女運悪いイケメンが再婚後、今度は妻の連れ子が不登校。ステップファミリーの現実〜寿明さんの場合vol.4【バツイチわらしべ長者】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

WOMENバツイチわらしべ長者

2020.04.12

女運悪いイケメンが再婚後、今度は妻の連れ子が不登校。ステップファミリーの現実〜寿明さんの場合vol.4【バツイチわらしべ長者】

「バツイチ」という離婚経験者たちは、ある意味、喪失を乗り越えてなお強く生きるサバイバー。問題ある女性ばかりを好きになる男性が子連れのバツイチ女性と再婚するまでのお話、第四回。

Tags:

再婚後、上のふたりは不登校に

不倫の末、ふたりの娘をもつ女性と結婚することとなった寿明さん。元々、結婚するつもりで付き合っていたわけではないけれど、彼女の夫が自己破産して離婚したのと、その後、妊娠が発覚したことをきっかに再婚しました。

前回のお話▶︎女運の悪いバツイチのイケメン!娘ふたりの子連れシングルマザーと再婚した理由

現在、連れ子のふたりの娘と実子の息子との5人家族。お話を聞いているとステップファミリーとしてかなり上手くいっているようだったのですが、実は再婚後すぐに上の娘ふたりが不登校になってしまい、ほぼ引きこもり状態だったのだとか。

寿明さん:娘たちの学年が変わる3月末に結婚したんですが、それによって転校しなければならなかったので、そこから登校拒否になってしまったんです。私と含めた親子の仲はいいんですけどねえ。それは本当に申し訳ないことをしたなあ、と。

それでも現在、長女は19歳で次女は15歳、長男は7歳。娘ふたりも元気に学校に通うようになったと言います。寿明さんはA子さんと再婚してから常に、「夫婦ファーストではなく子どもファースト」ということを決めてやってきたと言います。その覚悟がちゃんと子供たちにも伝わっているから、不登校児がふたりも家にいても、暗くならずに仲良くしていられたのかもしれませんね。

寿明さん:長女はアートの才能があるから、将来のことは心配してないんです。それよりも今は、僕の実家が大変なことになっていて、奥さんがノイローゼになっちゃって。

不幸が連鎖する実家の家族

寿明さんは4人兄弟の末っ子なのですが、長男は父親の商売を継いでとんでもない借金を作り、自己破産。次男は不動産運用が順調だけど、うつ病。母親にDVをしていた長女は買い物依存症で莫大な借金を作った末に自死。母親が亡くなったあとに父親が倒れて寿明さんが介護をしているのですが、介護費用のためには家を売らないと行けない状態になっていて、母親の遺産相続で現在も兄弟間でかなりもめている真っ最中。―と、何だか壮絶な家庭環境で、ちょっと聞いただけでも、奥さんが大変そう。

「正直、子どもたちがいなかったらうちの夫婦はとっくにダメになっていたと思う」と寿明さん。

さかい:寿明さんにとって奥さんってどんな存在なんですか?

寿明さん:結婚はゴールじゃなくて、二人三脚のスタート。彼女がいるからすごく助かってる、かけがえのない存在です。浮気はしたことないし、これからもするつもりはない。そこを裏切ったら終わりだと思うから。

今まで取材も含めて散々浮気する既婚男性ばかり見てきた私は、その言葉に妙に感動してしまいました。「浮気しないイケメン夫って、本当にいるんだ」、と。

それでも夫婦円満の秘訣は?

男好きで浮気症の元妻にDV彼女と、今まで女運が悪かった寿明さんですが、再婚相手のA子さんとは、結婚後7年経ってもいい関係を築けています。

さかい:夫婦円満の秘訣って何ですか?

寿明さん:奥さんが言うことは、何でも黙って「ハイハイ」聞いておく(笑)。何か問題が起きたときに一個解決しても、それでOKとはならなくて、結婚生活って日々の積み重ね。だから上手く行っているように見えても調子に乗らないように、常に反省してます。

どうやらどこまでも女性の尻に敷かれるタイプの寿明さんだけど、連れ子の娘たちのことも愛してくれていいパパで、奥さんには下手に出る。夫としてはすごく理想的ではないですか(家庭環境はアレだけど…)。シングルマザーの方にとっては、上手く行っているステップファミリーとして希望が持てるのではないでしょうか。

私は13年間結婚していたのですが、その間(かん)、「どうやったら結婚生活が上手く行くか」なんて一度も考えたことがなかったので、やっぱり夫婦って、寿明さんのように「二人三脚」とか、「奥さんのことは黙ってハイハイ聞いておく」とか、ある程度戦略のような、軸のようなものがあった方が上手くいくのかもしれないな〜、などと思ったのでした。

インタビュー・文

さかい もゆる

出版社勤務を経て独立。と思った矢先、離婚してアラフォーでバツイチに。女性誌を中心に、海外セレブ情報からファッションまで幅広いジャンルを手掛けるフリーランスエディター。Web Domaniで離婚予備軍の法律相談に答える「教えて! 離婚駆け込み寺」連載も担当。著書に「やせたければお尻を鍛えなさい」(講談社刊)。講談社mi-mollet「セレブ胸キュン通信」で連載中。withオンラインの恋愛コラム「教えて!バツイチ先生」ではアラサーの婚活女子たちからの共感を得ている。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事