を経験し、現地では旅行会社に勤務。現在は日本在中ながらも、海外に行く機会が多く、子連れ旅やトレンド情報など、海外ネタが得意分野。Instagram:https://www.instagram.com/mayo_smooth_journey/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事